このページの本文へ移動

遺伝子組換え小麦(MON71700及びMON71800)の暫定検査法

28消安第2364号
平成28年8月25日

農林水産省消費・安全局
畜水産安全管理課長

遺伝子組換え小麦(MON71700及びMON71800)の暫定検査法

本年7月、米国ワシントン州の一農家で未承認遺伝子組換え小麦MON71700の自生が確認されたことを受け、国立医薬品食品衛生研究所において当該遺伝子組換え小麦の検査法が検討されていたところです。
今般、MON71700及びMON71800の両系統を検出する検査法の妥当性が確認され、平成28年8月24日付け生食発0824第2号厚生労働省医薬・生活衛生局生活衛生・食品安全部長通知「安全性未審査の組換えDNA技術応用食品の検査方法の一部改正について」において定められたことを受け、当該検査法を飼料に係る暫定検査法として定めますので御了知願います。


※平成28年8月24日付け生食発0824第2号厚生労働省医薬・生活衛生局生活衛生・食品安全部長通知「安全性未審査の組換えDNA技術応用食品の検査方法の一部改正について」は、こちらをご覧下さい。(厚生労働省のホームページにリンク)
 また、検査法の詳細については、こちらをご覧下さい。(厚生労働省のホームページにリンク)

▲このページの先頭に戻る