このページの本文へ移動

飼料等の適正製造規範(GMP)研修会受講手続

  「飼料等の適正製造規範(GMP)ガイドラインの制定について」(平成27年6月17日付け27消安第1853号、農林水産省消費・安全局長通知)別紙1の第3の1の(2)の規定に基づき、平成28年度飼料等の適正製造規範(GMP)研修会を下記のとおり実施します。
 今年度は、昨年までの有害物質混入防止研修会に該当する研修を「一部(GMPガイドライン基礎講習)」とし、抗菌剤GMP研修会に該当する研修を「二部(抗菌剤講習)」として開催します。受講は一部のみ、または一部と二部の両方のどちらかを選択でき、二部のみの受講はできませんので、ご注意ください。

 申請書の様式はこちら(一太郎 WORD

 定員に達した場合、申し込み期間であっても受付を閉め切ることがありますので、あらかじめご了承願います。
 ※1 下記の要領により受講申込をされていない方は、本研修会の受講は出来ません。
 ※2 受講申込は、受講申込期間に行って下さい。期間外の受講申込は受け付けません。

1 飼料等の適正製造規範(GMP)ガイドライン

 近年、食品の安全確保に関しては、従来の最終製品の検査を中心とする考え方から、HACCP等の工程管理に重点を置いた考え方に変化しており、フードチェーンの一端を担う飼料についても、事業者自らが、原料段階から最終製品までの全段階においてこのような手法を導入し、飼料の安全をより効果的かつ効率的に確保していくことが重要です。
  このため、飼料の適正製造に係る現行のガイドラインを統合するとともに、安全な飼料を供給するために実施する基本的な安全管理(GMP)を事業者自らが導入するための指針として、「飼料等の適正製造規範(GMP)ガイドライン」(平成27年6月17日付け27消安第1853号)が発出されました。

2 飼料等の適正製造規範(GMP)研修会

(1)本研修会は、
・ 飼料等の輸入業務に従事する者
・ 飼料等の製造・品質管理業務に従事する者   を対象としております。

(2)研修内容

 ①一部(GMPガイドライン基礎講習)

講習等の内容 場 所 時 間
輸入業者における飼料等の適正製造規範(GMP)ガイドラインへの取り組み 札幌会場
本部会場
神戸会場
 60分
配合飼料工場における飼料等の適正製造規範(GMP)ガイドラインへの取り組み 仙台会場
名古屋会場
福岡会場
新たに設定された基準・規格について及び有害物質のモニタリング結果について 全会場  60分

 ②二部(抗菌剤講習)

講習等の内容 場 所 時 間
ISO22000認証取得への取り組み 札幌会場
本部会場
神戸会場
 60分
配合飼料における抗菌剤GMP 仙台会場
名古屋会場
福岡会場
適合確認指摘事項例及び管理実態について 全会場  40分

(3)開催日及び開催場所

担当センター 開催場所 開催日時 定 員
札 幌 北海道札幌市中央区北4条西7丁目1-4
北農健保会館 2階 エルム
平成29年1月27日(金)
 13:00~17:30
 80名
仙 台 宮城県仙台市宮城野区五輪一丁目3-15
仙台第3合同庁舎 別棟2階 大会議室
平成29年1月24日(火)
 13:00~17:30
 70名
本 部 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1
さいたま新都心合同庁舎 2号館 5階 大研修室5A
平成28年12月20日(火)
 13:00~17:30
200名
名古屋 愛知県名古屋市中村区名駅四丁目4-38
愛知県産業労働センター(ウインクあいち) 大会議室1001
平成28年12月15日(木)
 13:00~17:30
100名
神 戸 兵庫県神戸市中央区御幸通八丁目1-6
神戸国際会館セミナーハウス 9階 大会場
平成28年11月29日(火)
 13:00~17:30
150名
福 岡 福岡県福岡市中央区天神一丁目16-1
西鉄イン福岡 2階 大ホール
平成28年11月25日(金)
  10:00~15:30
150名

(4)受講料
  ①一部(GMPガイドライン基礎講習)のみ 4,500円(消費税込み)
  ②一部+二部(抗菌剤講習)        6,500円(消費税込み)

 受講料の支払い方法については、受講申込の締切日後に、受講者に送付する「受講許可通知書」と一緒にお知らせいたします。
 なお、受講許可通知書等が受講申込締切後、概ね2週間を経過しても届かない場合には、申込先の担当センターに御連絡下さい。

(5)受講手続き

 ① 受講の申請
 受講申請者は、「受講申請書」を受講希望会場の担当センターに提出(来所、郵送、電子メール又はFAX)して下さい。

 受講申込期間は、平成28年8月22日(月)から9月23日(金)ですが、定員を超えた場合及び受講申込期間を過ぎた場合には、受講をお断りいたしますので、ご注意下さい。

    提出先

担当
センター
提出先 電話番号
FAX
メールアドレス
札 幌 北海道札幌市中央区大通西十丁目4-1 札幌第2合同庁舎
(独)農林水産消費安全技術センター 札幌センター 肥飼料検査課
050-3797-2716
011-261-6737
kensyukai_sa@nm.famic.go.jp
仙 台 宮城県仙台市宮城野区五輪一丁目3-15 仙台第3合同庁舎
(独)農林水産消費安全技術センター 仙台センター 肥飼料検査課
050-3797-1893
022-295-0446
kensyukai_se@nm.famic.go.jp
本 部 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎検査棟
(独)農林水産消費安全技術センター 肥飼料安全検査部 飼料管理課
050-3797-1857
048-601-1179
kensyukai_ho@nm.famic.go.jp
名古屋 愛知県名古屋市中区三の丸一丁目2-2 名古屋農林総合庁舎第2号館
(独)農林水産消費安全技術センター 名古屋センター 飼料検査課
050-3797-1902
052-231-8569
kensyukai_na@nm.famic.go.jp
神 戸 兵庫県神戸市中央区港島南町一丁目3-7
独立行政法人農林水産消費安全技術センター 神戸センター 飼料検査課
050-3797-1915
078-304-7426
kensyukai_ko@nm.famic.go.jp
福 岡 福岡県福岡市東区千早三丁目11-15
(独)農林水産消費安全技術センター 福岡センター 飼料検査課
050-3797-1921
092-682-2943
kensyukai_fu@nm.famic.go.jp


 ② 受講申請書の様式
 様式はこちら(一太郎 WORD)です。

3 問合せ先

 研修会全般に関するお問い合わせにつきましては下記まで、研修会場等に関するお問い合わせにつきましては担当センターの提出先までお問い合わせ下さい。

 〒330-9731
  埼玉県さいたま市中央区新都心2-1
    さいたま新都心合同庁舎検査棟

   独立行政法人農林水産消費安全技術センター 肥飼料安全検査部
   飼料管理課 鈴木、黒﨑 (kanrisha@nm.famic.go.jp)

   TEL:050-3797-1857  FAX:048-601-1179

▲このページのTOPに戻る