このページの本文へ移動

輸入魚粉に関する農林水産大臣の確認手続き

 輸入魚粉に関する農林水産大臣の確認手続きに関するご案内です。

 飼料の安全性の確保及び品質の改善に関する法律の規定に基づき、魚粉については、農林水産大臣の確認を受けた製造工程で製造されたものでなければ飼料には含まれてはならないこととなっており、輸入品についても「飼料及び飼料添加物の成分規格等に関する省令の規定に基づく動物由来たん白質及び動物性油脂の農林水産大臣の確認手続きについて」(平成17年3月11日付け16消安第9574号農林水産省消費・安全局長通知)に規定されておりますとおり、同様に農林水産大臣の確認を受けることとなっております。
 本邦に輸入される魚粉等につきましては、農林水産大臣の確認を受けた旨を動物検疫所に示してください。
 農林水産大臣の確認申請につきましては、次の書類を提出してください。
  • 確認申請書(申請書の様式はこちら 一太郎 WORD
  • 輸入する魚粉等の製造事業場の一覧表
  • 輸入する魚粉等の製造事業場から提出を受けた図面(魚粉等以外の製造工程と完全に分離されていることが明らかとなるもの)
  • 輸入業者と魚粉等の製造業者との間で、製造基準を遵守して魚粉等を製造する等の旨の契約書の写し
 契約書には、次の事項を含めてください。
  • 魚粉等の製造事業場は、魚介類由来たん白質の製造基準を遵守すること。ただし、この基準のうち、魚粉等の製造事業場と原料収集先との間の契約及び原料供給管理票の要件は必要ありません。
  • 契約内容に変更が生じる場合は、輸入業者に対し、事前に連絡すること。
  • 輸出ロットごとに、魚介類由来たん白質の製造基準に適合することについて製造国の政府機関又はそれと同等の機関の証明書若しくはその写し()を添付すること。
  • 魚粉等の製造事業場は、契約を締結した輸入業者が契約内容の実施状況を確認することを認めること。また、当該実施状況の確認のために製造国の政府機関又はそれと同等の機関が当該輸入業者に同行できることを認めること。
 提出先は、本社の所在地を管轄するセンターです。
事務所名 管轄
札幌センター 北海道
仙台センター 青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
本部 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、長野県、新潟県、静岡県
名古屋センター 富山県、石川県、福井県、岐阜県、愛知県、三重県
神戸センター 滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県
福岡センター 山口県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

▲このページのTOPに戻る