このページの本文へ移動

肥料取締法に基づき普通肥料の公定規格を定める等の件

   昭和61年 2月22日 農林水産省告示第 284号 施行 昭和61年 3月25日
          この間25回改正
改正 平成18年 3月 1日 農林水産省告示第 218号 施行 平成18年 4月 1日
   平成19年 4月10日 農林水産省告示第 486号 施行 平成19年 5月10日
   平成20年 2月29日 農林水産省告示第 320号 施行 平成20年 4月 1日
   平成22年 4月 9日 農林水産省告示第 320号 施行 平成22年 5月10日
   平成24年 8月 8日 農林水産省告示第1985号 施行 平成24年 9月 7日
   平成25年12月 5日 農林水産省告示第2939号 施行 平成26年 1月 4日
   平成26年 9月 1日 農林水産省告示第1146号 施行 平成26年10月 1日
   平成27年 1月 9日 農林水産省告示第 52号 施行 平成27年 2月 8日
   平成28年 1月 8日 農林水産省告示第 41号 施行 平成28年 2月 8日
   平成28年 3月30日 農林水産省告示第 884号 施行 平成28年 4月 1日

一 窒素質肥料(有機質肥料(動植物質のものに限る。)を除く。)
(1)登録の有効期間が6年であるもの
肥料の種類 含有すべき主成分の最小量(%) 含有を許される有害成分の最大量(%) その他の制限事項
硫酸アンモニア アンモニア性窒素 20.5 アンモニア性窒素の含有率1.0%につき
硫青酸化物 0.01
ひ素 0.004
スルファミン酸 0.01
塩化アンモニア アンモニア性窒素 25.0
硝酸アンモニア アンモニア性窒素 16.0
硝酸性窒素 16.0
硝酸アンモニアソーダ肥料 一 アンモニア性窒素 9.0
硝酸性窒素 9.0
二 アンモニア性窒素及び硝酸性窒素のほかく溶性ほう素又は水溶性ほう素を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
く溶性ほう素については 0.05
水溶性ほう素については 0.05
アンモニア性窒素及び硝酸性窒素の合計量の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
亜硝酸 0.04
硝酸アンモニア石灰肥料 一 アンモニア性窒素 10.0
硝酸性窒素 10.0
二 アンモニア性窒素及び硝酸性窒素のほかアルカリ分又はく溶性苦土を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
アルカリ分については 10.0
く溶性苦土については 1.0
硝酸ソーダ 硝酸性窒素 15.5
硝酸石灰 硝酸性窒素 10.0 硝酸性窒素の含有率1.0%につき
亜硝酸 0.04
硝酸苦土肥料 硝酸性窒素 10.0
水溶性苦土 15.0
硝酸性窒素の含有率1.0%につき
亜硝酸 0.04
腐植酸アンモニア肥料
(石炭又は亜炭を硝酸又は硫酸で分解し、アンモニアを加えたものをいう。)
アンモニア性窒素 4.0 アンモニア性窒素の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
亜硝酸 0.04
一 3.5%の塩酸に溶けないもののうち、1%の水酸化ナトリウム液に溶けるものが当該肥料に50%以上含有されること。
二 硫酸塩は、10%以下であること。
尿素 窒素全量 43.0 窒素全量の含有率1.0%につき
ビウレット性窒素 0.02
アセトアルデヒド縮合尿素
(2-オキソ-4-メチル-6-ウレイドヘキサヒドロピリミジンをいう。)
窒素全量 28.0 窒素全量の含有率1.0%につき
ビウレット性窒素 0.02
尿素性窒素は、3.0%以下であること。
イソブチルアルデヒド縮合尿素
(イソブチリデンジウレアをいう。)
窒素全量 28.0 窒素全量の含有率1.0%につき
ビウレット性窒素 0.02
尿素性窒素は、3.0%以下であること。
硫酸グアニル尿素 窒素全量 32.0 窒素全量の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
一 ジシアンジアミド性窒素は、窒素全量の10.0%以下であること。
二 グアニジン性窒素は、窒素全量の5.0%以下であること。
オキサミド 窒素全量 30.0
石灰窒素 窒素全量 19.0
アルカリ分 50.0
ジシアンジアミド性窒素は、窒素全量の20.0%以下であること。
グリオキサール縮合尿素
(テトラヒドロイミダゾ-(4,5-d)イミダゾール-2,5(1H,3H)-ジオンをいう。)
窒素全量 38.0 窒素全量の含有率1.0%につき
ビウレット性窒素 0.02
尿素性窒素は、3.0%以下であること。
ホルムアルデヒド加工尿素肥料
(尿素にホルムアルデヒドを加えたものをいう。)
一 窒素全量 35.0
二 窒素全量のほか水溶性ほう素を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
  水溶性ほう素 0.05
窒素全量の含有率1.0%につき
ビウレット性窒素 0.02
一 水に溶ける窒素が窒素全量の50%以上のものにあつては、尿素性窒素は20%以下であること。
二 一以外のものにあつては、窒素の活性係数が40%以上であること。
メチロール尿素重合肥料
(尿素にホルムアルデヒドを加えて生成したメチロール尿素縮合物を重合したものをいう。)
窒素全量 25.0 窒素全量の含有率1.0%につき
ビウレット性窒素 0.02
一 500マイクロメートルの網ふるいを全通すること。
二 熱水で溶出する窒素の量は窒素全量の4%以上16%以下であること。
(2)登録の有効期間が3年であるもの
肥料の種類 含有すべき主成分の最小量(%) 含有を許される有害成分の最大量(%) その他の制限事項
被覆窒素肥料
(窒素質肥料を硫黄その他の被覆原料で被覆したものをいう。)
一 窒素全量、アンモニア性窒素、硝酸性窒素又はアンモニア性窒素及び硝酸性窒素の合計量のいずれか一について 10.0
二1 アンモニア性窒素を保証するものにあつては
アンモニア性窒素 1.0
2 硝酸性窒素を保証するものにあつては
硝酸性窒素 1.0
三 水溶性苦土を保証するものにあつては
水溶性苦土 1.0
四 水溶性マンガンを保証するものにあつては
水溶性マンガン 0.10
五 水溶性ほう素を保証するものにあつては
水溶性ほう素 0.05
窒素全量、アンモニア性窒素、硝酸性窒素又はアンモニア性窒素及び硝酸性窒素の合計量の含有率1.0%につき
硫青酸化物 0.01
ひ素 0.004
亜硝酸 0.04
ビウレット性窒素 0.02
スルファミン酸 0.01
一 窒素は、水溶性であること。
二 窒素の初期溶出率は50%以下であること。
三 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、肥料取締法施行規則(昭和二十五年農林省令第六十四号。以下「規則」という。)第一条第一号ホに規定するところにより牛、めん羊、山羊及び鹿による牛由来の原料を原料として生産された肥料の摂取に起因して生ずるこれらの家畜の伝達性海綿状脳症の発生を予防するための措置(以下「管理措置」という。)が行われたものであること。
副産窒素肥料
(次に掲げる肥料をいう。
一 食品工業又は化学工業において副産されたもの
二 石炭、石油その他の燃料の燃焼ガスの脱硫処理又は脱硝処理に伴い副産されたもの)
一 窒素全量、アンモニア性窒素、硝酸性窒素又はアンモニア性窒素及び硝酸性窒素の合計量のいずれか一について 7.0
二1 アンモニア性窒素を保証するものにあつては
アンモニア性窒素 1.0
2 硝酸性窒素を保証するものにあつては
硝酸性窒素 1.0
三 水溶性苦土を保証するものにあつては
水溶性苦土 5.0
四 水溶性マンガンを保証するものにあつては
水溶性マンガン 1.0
窒素全量、アンモニア性窒素、硝酸性窒素又はアンモニア性窒素及び硝酸性窒素の合計量の含有率1.0%につき
硫青酸化物 0.01
ひ素 0.004
亜硝酸 0.04
ビウレット性窒素 0.02
スルファミン酸 0.01
一 植害試験の調査を受け害が認められないものであること。
二 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
三 牛の部位(牛由来の原料のうち、肉(食用に供された後に、又は食用に供されずに肥料の原料として使用される食品である肉に限る。)、骨(食用に供された後に、又は食用に供されずに肥料の原料として使用される食品である骨に限る。)、皮、毛、角、蹄(てい)及び臓器(食用に供された後に、又は食用に供されずに肥料の原料として使用される食品である臓器に限る。)以外のものをいう。以下同じ。)を原料とする場合にあつては、牛(月齢が三十月以下の牛(出生の年月日から起算して三十月を経過した日までのものをいう。)を除く。)の脊柱(背根神経節を含み、頸(けい)椎横突起、胸椎横突起、腰椎横突起、頸(けい)椎棘(きよく)突起、胸椎棘(きよく)突起、腰椎棘(きよく)突起、仙骨翼、正中仙骨稜(りよう)及び尾椎を除く。)及びと畜場法(昭和二十八年法律第百十四号)第十四条の検査を経ていない牛の部位(以下「脊柱等」という。)が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
液体副産窒素肥料
(非鉄金属製造業又は化学工業において副産されたものをいう。)
一 窒素全量、アンモニア性窒素、硝酸性窒素又はアンモニア性窒素及び硝酸性窒素の合計量のいずれか一について 5.0
二1 アンモニア性窒素を保証するものにあつては
アンモニア性窒素 1.0
2 硝酸性窒素を保証するものにあつては
硝酸性窒素 1.0
窒素全量、アンモニア性窒素、硝酸性窒素又はアンモニア性窒素及び硝酸性窒素の合計量の含有率1.0%につき
硫青酸化物 0.01
ひ素 0.004
亜硝酸 0.04
ビウレット性窒素 0.02
スルファミン酸 0.01
植害試験の調査を受け害が認められないものであること。
液状窒素肥料 一 窒素全量、アンモニア性窒素、硝酸性窒素又はアンモニア性窒素及び硝酸性窒素の合計量のいずれか一について 5.0
二1 アンモニア性窒素を保証するものにあつては
アンモニア性窒素 1.0
2 硝酸性窒素を保証するものにあつては
硝酸性窒素 1.0
三 水溶性苦土を保証するものにあつては
水溶性苦土 1.0
四 水溶性マンガンを保証するものにあつては
水溶性マンガン 0.10
五 水溶性ほう素を保証するものにあつては
水溶性ほう素 0.05
窒素全量、アンモニア性窒素、硝酸性窒素又はアンモニア性窒素及び硝酸性窒素の合計量の含有率1.0%につき
硫青酸化物 0.01
ひ素 0.004
亜硝酸 0.04
ビウレット性窒素 0.02
スルファミン酸 0.01
一 窒素は、窒素質肥料、チオ硫酸アンモニウム、トリアゾン又はシアナミドに由来するものであること。
二 チオ硫酸アンモニウムに由来する窒素を含有するものにあつては、pHが6.0以上のものであること。
三 シアナミドに由来する窒素を含有するものにあつては、その他の原料に由来する窒素を含有しないこと。
四 シアナミドに由来する窒素を含有するものにあつては、ジシアンジアミド性窒素は窒素全量の20.0%以下であること。
五 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
混合窒素肥料
(窒素質肥料に、窒素質肥料、苦土肥料、マンガン質肥料、ほう素質肥料又は微量要素複合肥料を混合したものをいう。)
一 窒素全量、アンモニア性窒素、硝酸性窒素又はアンモニア性窒素及び硝酸性窒素の合計量のいずれか一について 15.0
二1 アンモニア性窒素を保証するものにあつては
アンモニア性窒素 1.0
2 硝酸性窒素を保証するものにあつては
硝酸性窒素 1.0
三 水溶性苦土を保証するものにあつては
水溶性苦土 1.0
四 水溶性マンガンを保証するものにあつては
水溶性マンガン 0.10
五 水溶性ほう素を保証するものにあつては
水溶性ほう素 0.05
窒素全量、アンモニア性窒素、硝酸性窒素又はアンモニア性窒素及び硝酸性窒素の合計量の含有率1.0%につき
硫青酸化物 0.01
ひ素 0.004
亜硝酸 0.04
ビウレット性窒素 0.02
スルファミン酸 0.01
牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
二 りん酸質肥料(有機質肥料(動植物質のものに限る。)を除く。)
(1)登録の有効期間が6年であるもの
肥料の種類 含有すべき主成分の最小量(%) 含有すべき主成分の最大量(%) 含有を許される有害成分の最大量(%) その他の制限事項
過りん酸石灰 可溶性りん酸 15.0
水溶性りん酸 13.0
可溶性りん酸の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
カドミウム 0.00015
重過りん酸石灰 可溶性りん酸 30.0
水溶性りん酸 28.0
可溶性りん酸の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
カドミウム 0.00015
りん酸苦土肥料 水溶性りん酸 45.0
水溶性苦土 13.0
水溶性りん酸の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
カドミウム 0.00015
熔成りん肥 一 く溶性りん酸 17.0
アルカリ分 40.0
く溶性苦土 12.0
二 く溶性りん酸、アルカリ分及びく溶性苦土のほか可溶性けい酸、く溶性マンガン又はく溶性ほう素を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
可溶性けい酸については 20.0
く溶性マンガンについては 1.0
く溶性ほう素については 0.05
く溶性りん酸の含有率1.0%につき
カドミウム 0.00015
2ミリメートルの網ふるいを全通すること。
焼成りん肥 く溶性りん酸 34.0
アルカリ分  40.0
く溶性りん酸の含有率1.0%につき
カドミウム 0.00015
212マイクロメートルの網ふるいを90%以上通過すること。
腐植酸りん肥
(石炭又は亜炭を硝酸で分解し、熔成りん肥、焼成りん肥、りん鉱石、塩基性のマグネシウム若しくはマンガン含有物又はほう酸塩及び硫酸又はりん酸を加えたものをいう。)
一 く溶性りん酸 15.0
水溶性りん酸 1.0
二 く溶性りん酸及び水溶性りん酸のほか、く溶性苦土、水溶性苦土、く溶性マンガン、水溶性マンガン、く溶性ほう素又は水溶性ほう素を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
く溶性苦土については 3.0
水溶性苦土については 1.0
く溶性マンガンについては 0.10
水溶性マンガンについては 0.10
く溶性ほう素については 0.05
水溶性ほう素については 0.05
く溶性りん酸の含有率1.0%につき
ひ素 0.002
亜硝酸 0.01
カドミウム 0.00015
ニッケル 0.01
クロム  0.1
石炭又は亜炭を硝酸で分解したもの(3.5%の塩酸に溶けないもののうち、1%の水酸化ナトリウム液に溶けるものを乾物当たり70%以上含有するものに限る。)は、乾物として15%以上30%以下を使用すること。
熔成けい酸りん肥
(次に掲げる肥料をいう。
一 りん鉱石に、けい石、石灰石及び塩基性のマグネシウム含有物を混合し、熔融したもの
二 一に掲げる熔成けい酸りん肥の原料にマンガン含有物又はほう酸塩を混合し、熔融したもの)
一 く溶性りん酸 6.0
アルカリ分 40.0
可溶性けい酸 30.0
く溶性苦土 12.0
二 く溶性りん酸、アルカリ分、可溶性けい酸及びく溶性苦土のほか、く溶性マンガン又はく溶性ほう素を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
く溶性マンガンについては 0.1
く溶性ほう素については 0.05
一 く溶性りん酸の含有率1.0%につき
カドミウム 0.00015
二 最大限度量
ニッケル 0.4
クロム 4.0
一 2ミリメートルの網ふるいを全通すること。
二 く溶性りん酸及び可溶性けい酸の含有量の合計量に対するアルカリ分の含有量の比率が1.0以上であること。
鉱さいりん酸肥料
(製鋼鉱さいをいう。)
一 く溶性りん酸 3.0
アルカリ分 20.0
可溶性けい酸 10.0
二 く溶性りん酸、アルカリ分及び可溶性けい酸のほか、く溶性苦土又はく溶性マンガンを保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
く溶性苦土については 1.0
く溶性マンガンについては 1.0
く溶性りん酸の含有率1.0%につき
カドミウム 0.00015
ニッケル 0.01
クロム 0.1
4ミリメートルの網ふるいを全通すること。
加工鉱さいりん酸肥料
(鉱さいけい酸質肥料にりん酸を加えたものをいう。)
一 く溶性りん酸 3.0
  アルカリ分  20.0
  可溶性けい酸10.0
二 く溶性りん酸、アルカリ分及び可溶性けい酸のほかく溶性苦土、く溶性マンガン、又はく溶性ほう素を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
く溶性苦土については 1.0
く溶性マンガンについては 1.0
く溶性ほう素については 0.05
水溶性りん酸 1.0未満 く溶性りん酸の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
カドミウム 0.00015
ニッケル 0.01
クロム 0.1
(2)登録の有効期間が3年であるもの
肥料の種類 含有すべき主成分の最小量(%) 含有を許される有害成分の最大量(%) その他の制限事項
被覆りん酸肥料
(りん酸質肥料を硫黄その他の被覆原料で被覆したのをいう。)
一 水溶性りん酸 10.0
二 水溶性りん酸のほか水溶性苦土又は水溶性ほう素を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
水溶性苦土については 1.0
水溶性ほう素については 0.05
水溶性りん酸の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
カドミウム 0.00015
一 りん酸の初期溶出率は50%以下であること。
二 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
液体りん酸肥料 水溶性りん酸 17.0
水溶性苦土 3.0
水溶性りん酸の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
カドミウム 0.00015
一 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
二 牛の部位を原料とする場合にあつては、脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
熔成汚泥灰けい酸りん肥
(下水道の終末処理場から生じる汚泥を焼成したものに肥料又は肥料原料を混合し、熔融したものをいう。)
く溶性りん酸 5.0
アルカリ分 45.0
可溶性けい酸 30.0
く溶性苦土 12.0
く溶性りん酸の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
カドミウム 0.00015
ニッケル 0.01
クロム 0.1
水銀 0.0001
鉛 0.006
一 2ミリメートルの網ふるいを全通すること。
二 植害試験の調査を受け害が認められないものであること。
三 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
四 牛の部位を原料とする場合にあつては、脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
加工りん酸肥料
(りん酸質肥料、熔成微量要素複合肥料、りん酸含有物、塩基性のカルシウム、マグネシウム若しくはマンガン含有物、鉱さい又はほう酸塩に硫酸、りん酸又は塩酸を加えたものをいう。)
一 く溶性りん酸及び水溶性りん酸を保証するものにあつては
く溶性りん酸 15.0
水溶性りん酸 1.0
二 く溶性りん酸及び水溶性りん酸のほかく溶性苦土、水溶性苦土、く溶性マンガン、く溶性ほう素又は水溶性ほう素を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
く溶性苦土については 2.0
水溶性苦土については 1.0
く溶性マンガンについては 1.0
く溶性ほう素については 0.05
水溶性ほう素については 0.05
く溶性りん酸の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
カドミウム 0.00015
ニッケル 0.01
クロム 0.1
チタン 0.04
牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
副産りん酸肥料
(次に掲げる肥料をいう
一 食品工業又は化学工業において副産されたもの
二 下水道の終末処理場その他の排水の脱りん処理に伴い副産されたもの)
一 く溶性りん酸を保証するものにあつては
く溶性りん酸 15.0
二 く溶性りん酸のほか水溶性りん酸又はく溶性苦土を保証するものにあつては
く溶性りん酸 15.0
水溶性りん酸については 2.0
く溶性苦土については 3.0
く溶性りん酸の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
カドミウム 0.00015
一 植害試験の調査を受け害が認められないものであること。
二 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
三 牛の部位を原料とする場合にあつては、脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
   
混合りん酸肥料
(りん酸質肥料に、りん酸質肥料、石灰質肥料、けい酸質肥料、苦土肥料、マンガン質肥料、ほう素質肥料又は微量要素複合肥料を混合したものをいう。)
一 く溶性りん酸を保証するものにあつては
く溶性りん酸 16.0
二 く溶性りん酸及びアルカリ分を保証するものにあっては
く溶性りん酸 3.0
アルカリ分 15.0
三 く溶性りん酸又はアルカリ分のほか水溶性りん酸、可溶性けい酸、く溶性苦土、水溶性苦土、可溶性マンガン、く溶性マンガン、水溶性マンガン、く溶性ほう素又は水溶性ほう素を保証するものにあつては、一又は二に掲げるもののほか
水溶性りん酸については 1.0
可溶性けい酸については 10.0
く溶性苦土については 1.0
水溶性苦土については 1.0
可溶性マンガンについては 0.10
く溶性マンガンについては 0.10
水溶性マンガンについては 0.10
く溶性ほう素については 0.05
水溶性ほう素については 0.05
く溶性りん酸及びりん酸以外の保証する主成分のうち最も大きい主成分の量の合計量の含有率1.0%につき
ひ素 0.002
亜硝酸 0.02
カドミウム 0.000075
ニッケル 0.005
クロム 0.05
チタン 0.02
一 可溶性マンガンを保証する肥料は、原料として可溶性マンガンを保証する肥料を使用したものであること。
二 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
   
三 加里質肥料(有機質肥料(動植物質のものに限る。)を除く。)
(1)登録の有効期間が6年であるもの
肥料の種類 含有すべき主成分の最小量(%) 含有を許される有害成分の最大量(%) その他の制限事項
硫酸加里 水溶性加里 45.0 水溶性加里の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
塩素は、5.0%以下であること。
塩化加里 一 水溶性加里 50.0
二 水溶性加里のほか水溶性ほう素を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
水溶性ほう素 0.10
硫酸加里苦土 水溶性加里 16.0
水溶性苦土 8.0
水溶性加里の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
塩素は、5.0%以下であること。
重炭酸加里 水溶性加里 45.0 塩素は、5.0%以下であること。
腐植酸加里肥料
(石炭又は亜炭を硝酸又は硫酸で分解し、塩基性のカリウム又はマグネシウム含有物を加えたものをいう。)
一 水溶性加里を保証するものにあつては
水溶性加里 10.0
二 水溶性加里のほかく溶性苦土及び水溶性苦土を保証するものにあつては
水溶性加里 8.0
く溶性苦土 2.0
水溶性苦土 1.0
水溶性加里の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
亜硝酸 0.04
一 3.5%の塩酸に溶けないもののうち、1%の水酸化ナトリウム液に溶けるものが当該肥料に50%以上含有されること。
二 硫酸塩は、10%以下であること。
三 炭酸塩は、二酸化炭素として2.0%以下であること。
けい酸加里肥料
(塩基性のカリウム、カルシウム、マグネシウム若しくはナトリウム含有物又はほう素質肥料及び微粉炭燃焼灰を混合し、焼成したものをいう。)
一 く溶性加里 10.0
可溶性けい酸 25.0
く溶性苦土 3.0
二 く溶性加里、可溶性けい酸及びく溶性苦土のほか水溶性加里又はく溶性ほう素を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
水溶性加里については 1.0
く溶性ほう素については 0.05
未反応の加里は、3.0%以下であること。
粗製加里塩 一 水溶性加里 30.0
二 水溶性加里のほか水溶性苦土を保証するものにあっては、一に掲げるもののほか
水溶性苦土 5.0
加工苦汁加里肥料
(粗製加里塩に石灰を加えたものをいう。)
水溶性加里 6.0
く溶性苦土 5.0
被覆加里肥料
(加里質肥料を硫黄その他の被覆原料で被覆したものをいう。)
一 水溶性加里 30.0
二 水溶性加里のほか水溶性苦土又は水溶性ほう素を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
水溶性苦土については 1.0
水溶性ほう素については 0.05
水溶性加里の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
一 加里の初期溶出率は50%以下であること。
二 規則第7条の6第3号の農林水産大臣が指定する被覆加里肥料であること。
液体けい酸加里肥料 水溶性加里 6.0
水溶性けい酸 12.0
熔成けい酸加里肥料
(カリウム含有物に製鋼鉱さいを混合し、熔融したものをいう。)
一 く溶性加里 20.0
アルカリ分 15.0
可溶性けい酸 25.0
二 く溶性加里、アルカリ分及び可溶性けい酸のほかく溶性マンガンを保証するものにあっては、一に掲げるもののほか
く溶性マンガン 1.0
く溶性加里の含有率1.0%につき
ニッケル 0.01
クロム 0.1
4ミリメートルの網ふるいを全通すること。
副産加里肥料
(食品工業、繊維工業又は化学工業において副産されたものをいう。)
一 く溶性加里又は水溶性加里を保証するものにあつては
く溶性加里については 25.0
水溶性加里については 9.0
二 く溶性加里又は水溶性加里のほかく溶性苦土を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
く溶性苦土 3.0
加里の最も大きい主成分の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
混合加里肥料
(加里質肥料に、加里質肥料、石灰質肥料、けい酸質肥料、苦土肥料、マンガン質肥料、ほう素質肥料又は微量要素複合肥料を混合したものをいう。)
一 く溶性加里又は水溶性加里を保証するものにあっては
く溶性加里については 10.0
水溶性加里については 6.0
二 く溶性加里又は水溶性加里のほかアルカリ分、可溶性けい酸、く溶性苦土、水溶性苦土、可溶性マンガン、く溶性マンガン、水溶性マンガン、く溶性ほう素又は水溶性ほう素を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
アルカリ分については 20.0
可溶性けい酸については 10.0
く溶性苦土については 1.0
水溶性苦土については 1.0
可溶性マンガンについては 0.10
く溶性マンガンについては 0.10
水溶性マンガンについては 0.10
く溶性ほう素については 0.05
水溶性ほう素については 0.05
加里及び加里以外の保証する主成分のうち最も大きい主成分の量の合計量の含有率1.0%につき
ひ素 0.002
亜硝酸 0.02
カドミウム 0.000075
ニッケル 0.005
クロム 0.05
チタン 0.02
一 可溶性マンガンを保証する肥料は、原料として可溶性マンガンを保証する肥料を使用したものであること。
二 規則第7条の6第3号の農林水産大臣が指定する混合加里肥料であること。
(2)登録の有効期間が3年であるもの
肥料の種類 含有すべき主成分の最小量(%) 含有を許される有害成分の最大量(%) その他の制限事項
被覆加里肥料 一 水溶性加里 30.0
二 水溶性加里のほか水溶性苦土又は水溶性ほう素を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
水溶性苦土については 1.0
水溶性ほう素については 0.05
水溶性加里の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
一 加里の初期溶出率は50%以下であること。
二 規則第7条の6第3号の農林水産大臣が指定する被覆加里肥料以外のものであること。
混合加里肥料 一 く溶性加里又は水溶性加里を保証するものにあっては
く溶性加里については 10.0
水溶性加里については 6.0
二 く溶性加里又は水溶性加里のほかアルカリ分、可溶性けい酸、く溶性苦土、水溶性苦土、可溶性マンガン、く溶性マンガン、水溶性マンガン、く溶性ほう素又は水溶性ほう素を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
アルカリ分については 20.0
可溶性けい酸については 10.0
く溶性苦土については 1.0
水溶性苦土については 1.0
可溶性マンガンについては 0.10
く溶性マンガンについては 0.10
水溶性マンガンについては 0.10
く溶性ほう素については 0.05
水溶性ほう素については 0.05
加里及び加里以外の保証する主成分のうち最も大きい主成分の量の合計量の含有率1.0%につき
ひ素 0.002
亜硝酸 0.02
カドミウム 0.000075
ニッケル 0.005
クロム 0.05
チタン 0.02
一 可溶性マンガンを保証する肥料は、原料として可溶性マンガンを保証する肥料を使用したものであること。
二 規則第7条の6第3号の農林水産大臣が指定する混合加里肥料以外のものであること。
四 有機質肥料(動植物質のものに限る。)
(1)登録の有効期間が6年であるもの
       
肥料の種類 含有すべき主成分の最小量(%) 含有を許される有害成分の最大量(%) その他の制限事項
魚かす粉末 窒素全量及びりん酸全量の合計量 12.0
窒素全量 4.0
りん酸全量 3.0
干魚肥料粉末 窒素全量 6.0
りん酸全量 3.0
魚節煮かす 窒素全量 9.0
甲殻類質肥料粉末 窒素全量 3.0
りん酸全量 1.0
蒸製魚鱗及びその粉末 窒素全量 6.0
りん酸全量 18.0
肉かす粉末 窒素全量 6.0 一 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
二 牛の部位を原料とする場合にあつては、脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
肉骨粉 窒素全量 5.0
りん酸全量 5.0
一 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
二 牛の部位を原料とする場合にあつては、脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
蒸製てい角粉 窒素全量 10.0 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
蒸製てい角骨粉 窒素全量及びりん酸全量の合計量 15.0
窒素全量 6.0
りん酸全量 7.0
一 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
二 牛の部位を原料とする場合にあつては、脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
蒸製毛粉
(羽及び鯨ひげを蒸製したものを含む。)
窒素全量 6.0 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
乾血及びその粉末 窒素全量 10.0 一 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
二 牛の部位を原料とする場合にあつては、脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
生骨粉 窒素全量及びりん酸全量の合計量 20.0
窒素全量 3.0
りん酸全量 16.0
一 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
二 牛の部位を原料とする場合にあつては、脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
蒸製骨粉
(脱こう骨粉を含む。)
一 窒素全量及びりん酸全量を保証するものにあつては
窒素全量及びりん酸全量の合計量 21.0
窒素全量 1.0
りん酸全量 17.0
二 りん酸全量を保証するものにあつては
りん酸全量 25.0
一 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
二 牛の部位を原料とする場合にあつては、脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
蒸製鶏骨粉 窒素全量及びりん酸全量の合計量 17.0
窒素全量 1.0
りん酸全量 13.0
蒸製皮革粉 窒素全量 6.0 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
干蚕蛹粉末 窒素全量 7.0
蚕蛹油かす及びその粉末 一 窒素全量 8.0
二 窒素全量のほかりん酸全量を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
りん酸全量 1.0
絹紡蚕蛹くず 窒素全量 7.0
とうもろこしはい芽及びその粉末 窒素全量 2.0
りん酸全量 2.0
加里全量 1.0
大豆油かす及びその粉末 窒素全量 6.0
りん酸全量 1.0
加里全量 1.0
なたね油かす及びその粉末
(からし油かす及びその粉末を含む。)
窒素全量 4.5
りん酸全量 2.0
加里全量 1.0
わたみ油かす及びその粉末 窒素全量 5.0
りん酸全量 1.0
加里全量 1.0
落花生油かす及びその粉末 窒素全量 5.5
りん酸全量 1.0
加里全量 1.0
あまに油かす及びその粉末 窒素全量 4.5
りん酸全量 1.0
加里全量 1.0
ごま油かす及びその粉末 窒素全量 6.0
りん酸全量 1.0
加里全量 1.0
ひまし油かす及びその粉末 窒素全量 4.0
りん酸全量 1.0
加里全量 1.0
米ぬか油かす及びその粉末 窒素全量 2.0
りん酸全量 4.0
加里全量 1.0
その他の草本性植物油かす及びその粉末
(二以上の草本性植物油かす及びその粉末を混合したものを除く。)
窒素全量 3.0
りん酸全量 1.0
加里全量 1.0
カポック油かす及びその粉末 窒素全量 4.5
りん酸全量 1.0
加里全量 1.0
とうもろこしはい芽油かす及びその粉末 窒素全量 3.0
りん酸全量 1.0
たばこくず肥料粉末 窒素全量 1.0
加里全量 4.0
変性しないものであること。
甘草かす粉末 窒素全量 8.0
豆腐かす乾燥肥料 一 窒素全量 4.0
二 窒素全量のほかりん酸全量又は加里全量を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
りん酸全量については 1.0
加里全量については 1.0
えんじゆかす粉末 窒素全量3.0
りん酸全量 1.0
加里全量 2.0
窒素質グアノ 窒素全量 12.0
アンモニア性窒素 1.0
りん酸全量 8.0
可溶性りん酸 4.0
加里全量 1.0
加工家きんふん肥料
(次に掲げる肥料をいう。
一 家きんのふんに硫酸等を混合して火力乾燥したもの
二 家きんのふんを加圧蒸煮した後乾燥したもの
三 家きんのふんについて熱風乾燥及び粉砕を同時に行つたもの
四 家きんのふんをはつこう乾燥させたもの)
窒素全量 2.5
りん酸全量 2.5
加里全量 1.0
窒素全量の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
水分は20%以下であること。
とうもろこし浸漬液肥料
(コーンスターチを製造する際に副産されるとうもろこしを亜硫酸液で浸漬した液を発酵、濃縮したものをいう。)
窒素全量 3.0
りん酸全量 3.0
加里全量 2.0
水溶性加里 2.0
窒素全量の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
亜硫酸 0.01
副産植物質肥料
(食品工業又は発酵工業において副産されたものであつて、植物質の原料に由来するものをいう。)
一 窒素全量を保証するものにあつては
窒素全量 3.5
二 窒素全量のほかアンモニア性窒素、りん酸全量又は加里全量を保証するものにあつては
窒素全量及びりん酸全量又は加里全量の合計量 5.0
窒素全量 1.0
アンモニア性窒素については 1.0
りん酸全量については 1.0
加里全量については 1.0

(2)登録の有効期間が3年であるもの
   
肥料の種類 含有すべき主成分の最小量(%) 含有を許される有害成分の最大量(%) その他の制限事項
魚廃物加工肥料
(魚荒、いか内臓その他の魚廃物を泥炭その他の動植物に由来する吸着原料に吸着させたものをいう。)
一 窒素全量 4.0
りん酸全量 1.0
二 窒素全量及びりん酸全量のほか加里全量を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
加里全量 1.0
窒素全量の含有率1.0%につき
カドミウム 0.00008
牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
乾燥菌体肥料
(次に掲げる肥料をいう。
一 培養によつて得られる菌体又はこの菌体から脂質若しくは核酸を抽出したかすを乾燥したもの
二 食品工業、パルプ工業、発酵工業又はゼラチン工業(なめし皮革くずを原料として使用しないものに限る。)の廃水を活性スラッジ法により浄化する際に得られる菌体を加熱乾燥したもの)
一 窒素全量を保証するものにあつては
窒素全量 5.5
二 窒素全量のほかりん酸全量又は加里全量を保証するものにあつては
窒素全量 4.0
りん酸全量については 1.0
加里全量については 1.0
窒素全量の含有率1.0%につき
カドミウム 0.00008
一 植害試験の調査を受け害が認められないものであること。
二 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
三 牛の部位を原料とする場合にあつては、脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
副産動物質肥料
(食品工業、繊維工業、ゼラチン工業又はなめしかわ製造業において副産されたものであつて、動物質の原料に由来するものをいう。)
一 窒素全量を保証するものにあつては
窒素全量 6.0
二 窒素全量のほかりん酸全量又は加里全量を保証するものにあつては
窒素全量及びりん酸全量又は加里全量の合計量 10.0
窒素全量 2.0
りん酸全量については 2.0
加里全量については 9.0
窒素全量の含有率1.0%につき
ひ素 0.01
カドミウム 0.00008
一 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
二 牛の部位を原料とする場合にあつては、脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
混合有機質肥料
(次に掲げる肥料をいう。
一 有機質肥料に有機質肥料又は米ぬか、発酵米ぬか、乾燥藻及びその粉末、よもぎかす若しくは動物の排せつ物(鶏ふんの炭化物に限る。)を混合したもの
二 一に掲げる混合有機質肥料の原料となる肥料に血液又は豆腐かすを混合し、乾燥したもの)
窒素全量及びりん酸全量又は加里全量の合計量 6.0
窒素全量 1.0
りん酸全量については 1.0
加里全量については 1.0
窒素全量の含有率1.0%につき
ひ素 0.01
カドミウム 0.00008
一 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
二 牛の部位を原料とする場合にあつては、脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
五 複合肥料
(1)登録の有効期間が6年であるもの
   
肥料の種類 含有すべき主成分の最小量(%) 含有を許される有害成分の最大量(%) その他の制限事項
熔成複合肥料
(肥料(熔成汚泥灰複合肥料、混合汚泥複合肥料及び規則第1条の2各号に掲げる普通肥料を除く。)又は肥料原料(汚泥及び魚介類の臓器を除く。)を配合し、熔融したものをいう。)
一 く溶性りん酸 12.0
く溶性加里 3.0
二 く溶性りん酸及びく溶性加里のほかアルカリ分、可溶性けい酸又はく溶性苦土を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
アルカリ分については 45.0
可溶性けい酸については 30.0
く溶性苦土については 20.0
りん酸及び加里の主成分の量の合計量の含有率1.0%につき
カドミウム 0.000075
ニッケル 0.005
クロム 0.05
チタン 0.02
一 2ミリメートルの網ふるいを全通すること。
二 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
三 牛の部位を原料とする場合にあつては、脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
化成肥料
(次に掲げる肥料をいう。
一 窒素質肥料、りん酸質肥料、加里質肥料、有機質肥料、複合肥料、石灰質肥料、けい酸質肥料(シリカゲル肥料に限る。)、苦土肥料、マンガン質肥料、ほう素質肥料又は微量要素複合肥料のいずれか二以上を配合し、造粒又は成形したもの
二 一に掲げる化成肥料の原料となる肥料に米ぬか、発酵米ぬか、乾燥藻及びその粉末、発酵乾ぷん肥料、よもぎかす、骨灰、動物の排せつ物(鶏ふんの炭化物に限る。)又は動物の排せつ物の燃焼灰(鶏ふん燃焼灰又は牛の排せつ物と鶏ふんとの混合物の燃焼灰に限る。)のいずれか一以上を配合し、造粒又は成形したもの
三 肥料(混合汚泥複合肥料及び規則第1条の2各号に掲げる普通肥料を除く。)又は肥料原料(汚泥及び魚介類の臓器を除く。)を使用し、これに化学的操作を加えたもの
四 三に掲げる化成肥料を配合し、造粒又は成形したもの
五 一若しくは二に掲げる化成肥料又はその原料となる肥料若しくはその原料となる肥料を配合したものに三に掲げる化成肥料、その化成肥料を配合したもの又は四に掲げる化成肥料を配合し、造粒又は成形したもの)
一 窒素、りん酸又は加里のいずれか二以上についてそれぞれの最も大きい主成分の量の合計量 10.0
二1 窒素全量を保証するものにあつては
窒素全量 1.0
2 アンモニア性窒素を保証するものにあつては
アンモニア性窒素 1.0
3 硝酸性窒素を保証するものにあつては
硝酸性窒素 1.0
三1 りん酸全量を保証するものにあつては
りん酸全量 1.0
2 く溶性りん酸を保証するものにあつては
く溶性りん酸 1.0
3 可溶性りん酸を保証するものにあつては
可溶性りん酸 1.0
4 水溶性りん酸を保証するものにあつては
水溶性りん酸 1.0
四1 加里全量を保証するものにあつては
加里全量 1.0
2 く溶性加里を保証するものにあつては
   く溶性加里 1.0
3 水溶性加里を保証するものにあつては
水溶性加里 1.0
五 可溶性けい酸を保証するものにあつては
可溶性けい酸 10.0
六1 く溶性苦土を保証するものにあつては
く溶性苦土 1.0
2水溶性苦土を保証するものにあつては
水溶性苦土 1.0
七1 可溶性マンガンを保証するものにあつては
可溶性マンガン 0.10
2 く溶性マンガンを保証するものにあつては
く溶性マンガン 0.10
3 水溶性マンガンを保証するものにあつては
水溶性マンガン 0.10
八1 く溶性ほう素を保証するものにあつては
く溶性ほう素 0.05
2 水溶性ほう素を保証するものにあつては
水溶性ほう素 0.05
窒素、りん酸又は加里のそれぞれの最も大きい主成分の量の合計量の含有率1.0%につき
硫青酸化物 0.005
ひ素 0.002
亜硝酸 0.02
ビウレット性窒素 0.01
スルファミン酸 0.005
カドミウム 0.000075
ニッケル 0.005
クロム 0.05
チタン 0.02
水銀 0.00005
鉛 0.003
   
一 窒素全量を保証する肥料は、アンモニア性窒素又は硝酸性窒素以外の成分形態の窒素を含有するもの並びにアンモニア性窒素及び硝酸性窒素を併せて含有するものであること。
二 りん酸全量又は加里全量を保証する肥料は、原料として動植物質のものを使用したものであること。
三 原料としてく溶性りん酸を含有する肥料及び可溶性りん酸を含有する肥料を併せて使用する普通肥料にあつては、く溶性りん酸又は可溶性りん酸のいずれか一を保証するものであること。
四 可溶性マンガンを保証する肥料は、原料として可溶性マンガンを保証する肥料を使用したものであること。
五 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
六 牛の部位を原料とする場合にあつては、脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
七 規則第7条の6第5号の農林水産大臣が指定する化成肥料であること。
配合肥料
(次に掲げる肥料をいう。
一 窒素質肥料、りん酸質肥料、加里質肥料、有機質肥料、複合肥料、石灰質肥料、けい酸質肥料(シリカゲル肥料に限る。)、苦土肥料、マンガン質肥料、ほう素質肥料又は微量要素複合肥料のいずれか二以上を配合したもの
二 一に掲げる配合肥料の原料となる肥料に米ぬか、発酵米ぬか、乾燥藻及びその粉末、発酵乾ぷん肥料、グアノ(りん酸のく溶率50%以上のもので造粒又は成形しないものに限る。)、よもぎかす、骨灰、動物の排せつ物(鶏ふんの炭化物に限る。)又は動物の排せつ物の燃焼灰(鶏ふん燃焼灰又は牛の排せつ物と鶏ふんとの混合物の燃焼灰に限る。)のいずれか一以上を配合したもの
三 化成肥料を配合したもの)
一 窒素、りん酸又は加里のいずれか二以上についてそれぞれの最も大きい主成分の量の合計量 10.0
二1 窒素全量を保証するものにあつては
窒素全量 1.0
2 アンモニア性窒素を保証するものにあつては
アンモニア性窒素 1.0
3 硝酸性窒素を保証するものにあつては
硝酸性窒素 1.0
三1 りん酸全量を保証するものにあつては
りん酸全量 1.0
2 く溶性りん酸を保証するものにあつては
く溶性りん酸 1.0
3 可溶性りん酸を保証するものにあつては
可溶性りん酸 1.0
4 水溶性りん酸を保証するものにあつては
水溶性りん酸 1.0
四1 加里全量を保証するものにあつては
加里全量 1.0
2 く溶性加里を保証するものにあつては
く溶性加里 1.0
3 水溶性加里を保証するものにあつては
水溶性加里 1.0
五 可溶性けい酸を保証するものにあつては
可溶性けい酸 10.0
六1 く溶性苦土を保証するものにあつては
く溶性苦土 1.0
2 水溶性苦土を保証するものにあつては
水溶性苦土 1.0
七1 可溶性マンガンを保証するものにあつては
可溶性マンガン 0.005
2 く溶性マンガンを保証するものにあつては
く溶性マンガン 0.005
3 水溶性マンガンを保証するものにあつては
水溶性マンガン 0.005
八1 く溶性ほう素を保証するものにあつては
く溶性ほう素 0.005
2 水溶性ほう素を保証するものにあつては
水溶性ほう素 0.005
窒素、りん酸又は加里のそれぞれの最も大きい主成分の量の合計量の含有率1.0%につき
硫青酸化物 0.005
ひ素 0.002
亜硝酸 0.02
ビウレット性窒素 0.01
スルファミン酸 0.005
カドミウム 0.000075
ニッケル 0.005
クロム 0.05
チタン 0.02
水銀 0.00005
鉛 0.003
一 窒素全量を保証する肥料は、アンモニア性窒素又は硝酸性窒素以外の成分形態の窒素を含有するもの並びにアンモニア性窒素及び硝酸性窒素を併せて含有するものであること。
二 りん酸全量又は加里全量を保証する肥料は、原料として動植物質のものを使用したものであること。
三 原料としてく溶性りん酸を含有する肥料及び可溶性りん酸を含有する肥料を併せて使用する普通肥料にあつては、く溶性りん酸又は可溶性りん酸のいずれか一を保証するものであること。
四 可溶性マンガンを保証する肥料は、原料として可溶性マンガンを保証する肥料を使用したものであること。
五 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
六 牛の部位を原料とする場合にあつては、脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
七 規則第7条の6第5号の農林水産大臣が指定する配合肥料であること。
   
肥料の種類 含有すべき主成分の最小量(%) 含有を許される有害成分の最大量(%) その他の制限事項
化成肥料 一 窒素、りん酸又は加里のいずれか二以上についてそれぞれの最も大きい主成分の量の合計量 10.0
二1 窒素全量を保証するものにあつては
窒素全量 1.0
2 アンモニア性窒素を保証するものにあつては
アンモニア性窒素 1.0
3 硝酸性窒素を保証するものにあつては
硝酸性窒素 1.0
三1 りん酸全量を保証するものにあつては
りん酸全量 1.0
2 く溶性りん酸を保証するものにあつては
く溶性りん酸 1.0
3 可溶性りん酸を保証するものにあつては
可溶性りん酸 1.0
4 水溶性りん酸を保証するものにあつては
水溶性りん酸 1.0
四1 加里全量を保証するものにあつては
加里全量 1.0
2 く溶性加里を保証するものにあつては
く溶性加里 1.0
3 水溶性加里を保証するものにあつては
水溶性加里 1.0
五 可溶性けい酸を保証するものにあつては
可溶性けい酸 10.0
六1 く溶性苦土を保証するものにあつては
く溶性苦土 1.0
2水溶性苦土を保証するものにあつては
水溶性苦土 1.0
七1 可溶性マンガンを保証するものにあつては
可溶性マンガン 0.10
2 く溶性マンガンを保証するものにあつては
く溶性マンガン 0.10
3 水溶性マンガンを保証するものにあつては
水溶性マンガン 0.10
八1 く溶性ほう素を保証するものにあつては
く溶性ほう素 0.05
2 水溶性ほう素を保証するものにあつては
水溶性ほう素 0.05
窒素、りん酸又は加里のそれぞれの最も大きい主成分の量の合計量の含有率1.0%につき
硫青酸化物 0.005
ひ素 0.002
亜硝酸 0.02
ビウレット性窒素 0.01
スルファミン酸 0.005
カドミウム 0.000075
ニッケル 0.005
クロム 0.05
チタン 0.02
水銀 0.00005
鉛 0.003
   
一 窒素全量を保証する肥料は、アンモニア性窒素又は硝酸性窒素以外の成分形態の窒素を含有するもの並びにアンモニア性窒素及び硝酸性窒素を併せて含有するものであること。
二 りん酸全量又は加里全量を保証する肥料は、原料として動植物質のものを使用したものであること。
三 原料としてく溶性りん酸を含有する肥料及び可溶性りん酸を含有する肥料を併せて使用する普通肥料にあつては、く溶性りん酸又は可溶性りん酸のいずれか一を保証するものであること。
四 可溶性マンガンを保証する肥料は、原料として可溶性マンガンを保証する肥料を使用したものであること。
五 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
六 牛の部位を原料とする場合にあつては、脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
七 規則第7条の6第5号の農林水産大臣が指定する化成肥料以外のものであること。
混合動物排せつ物複合肥料
(窒素質肥料、りん酸質肥料、加里質肥料、有機質肥料、複合肥料、石灰質肥料、けい酸質肥料(シリカゲル肥料に限る。)、苦土肥料、マンガン質肥料、ほう素質肥料又は微量要素複合肥料に動物の排せつ物(牛又は豚の排せつ物を加熱乾燥したものに限る。)を混合し、造粒又は成形したものをいう。)
一 窒素、りん酸又は加里のいずれか二以上についてそれぞれの最も大きい主成分の量の合計量 10.0
二1 窒素全量を保証するものにあつては
窒素全量 1.0
2 アンモニア性窒素を保証するものにあつては
アンモニア性窒素 1.0
3 硝酸性窒素を保証するものにあつては
硝酸性窒素 1.0
三1 りん酸全量を保証するものにあつては
りん酸全量 1.0
2 く溶性りん酸を保証するものにあつては
く溶性りん酸 1.0
3 可溶性りん酸を保証するものにあつては
可溶性りん酸 1.0
4 水溶性りん酸を保証するものにあつては
水溶性りん酸 1.0
四1 加里全量を保証するものにあつては
加里全量 1.0
2 く溶性加里を保証するものにあつては
く溶性加里 1.0
3 水溶性加里を保証するものにあつては
水溶性加里 1.0
五 可溶性けい酸を保証するものにあつては
可溶性けい酸 10.0
六1 く溶性苦土を保証するものにあつては
く溶性苦土 1.0
2 水溶性苦土を保証するものにあつては
水溶性苦土 1.0
七1 可溶性マンガンを保証するものにあつては
可溶性マンガン 0.10
2 く溶性マンガンを保証するものにあつては
く溶性マンガン 0.10
3 水溶性マンガンを保証するものにあつては
水溶性マンガン 0.10
八1 く溶性ほう素を保証するものにあつては
く溶性ほう素 0.05
2 水溶性ほう素を保証するものにあつては
水溶性ほう素 0.05
窒素、りん酸又は加里のそれぞれの最も大きい主成分の量の合計量の含有率1.0%につき
硫青酸化物 0.005
ひ素 0.002
亜硝酸 0.02
ビウレット性窒素 0.01
スルファミン酸 0.005
カドミウム 0.000075
ニッケル 0.005
クロム 0.05
チタン 0.02
水銀 0.00005
鉛 0.003
一 く溶性りん酸、可溶性りん酸又は可溶性マンガンを保証する肥料は、化成肥料の当該欄の三又は四の規定によること。
二 動物の排せつ物(牛又は豚の排せつ物を加熱乾燥したものに限る。)は、乾物として窒素全量が2.0%以上であり、かつ、窒素全量、りん酸全量又は加里全量の合計量が5.0%以上であること。
三 動物の排せつ物(牛又は豚の排せつ物を加熱乾燥したものに限る。)は、乾物として70%以下を使用すること。
四 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
混合堆肥複合肥料
(次に掲げる肥料をいう。
一 窒素質肥料、りん酸質肥料、加里質肥料、有機質肥料、複合肥料、石灰質肥料、けい酸質肥料(シリカゲル肥料に限る。)、苦土肥料、マンガン質肥料、ほう素質肥料又は微量要素複合肥料に堆肥(動物の排せつ物又は食品由来の有機質物を主原料とするものに限る。)を混合し、造粒又は成形後、加熱乾燥したもの
二 窒素質肥料、りん酸質肥料、加里質肥料、有機質肥料、複合肥料、石灰質肥料、けい酸質肥料(シリカゲル肥料に限る。)、苦土肥料、マンガン質肥料、ほう素質肥料又は微量要素複合肥料に米ぬか、発酵米ぬか、乾燥藻及びその粉末、発酵乾ぷん肥料、よもぎかす、骨灰、動物の排せつ物(鶏ふんの炭化物に限る。)又は動物の排せつ物の燃焼灰(鶏ふん燃焼灰に限る。)のいずれか一以上及び堆肥(動物の排せつ物又は食品由来の有機質物を主原料とするものに限る。)を混合し、造粒又は成形後、加熱乾燥したもの)
一 窒素、りん酸又は加里のいずれか二以上についてそれぞれの最も大きい主成分の量の合計量 10.0
二1 窒素全量を保証するものにあつては
窒素全量 1.0
2 アンモニア性窒素を保証するものにあつては
アンモニア性窒素 1.0
3 硝酸性窒素を保証するものにあつては
硝酸性窒素 1.0
三1 りん酸全量を保証するものにあつては
りん酸全量 1.0
2 く溶性りん酸を保証するものにあつては
く溶性りん酸 1.0
3 可溶性りん酸を保証するものにあつては
可溶性りん酸 1.0
4 水溶性りん酸を保証するものにあつては
水溶性りん酸 1.0
四1 加里全量を保証するものにあつては
加里全量 1.0
2 く溶性加里を保証するものにあつては
く溶性加里 1.0
3 水溶性加里を保証するものにあつては
水溶性加里 1.0
五 可溶性けい酸を保証するものにあつては
可溶性けい酸 10.0
六1 く溶性苦土を保証するものにあつては
く溶性苦土 1.0
2 水溶性苦土を保証するものにあつては
水溶性苦土 1.0
七1 可溶性マンガンを保証するものにあつては
可溶性マンガン 0.10
2 く溶性マンガンを保証するものにあつては
く溶性マンガン 0.10
3 水溶性マンガンを保証するものにあつては
水溶性マンガン 0.10
八1 く溶性ほう素を保証するものにあつては
く溶性ほう素 0.05
2 水溶性ほう素を保証するものにあつては
水溶性ほう素 0.05
窒素、りん酸又は加里のそれぞれの最も大きい主成分の量の合計量の含有率1.0%につき
硫青酸化物 0.005
ひ素 0.002
亜硝酸 0.02
ビウレット性窒素 0.01
スルファミン酸 0.005
カドミウム 0.000075
ニッケル 0.005
クロム 0.05
チタン 0.02
水銀 0.00005
鉛 0.003
一 く溶性りん酸、可溶性りん酸又は可溶性マンガンを保証する肥料は、化成肥料の当該欄の三又は四の規定によること。
二 堆肥(動物の排せつ物を主原料とするものに限る。)を原料とする場合にあつては、乾物として窒素全量が2.0%以上であり、かつ、窒素全量、りん酸全量又は加里全量の合計量が5.0%以上であること。
三 堆肥(食品由来の有機質物を主原料とするものに限る。)を原料とする場合にあつては、乾物として窒素全量が3.0%以上であり、かつ、窒素全量、りん酸全量又は加里全量の合計量が5.0%以上であること。
四 堆肥(動物の排せつ物又は食品由来の有機質物を主原料とするものに限る。)は、炭素窒素比が15以下であり、かつ、乾物として50%以下を使用すること。
五 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
成形複合肥料
(窒素質肥料、りん酸質肥料、加里質肥料、有機質肥料、複合肥料、苦土肥料、マンガン質肥料、ほう素質肥料若しくは微量要素複合肥料に木質泥炭、紙パルプ廃繊維、草炭質腐植、流紋岩質凝灰岩粉末又はベントナイトのいずれか一を混合し、造粒又は成形したものをいう。)
一窒素、りん酸又は加里のいずれか二以上についてそれぞれの最も大きい主成分の量の合計量 10.0
二1 窒素全量を保証するものにあつては
窒素全量 1.0
2 アンモニア性窒素を保証するものにあつては
アンモニア性窒素 1.0
3 硝酸性窒素を保証するものにあつては
硝酸性窒素 1.0
三1 りん酸全量を保証するものにあつては
りん酸全量 1.0
2 く溶性りん酸を保証するものにあつては
く溶性りん酸 1.0
3 可溶性りん酸を保証するものにあつては
可溶性りん酸 1.0
4 水溶性りん酸を保証するものにあつては
水溶性りん酸 1.0
四1 加里全量を保証するものにあつては
加里全量 1.0
2く溶性加里を保証するものにあつては
く溶性加里 1.0
3 水溶性加里を保証するものにあつては
水溶性加里 1.0
五1 く溶性苦土を保証するものにあつては
く溶性苦土 1.0
2 水溶性苦土を保証するものにあつては
水溶性苦土 1.0
六1 可溶性マンガンを保証するものにあつては
可溶性マンガン 0.10
2 く溶性マンガンを保証するものにあつては
く溶性マンガン 0.10
3 水溶性マンガンを保証するものにあつては
水溶性マンガン 0.10
七1 く溶性ほう素を保証するものにあつては
く溶性ほう素 0.05
2 水溶性ほう素を保証するものにあつては
水溶性ほう素 0.05
窒素、りん酸又は加里のそれぞれの最も大きい主成分の量の合計量の含有率1.0%につき
硫青酸化物 0.005
ひ素 0.002
亜硝酸 0.02
ビウレット性窒素 0.01
スルファミン酸 0.005
カドミウム 0.000075
ニッケル 0.005
クロム 0.05
チタン 0.02
水銀 0.00005
鉛 0.003
一 窒素全量を保証する肥料は、アンモニア性窒素又は硝酸性窒素以外の成分形態の窒素を含有するもの並びにアンモニア性窒素及び硝酸性窒素を併せて含有するものであること。
二 りん酸全量又は加里全量を保証する肥料は、原料として動植物質のものを使用したものであること。
三 原料としてく溶性りん酸を含有する肥料及び可溶性りん酸を含有する肥料を併せて使用する普通肥料にあつては、く溶性りん酸又は可溶性りん酸のいずれか一を保証するものであること。
四 可溶性マンガンを保証する肥料は、原料として可溶性マンガンを保証する肥料を使用したものであること。
五 木質泥炭(乾物1グラム当たり0.02モル毎リットルの過マンガン酸カリウム溶液の消費量が100ミリリットル相当以上の腐植を含有するもの)は、乾物として20%以上45%以下を使用すること。
六 紙パルプ廃繊維(紙パルプ工場の廃水から得られる廃繊維で、乾物当たりホロセルロースを55%以上含有するもの)は、乾物として25%以上40%以下を使用すること。
七 草炭質腐植(草炭を水洗分離して得られる腐植で、乾物当たり灰分の含量が20%以下のもの)は、乾物として10%以上25%以下を使用すること。
八 流紋岩質凝灰岩粉末(乾物100グラム当たり陽イオン交換容量130ミリグラム当量以上を有するもの)は、25%以上35%以下を使用すること。
九 ベントナイト(乾物100グラム当たり陽イオン交換容量50ミリグラム当量以上を有するもの)は、25%以上35%以下を使用すること。
十 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
吸着複合肥料
(窒素、りん酸又は加里を含有する水溶液をけいそう土その他の吸着原料に吸着させたものをいう。)
一 窒素、水溶性りん酸又は水溶性加里のいずれか二以上の主成分の量の合計量 5.0
二1 窒素全量を保証するものにあつては
窒素全量 1.0
2 アンモニア性窒素を保証するものにあつては
アンモニア性窒素 1.0
3 硝酸性窒素を保証するものにあつては
硝酸性窒素 1.0
三 水溶性りん酸を保証するものにあつては
水溶性りん酸 1.0
四 水溶性加里を保証するものにあつては
水溶性加里 1.0
窒素、りん酸又は加里のそれぞれの最も大きい主成分の量の合計量の含有率1.0%につき
硫青酸化物 0.005
ひ素 0.002
亜硝酸 0.02
ビウレット性窒素 0.01
スルファミン酸 0.005
カドミウム 0.000075
一 植害試験の調査を受け害が認められないものであること。
二 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
三 牛の部位を原料とする場合にあつては、脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
被覆複合肥料
(化成肥料又は液状複合肥料を硫黄その他の被覆原料で被覆したものをいう。)
一 窒素、水溶性りん酸又は水溶性加里の主成分の量の合計量 15.0
二1 窒素全量を保証するものにあつては
窒素全量 1.0
2 アンモニア性窒素を保証するものにあつては
アンモニア性窒素 1.0
3 硝酸性窒素を保証するものにあつては
硝酸性窒素 1.0
三 水溶性りん酸を保証するものにあつては
水溶性りん酸 1.0
四 水溶性加里を保証するものにあつては
水溶性加里 1.0
五 水溶性苦土を保証するものにあつては
水溶性苦土 1.0
六 水溶性マンガンを保証するものにあつては
水溶性マンガン 0.10
七 水溶性ほう素を保証するものにあつては
水溶性ほう素 0.05
窒素、りん酸又は加里のそれぞれの最も大きい主成分の量の合計量の含有率1.0%につき
硫青酸化物 0.005
ひ素 0.002
亜硝酸 0.02
ビウレット性窒素 0.01
スルファミン酸 0.005
カドミウム 0.000075
一 窒素は、水溶性であること。
二 窒素の初期溶出率は、50%以下であること。
三 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
副産複合肥料
(食品工業又は化学工業において副産されたものであつて、窒素、りん酸又は加里のいずれか二以上を含有するものをいう。)
一 窒素、りん酸又は加里のいずれか二以上の主成分の量の合計量 5.0
二1 窒素全量を保証するものにあつては
窒素全量 1.0
2 アンモニア性窒素を保証するものにあつては
アンモニア性窒素 1.0
三1 りん酸全量を保証するものにあつては
りん酸全量 1.0
2 く溶性りん酸を保証するものにあつては
く溶性りん酸 1.0
3 可溶性りん酸を保証するものにあつては
可溶性りん酸 1.0
4 水溶性りん酸を保証するものにあつては
水溶性りん酸 1.0
四1 加里全量を保証するものにあつては
加里全量 1.0
2 く溶性加里を保証するものにあつては
く溶性加里 1.0
3 水溶性加里を保証するものにあつては
水溶性加里 1.0
五 く溶性苦土を保証するものにあつては
く溶性苦土 1.0
窒素、りん酸又は加里のそれぞれの最も大きい主成分の量の合計量の含有率1.0%につき
硫青酸化物 0.005
ひ素 0.002
亜硝酸 0.02
ビウレット性窒素 0.01
スルファミン酸 0.005
カドミウム 0.000075
一 植害試験の調査を受け害が認められないものであること。
二 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
三 牛の部位を原料とする場合にあつては、脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
液状複合肥料 一 窒素、りん酸又は加里のいずれか二以上についてそれぞれの最も大きい主成分の量の合計量 8.0
二1 窒素全量を保証するものにあつては
窒素全量 1.0
2 アンモニア性窒素を保証するものにあつては
アンモニア性窒素 1.0
3 硝酸性窒素を保証するものにあつては
硝酸性窒素 1.0
三1 りん酸全量を保証するものにあつては
りん酸全量 1.0
2 く溶性りん酸を保証するものにあつては
く溶性りん酸 1.0
3 可溶性りん酸を保証するものにあつては
可溶性りん酸 1.0
4 水溶性りん酸を保証するものにあつては
水溶性りん酸 1.0
四1 加里全量を保証するものにあつては
加里全量 1.0
2 水溶性加里を保証するものにあつては
水溶性加里 1.0
五1 く溶性苦土を保証するものにあつては
く溶性苦土 1.0
2 水溶性苦土を保証するものにあつては
水溶性苦土 1.0
六1 く溶性マンガンを保証するものにあつては
く溶性マンガン 0.005
2 水溶性マンガンを保証するものにあつては
水溶性マンガン 0.005
七1 く溶性ほう素を保証するものにあつては
く溶性ほう素 0.005
2 水溶性ほう素を保証するものにあつては
水溶性ほう素 0.005
窒素、りん酸又は加里のそれぞれの最も大きい主成分の量の合計量の含有率1.0%につき
硫青酸化物 0.005
ひ素 0.002
亜硝酸 0.02
ビウレット性窒素 0.01
スルファミン酸 0.005
カドミウム 0.000075
ニッケル 0.005
クロム 0.05
チタン 0.02
水銀 0.00005
鉛 0.003
一 窒素全量、りん酸全量、加里全量、く溶性りん酸又は可溶性りん酸を保証する肥料は、成形複合肥料の当該欄の一、二又は三の規定によること。
二 シアナミドを原料として使用したものでないこと。
三 チオ硫酸アンモニウムに由来する窒素を含有するものにあっては、pHが6.0以上のものであること。
四 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
五 牛の部位を原料とする場合にあつては、脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
配合肥料 一 窒素、りん酸又は加里のいずれか二以上についてそれぞれの最も大きい主成分の量の合計量 10.0
二1 窒素全量を保証するものにあつては
窒素全量 1.0
2 アンモニア性窒素を保証するものにあつては
アンモニア性窒素 1.0
3 硝酸性窒素を保証するものにあつては
硝酸性窒素 1.0
三1 りん酸全量を保証するものにあつては
りん酸全量 1.0
2 く溶性りん酸を保証するものにあつては
く溶性りん酸 1.0
3 可溶性りん酸を保証するものにあつては
可溶性りん酸 1.0
4 水溶性りん酸を保証するものにあつては
水溶性りん酸 1.0
四1 加里全量を保証するものにあつては
加里全量 1.0
2 く溶性加里を保証するものにあつては
く溶性加里 1.0
3 水溶性加里を保証するものにあつては
水溶性加里 1.0
五 可溶性けい酸を保証するものにあつては
可溶性けい酸 10.0
六1 く溶性苦土を保証するものにあつては
く溶性苦土 1.0
2 水溶性苦土を保証するものにあつては
水溶性苦土 1.0
七1 可溶性マンガンを保証するものにあつては
可溶性マンガン 0.005
2 く溶性マンガンを保証するものにあつては
く溶性マンガン 0.005
3 水溶性マンガンを保証するものにあつては
水溶性マンガン 0.005
八1 く溶性ほう素を保証するものにあつては
く溶性ほう素 0.005
2 水溶性ほう素を保証するものにあつては
水溶性ほう素 0.005
窒素、りん酸又は加里のそれぞれの最も大きい主成分の量の合計量の含有率1.0%につき
硫青酸化物 0.005
ひ素 0.002
亜硝酸 0.02
ビウレット性窒素 0.01
スルファミン酸 0.005
カドミウム 0.000075
ニッケル 0.005
クロム 0.05
チタン 0.02
水銀 0.00005
鉛 0.003
一 窒素全量を保証する肥料は、アンモニア性窒素又は硝酸性窒素以外の成分形態の窒素を含有するもの並びにアンモニア性窒素及び硝酸性窒素を併せて含有するものであること。
二 りん酸全量又は加里全量を保証する肥料は、原料として動植物質のものを使用したものであること。
三 原料としてく溶性りん酸を含有する肥料及び可溶性りん酸を含有する肥料を併せて使用する普通肥料にあつては、く溶性りん酸又は可溶性りん酸のいずれか一を保証するものであること。
四 可溶性マンガンを保証する肥料は、原料として可溶性マンガンを保証する肥料を使用したものであること。
五 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
六 牛の部位を原料とする場合にあつては、脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
七 規則第7条の6第5号の農林水産大臣が指定する配合肥料以外のものであること。
熔成汚泥灰複合肥料
(下水道の終末処理場から生じる汚泥を焼成したものに肥料又は肥料原料を混合し、熔融したものをいう。)
   
一 く溶性りん酸 12.0
く溶性加里 1.0
二 く溶性りん酸及びく溶性加里のほかアルカリ分、可溶性けい酸又はく溶性苦土を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
アルカリ分については 40.0
可溶性けい酸については 10.0
く溶性苦土については 12.0
りん酸及び加里の主成分の量の合計量の含有率1.0%につき
ひ素 0.002
カドミウム 0.000075
ニッケル 0.005
クロム 0.05
水銀 0.00005
鉛 0.003
一 2ミリメートルの網ふるいを全通すること。
二 植害試験の調査を受け害が認められないものであること。
三 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
四 牛の部位を原料とする場合にあつては、脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
混合汚泥複合肥料
(窒素質肥料、りん酸質肥料、加里質肥料、有機質肥料、複合肥料、石灰質肥料、けい酸質肥料(シリカゲル肥料に限る。)、苦土肥料、マンガン質肥料、ほう素質肥料又は微量要素複合肥料に次のいずれかを混合し、造粒又は成形したものをいう。
一 汚泥発酵肥料(次のいずれかを堆積又はかくはんし、腐熟させたものに限る。次号において同じ。)
 ア し尿処理施設から生じた汚泥を濃縮、消化、脱水又は乾燥したもの
 イ 動物の排せつ物に凝集を促進する材料若しくは悪臭を防止する材料を混合し、脱水若しくは乾燥したものに動物の排せつ物を混合したもの又はこれを乾燥したもの
二 動物の排せつ物の燃焼灰(鶏ふん燃焼灰に限る。)及び汚泥発酵肥料)
   
一 窒素、りん酸又は加里のいずれか二以上についてそれぞれの最も大きい主成分の量の合計量 10.0
二1 窒素全量を保証するものにあつては
窒素全量 1.0
2 アンモニア性窒素を保証するものにあつては
アンモニア性窒素 1.0
3 硝酸性窒素を保証するものにあつては
硝酸性窒素 1.0
三1 りん酸全量を保証するものにあつては
りん酸全量 1.0
2 く溶性りん酸を保証するものにあつては
く溶性りん酸 1.0
3 可溶性りん酸を保証するものにあつては
可溶性りん酸 1.0
4 水溶性りん酸を保証するものにあつては
水溶性りん酸 1.0
四1 加里全量を保証するものにあつては
加里全量 1.0
2 く溶性加里を保証するものにあつては
く溶性加里 1.0
3 水溶性加里を保証するものにあつては
水溶性加里 1.0
五 可溶性けい酸を保証するものにあつては
可溶性けい酸 10.0
六1 く溶性苦土を保証するものにあつては
く溶性苦土 1.0
2 水溶性苦土を保証するものにあつては
水溶性苦土 1.0
七1 可溶性マンガンを保証するものにあつては
可溶性マンガン 0.10
2 く溶性マンガンを保証するものにあつては
く溶性マンガン 0.10
3 水溶性マンガンを保証するものにあつては
水溶性マンガン 0.10
八1 く溶性ほう素を保証するものにあつては
く溶性ほう素 0.05
2 水溶性ほう素を保証するものにあつては
水溶性ほう素 0.05
窒素、りん酸又は加里のそれぞれの最も大きい主成分の量の合計量の含有率1.0%につき
硫青酸化物 0.005
ひ素 0.002
亜硝酸 0.02
ビウレット性窒素 0.01
スルファミン酸 0.005
カドミウム 0.000075
ニッケル 0.005
クロム 0.05
チタン 0.02
水銀 0.00005
鉛 0.003
一 窒素全量、りん酸全量、加里全量、く溶性りん酸、可溶性りん酸又は可溶性マンガンを保証する肥料は、成形複合肥料の当該欄の一、二、三又は四の規定によること。
二 汚泥発酵肥料は、乾物として40%以下を使用すること。
三 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
家庭園芸用複合肥料
(熔成複合肥料、化成肥料、配合肥料、混合動物排せつ物複合肥料、混合堆肥複合肥料、成形複合肥料、吸着複合肥料、被覆複合肥料、副産複合肥料、液状複合肥料、熔成汚泥灰複合肥料及び混合汚泥複合肥料以外の複合肥料であつて、かつ、規則第一条に規定する家庭園芸用肥料であるものをいう。)
一 窒素、りん酸又は加里のいずれか二以上についてそれぞれの最も大きい主成分の量の合計量 0.2
二1 窒素全量を保証するものにあつては
窒素全量 0.1
2 アンモニア性窒素を保証するものにあつては
アンモニア性窒素 0.1
3 硝酸性窒素を保証するものにあつては
硝酸性窒素 0.1
三1 りん酸全量を保証するものにあつては
りん酸全量 0.1
2 く溶性りん酸を保証するものにあつては
く溶性りん酸 0.1
3 可溶性りん酸を保証するものにあつては
可溶性りん酸 0.1
4 水溶性りん酸を保証するものにあつては
水溶性りん酸 0.1
四1 加里全量を保証するものにあつては
加里全量 0.1
2 く溶性加里を保証するものにあつては
く溶性加里 0.1
3 水溶性加里を保証するものにあつては
水溶性加里 0.1
五1 く溶性苦土を保証するものにあつては
く溶性苦土 0.01
2 水溶性苦土を保証するものにあつては
水溶性苦土 0.01
六1 可溶性マンガンを保証するものにあつては
可溶性マンガン 0.001
2 く溶性マンガンを保証するものにあつては
く溶性マンガン 0.001
3 水溶性マンガンを保証するものにあつては
水溶性マンガン 0.001
七1 く溶性ほう素を保証するものにあつては
く溶性ほう素 0.001
2 水溶性ほう素を保証するものにあつては
水溶性ほう素 0.001
窒素、りん酸又は加里のそれぞれの最も大きい主成分の量の合計量の含有率1.0%につき
硫青酸化物 0.005
ひ素 0.002
亜硝酸 0.02
ビウレット性窒素 0.01
スルファミン酸 0.005
カドミウム 0.000075
ニッケル 0.005
クロム 0.05
チタン 0.02
水銀 0.00005
鉛 0.003
一 窒素全量、りん酸全量、加里全量、く溶性りん酸、可溶性りん酸又は可溶性マンガンを保証する肥料は、成形複合肥料の当該欄の一、二、三又は四の規定によること。
二 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
三 牛の部位を原料とする場合にあつては、脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
六 石灰質肥料
(1)登録の有効期間が6年であるもの
肥料の種類 含有すべき主成分の最小量(%) 含有を許される有害成分の最大量(%) その他の制限事項
生石灰
(マグネシウムの酸化物又は水酸化物を混合したものを含む。)
一 アルカリ分 80.0
二 アルカリ分のほか可溶性苦土又はく溶性苦土を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
可溶性苦土については 8.0
く溶性苦土については 7.0
消石灰
(マグネシウムの酸化物又は水酸化物を混合したものを含む。)
一 アルカリ分 60.0
二 アルカリ分のほか可溶性苦土又はく溶性苦土を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
可溶性苦土については 6.0
く溶性苦土については 5.0
炭酸カルシウム肥料
(マグネシウムの酸化物又は水酸化物を混合したものを含む。)
一 アルカリ分 50.0
二 アルカリ分のほか可溶性苦土又はく溶性苦土を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
可溶性苦土については 5.0
く溶性苦土については 3.5
化学的に生産された炭酸カルシウム以外のものにあつては、1.7ミリメートルの網ふるいを全通し、600マイクロメートルの網ふるいを85%以上通過すること。
貝化石肥料
(貝化石粉末又はこれにマグネシウムの酸化物若しくは水酸化物を混合し、造粒したものをいう。)
一 アルカリ分 35.0
二 アルカリ分のほかく溶性苦土を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
く溶性苦土 1.0
副産石灰肥料
(非金属鉱業、食品工業、パルプ工業、化学工業、鉄鋼業又は非鉄金属製造業において副産されたものをいう。)
一 アルカリ分 35.0
二 アルカリ分のほかく溶性苦土を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
く溶性苦土 1.0
一 アルカリ分の含有率1.0%につき
ニッケル 0.01
クロム 0.1
チタン 0.04
二 最大限度量
ニッケル 0.4
クロム 4.0
チタン 1.5
鉱さいを原料として使用するものにあつては、1.7ミリメートルの網ふるいを全通し、600マイクロメートルの網ふるいを85%以上通過すること。
混合石灰肥料
(石灰質肥料に、石灰質肥料、苦土肥料、ほう素質肥料又は微量要素複合肥料を混合したものをいう。)
一 アルカリ分 35.0
二 アルカリ分のほか可溶性苦土、く溶性苦土、可溶性マンガン、く溶性マンガン、く溶性ほう素又は水溶性ほう素を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
可溶性苦土については 4.5
く溶性苦土については 1.0
可溶性マンガンについては 0.10
く溶性マンガンについては 0.10
く溶性ほう素については 0.05
水溶性ほう素については 0.05
アルカリ分の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
亜硝酸 0.04
ニッケル 0.01
クロム 0.1
チタン 0.04
一 可溶性マンガンを保証する肥料は、原料として可溶性マンガンを保証する肥料を使用したものであること。
二 規則第7条の6第6号の農林水産大臣が指定する混合石灰肥料であること。
(2)登録の有効期間が3年であるもの
肥料の種類 含有すべき主成分の最小量(%) 含有を許される有害成分の最大量(%) その他の制限事項
混合石灰肥料 一 アルカリ分 35.0
二 アルカリ分のほか可溶性苦土、く溶性苦土、可溶性マンガン、く溶性マンガン、く溶性ほう素又は水溶性ほう素を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
可溶性苦土については 4.5
く溶性苦土については 1.0
可溶性マンガンについては 0.10
く溶性マンガンについては 0.10
く溶性ほう素については 0.05
水溶性ほう素については 0.05
アルカリ分の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
亜硝酸 0.04
ニッケル 0.01
クロム 0.1
チタン 0.04
一 可溶性マンガンを保証する肥料は、原料として可溶性マンガンを保証する肥料を使用したものであること。
二 規則第7条の6第6号の農林水産大臣が指定する混合石灰肥料以外のものであること。
七 けい酸質肥料
登録の有効期間が6年であるもの
肥料の種類 含有すべき主成分の最小量(%) 含有を許される有害成分の最大量(%) その他の制限事項
けい灰石肥料 可溶性けい酸 20.0
アルカリ分 25.0
2ミリメートルの網ふるいを全通し、600マイクロメートルの網ふるいを60%以上通過すること。
鉱さいけい酸質肥料
(製りん残さい又は製銑鉱さい等の鉱さいをいい、ほう素質肥料を混合して熔融したものを含む。)
一 可溶性けい酸及びアルカリ分を保証するものにあつては
可溶性けい酸 10.0
アルカリ分 35.0
二 可溶性けい酸及びアルカリ分のほかく溶性苦土、く溶性マンガン又はく溶性ほう素を保証するものにあつては
可溶性けい酸 10.0
アルカリ分 20.0
く溶性苦土については 1.0
く溶性マンガンについては 1.0
く溶性ほう素については 0.05
一 可溶性けい酸が20%以上のものにあつては
1 可溶性けい酸の含有率1.0%につき
ニッケル 0.01
クロム 0.1
チタン 0.04
2 最大限度量
ニッケル 0.4
クロム 4.0
チタン 1.5
二 一以外のものにあつては最大限度量
ニッケル 0.2
クロム 2.0
チタン 1.0
一 可溶性けい酸が20%以上のものにあつては、2ミリメートルの網ふるいを全通し、かつ、水砕した鉱さい以外のものにあつては、600マイクロメートルの網ふるいを60%以上通過すること。
二 一以外のものにあつては、2ミリメートルの網ふるいを全通し、かつ、可溶性石灰を40%以上含有する鉱さいであること。
三 アルカリ分が30%未満のものにあっては、アルカリ分を30%以上保証する鉱さいけい酸質肥料に赤鉄鉱を加えたものであること。
軽量気泡コンクリート粉末肥料 可溶性けい酸 15.0
アルカリ分 15.0
最大限度量
チタン 1.0
4ミリメートルの網ふるいを全通すること。
シリカゲル肥料
(水ガラスのアルカリを中和し、ゲル化してから脱水したものをいう。)
可溶性けい酸 80.0 一 日本工業規格(JISZ0701)に規定された包装用シリカゲル乾燥剤として生産されたものであること。
二 75マイクロメートルの網ふるい上に70%以上残留すること。
三 検湿剤等他の原料を使用したもの及び他の用途に使用されたものを除く。
シリカヒドロゲル肥料
(水ガラスのアルカリを中和し、ゲル化したものをいう。)
可溶性けい酸 17.0       一 摂氏180度で3時間乾燥したものが、日本工業規格(JISZ0701)に規定された包装用シリカゲル 乾燥剤に該当するものであること。
二 検湿剤等他の原料を使用したものを除く。
八 苦土肥料
(1)登録の有効期間が6年であるもの
肥料の種類 含有すべき主成分の最小量(%) 含有を許される有害成分の最大量(%) その他の制限事項
硫酸苦土肥料 水溶性苦土 11.0 水溶性苦土の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
水酸化苦土肥料 く溶性苦土 50.0 2ミリメートルの網ふるいを全通すること。
酢酸苦土肥料 水溶性苦土 18.0
炭酸苦土肥料 く溶性苦土 30.0
加工苦土肥料
(蛇紋岩その他の塩基性マグネシウム含有物に硫酸を加えたものをいう。)
く溶性苦土 23.0
水溶性苦土 3.0
く溶性苦土の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
2ミリメートルの網ふるいを全通し、600マイクロメートルの網ふるいを60%以上通過すること。
腐植酸苦土肥料
(石炭又は亜炭を硝酸で分解し、塩基性のマグネシウム含有物を加えたものをいう。)
く溶性苦土 3.0
水溶性苦土 1.0
く溶性苦土の含有率1.0%につき
亜硝酸 0.04
3.5%の塩酸に溶けないもののうち、1%の水酸化ナトリウム液に溶けるものが当該肥料に40%以上含有されること。
リグニン苦土肥料
(亜硫酸パルプ廃液中のリグニンスルホン酸に硫酸マグネシウムを加えたものをいう。)
水溶性苦土 5.0 水溶性苦土の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
亜硫酸 0.01
硫酸塩に由来する苦土は、1.0%以下であること。
被覆苦土肥料
(苦土肥料を硫黄その他の被覆原料で被覆したものをいう。)
水溶性苦土 8.0 水溶性苦土の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
一 苦土の初期溶出率は50%以下であること。
二 規則第7条の6第8号の農林水産大臣が指定する被覆苦土肥料であること。
副産苦土肥料
(食品工業、パルプ工業、化学工業、窯業、鉄鋼業又は非鉄金属製造業において副産されたものをいう。)
一 可溶性苦土及びく溶性苦土を保証するのにあつては
可溶性苦土 40.0
く溶性苦土 10.0
二 く溶性苦土を保証するものにあつては
く溶性苦土 10.0
く溶性苦土の含有率1.0%につき
ニッケル 0.01
クロム 0.1
チタン 0.04
一 2ミリメートルの網ふるいを全通し、かつ、鉱さいを原料として使用するものにあつては、600マイクロメートルの網ふるいを60%以上通過すること。
二 規則第7条の6第8号の農林水産大臣が指定する副産苦土肥料であること
混合苦土肥料
(苦土肥料を二以上混合したものをいう。)
く溶性苦土 23.0
水溶性苦土 3.0
く溶性苦土の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
亜硝酸 0.04
ニッケル 0.01
クロム 0.1
チタン 0.04
規則第7条の6第8号の農林水産大臣が指定する混合苦土肥料であること。
(2)登録の有効期間が3年であるもの
肥料の種類 含有すべき主成分の最小量(%) 含有を許される有害成分の最大量(%) その他の制限事項
被覆苦土肥料 水溶性苦土 8.0 水溶性苦土の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
一 苦土の初期溶出率は50%以下であること。
二 規則第7条の6第8号の農林水産大臣が指定する被覆苦土肥料以外のものであること。
副産苦土肥料 一 可溶性苦土及びく溶性苦土を保証するのにあつては
可溶性苦土 40.0
く溶性苦土 10.0
二 く溶性苦土を保証するものにあつては
く溶性苦土 10.0
く溶性苦土の含有率1.0%につき
ニッケル 0.01
クロム 0.1
チタン 0.04
一 2ミリメートルの網ふるいを全通し、かつ、鉱さいを原料として使用するものにあつては、600マイクロメートルの網ふるいを60%以上通過すること。
二 植害試験の調査を受け害が認められないものであること。
三 規則第7条の6第8号の農林水産大臣が指定する副産苦土肥料以外のものであること。
混合苦土肥料 く溶性苦土 23.0
水溶性苦土 3.0
く溶性苦土の含有率1.0%につき
ひ素 0.004
亜硝酸 0.04
ニッケル 0.01
クロム 0.1
チタン 0.04
規則第7条の6第8号の農林水産大臣が指定する混合苦土肥料以外のものであること。
九 マンガン質肥料
(1)登録の有効期間が6年であるもの
肥料の種類 含有すべき主成分の最小量(%) 含有を許される有害成分の最大量(%) その他の制限事項
硫酸マンガン肥料 水溶性マンガン 10.0 水溶性マンガンの含有率1.0%につき
ひ素 0.004
炭酸マンガン肥料
(菱マンガン鉱をいう。)
可溶性マンガン 30.0
く溶性マンガン 10.0
可溶性マンガンの含有率1.0%につき
ひ素 0.004
1.7ミリメートルの網ふるいを全通し、150マイクロメートルの網ふるいを80%以上通過すること。
加工マンガン肥料
(マンガン含有物にマグネシウム含有物を混合し、硫酸を加えたものをいう。)
水溶性マンガン 2.0
水溶性苦土 12.0
水溶性マンガンの含有率1.0%につき
ひ素 0.004
鉱さいマンガン肥料
(フェロマンガン鉱さい又はシリコマンガン鉱さいをいう。)
く溶性マンガン10.0 く溶性マンガンの含有率1.0%につき
ニッケル 0.01
クロム 0.1
チタン 0.04
1.7ミリメートルの網ふるいを全通し、600マイクロメートルの網ふるいを85%以上通過すること。
混合マンガン肥料
(マンガン質肥料にマンガン質肥料又は苦土肥料を混合したものをいう。)
水溶性マンガン 2.0
水溶性苦土 12.0
水溶性マンガンの含有率1.0%につき
ひ素 0.004
規則第7条の6第9号の農林水産大臣が指定する混合マンガン肥料であること。
(2)登録の有効期間が3年であるもの
肥料の種類 含有すべき主成分の最小量(%) 含有を許される有害成分の最大量(%) その他の制限事項
副産マンガン肥料
(化学工業において副産されたものをいう。)
く溶性マンガン 8.0
水溶性マンガン 2.0
く溶性マンガンの含有率1.0%につき
ひ素 0.004
ニッケル 0.01
クロム 0.1
チタン 0.04
植害試験の調査を受け害が認められないものであること。
液体副産マンガン肥料
(化学工業において副産されたものをいう。)
水溶性マンガン 10.0 水溶性マンガンの含有率1.0%につき
ひ素 0.004
植害試験の調査を受け害が認められないものであること。
混合マンガン肥料 水溶性マンガン 2.0
水溶性苦土 12.0
水溶性マンガンの含有率1.0%につき
ひ素 0.004
規則第7条の6第9号の農林水産大臣が指定する混合マンガン肥料以外のものであること。
十 ほう素質肥料
 登録の有効期間が6年であるもの
肥料の種類 含有すべき主成分の最小量(%) 含有を許される有害成分の最大量(%) その他の制限事項
ほう酸塩肥料 一 く溶性ほう素及び水溶性ほう素を保証するものにあつては
く溶性ほう素 35.0
水溶性ほう素 5.0
二 水溶性ほう素を保証するものにあつては
水溶性ほう素 25.0
く溶性ほう素を保証するものにあつては、850マイクロメートルの網ふるいを全通すること。
ほう酸肥料 水溶性ほう素 54.0
熔成ほう素肥料
(ほう酸塩及び炭酸マグネシウムその他の塩基性マグネシウム含有物に長石等を混合し、熔融したものをいう。)
く溶性ほう素 15.0
く溶性苦土 10.0
1.7ミリメートルの網ふるいを全通し、600マイクロメートルの網ふるいを80%以上通過すること。
加工ほう素肥料
(ほう素含有物に蛇紋岩その他の塩基性マグネシウム含有物を混合し、硫酸を加えたものをいう。)
水溶性ほう素 1.0
水溶性苦土 11.0
水溶性ほう素の含有率1.0%につき
ひ素 0.04
十一 微量要素複合肥料
(1)登録の有効期間が6年であるもの
肥料の種類 含有すべき主成分の最小量(%) 含有を許される有害成分の最大量(%) その他の制限事項
熔成微量要素複合肥料
(マンガン、ほう素又はマグネシウム含有物に長石等を混合し、熔融したものをいう。)
一 く溶性マンガン 10.0
く溶性ほう素 5.0
二 く溶性マンガン及びく溶性ほう素のほかく溶性苦土を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
く溶性苦土 5.0
1.7ミリメートルの網ふるいを全通し、150マイクロメートルの網ふるいを50%以上通過すること。
液体微量要素複合肥料 一 水溶性マンガン及び水溶性ほう素の合計量 0.30
水溶性マンガン 0.10
水溶性ほう素 0.03
二 水溶性マンガン及び水溶性ほう素のほか水溶性苦土を保証するものにあつては、一に掲げるもののほか
水溶性苦土 1.0
マンガン及びほう素のそれぞれの最も大きい主成分の量の合計量の含有率1.0%につき
ひ素 0.002
混合微量要素肥料
(マンガン質肥料、ほう素質肥料、微量要素複合肥料又は苦土肥料を混合したものをいう。)
一 マンガン及びほう素についてそれぞれの最も大きい主成分の量の合計量 8.0
二1 可溶性マンガンを保証するものにあつては
可溶性マンガン 1.0
2 く溶性マンガンを保証するものにあつては
く溶性マンガン 1.0
3 水溶性マンガンを保証するものにあつては
水溶性マンガン 1.0
三1 く溶性ほう素を保証するものにあつては
く溶性ほう素 1.0
2 水溶性ほう素を保証するものにあつては
水溶性ほう素 1.0
四1 く溶性苦土を保証するものにあつては
く溶性苦土 1.0
2 水溶性苦土を保証するものにあつては
水溶性苦土 1.0
マンガン及びほう素のそれぞれの最も大きい主成分の量の合計量の含有率1.0%につき
ひ素 0.002
亜硝酸 0.02
ニッケル 0.005
クロム 0.05
チタン 0.02
一 可溶性マンガンを保証する肥料は、原料として可溶性マンガンを保証する肥料を使用したものであること。
二 規則第7条の6第11号の農林水産大臣が指定する混合微量要素肥料であること。
(2)登録の有効期間が3年であるもの
肥料の種類 含有すべき主成分の最小量(%) 含有を許される有害成分の最大量(%) その他の制限事項
混合微量要素肥料 一 マンガン及びほう素についてそれぞれの最も大きい主成分の量の合計量 8.0
二1 可溶性マンガンを保証するものにあつては
可溶性マンガン 1.0
2 く溶性マンガンを保証するものにあつては
く溶性マンガン 1.0
3 水溶性マンガンを保証するものにあつては
水溶性マンガン 1.0
三1 く溶性ほう素を保証するものにあつては
く溶性ほう素 1.0
2 水溶性ほう素を保証するものにあつては
水溶性ほう素 1.0
四1 く溶性苦土を保証するものにあつては
く溶性苦土 1.0
2 水溶性苦土を保証するものにあつては
水溶性苦土 1.0
マンガン及びほう素のそれぞれの最も大きい主成分の量の合計量の含有率1.0%につき
ひ素 0.002
亜硝酸 0.02
ニッケル 0.005
クロム 0.05
チタン 0.02
一 可溶性マンガンを保証する肥料は、原料として可溶性マンガンを保証する肥料を使用したものであること。
二 規則第7条の6第11号の農林水産大臣が指定する混合微量要素肥料以外のものであること。
登録の有効期間が3年であるもの
   
肥料の種類 含有を許される有害成分の最大量(%) その他の制限事項
下水汚泥肥料
(次に掲げる肥料をいう。
一 下水道の終末処理場から生じる汚泥を濃縮、消化、脱水又は乾燥したもの
二 一に掲げる下水汚泥肥料に植物質若しくは動物質の原料を混合したもの又はこれを乾燥したもの
三 一若しくは二に掲げる下水汚泥肥料を混合したもの又はこれを乾燥したもの)
ひ素 0.005
カドミウム 0.0005
水銀 0.0002
ニッケル 0.03
クロム 0.05
鉛 0.01
一 金属等を含む産業廃棄物に係る判定基準を定める省令(昭和48年総理府令第5号)別表第一の基準に適合する原料を使用したものであること。
二 植害試験の調査を受け害が認められないものであること。
三 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
四 牛の部位を原料とする場合にあつては、脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
し尿汚泥肥料
(次に掲げる肥料をいう。
一 し尿処理施設、集落排水処理施設若しくは浄化槽から生じた汚泥又はこれらを混合したものを濃縮、消化、脱水又は乾燥したもの
二 し尿又は動物の排せつ物に凝集を促進する材料又は悪臭を防止する材料を混合し、脱水又は乾燥したもの
三 一若しくは二に掲げるし尿汚泥肥料に植物質若しくは動物質の原料を混合したもの又はこれを乾燥したもの
四 一、二若しくは三に掲げるし尿汚泥肥料を混合したもの又はこれを乾燥したもの)
ひ素 0.005
カドミウム 0.0005
水銀 0.0002
ニッケル 0.03
クロム 0.05
鉛 0.01
一 金属等を含む産業廃棄物に係る判定基準を定める省令別表第一の基準に適合する原料を使用したものであること。
二 植害試験の調査を受け害が認められないものであること。
三 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
四 牛の部位を原料とする場合にあつては、脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
工業汚泥肥料
(次に掲げる肥料をいう。
一 工場若しくは事業場の排水処理施設から生じた汚泥を濃縮、消化、脱水又は乾燥したもの
二 一に掲げる工業汚泥肥料に植物質若しくは動物質の原料を混合したもの又はこれを乾燥したもの
三 一若しくは二に掲げる工業汚泥肥料を混合したもの又はこれを乾燥したもの)
ひ素 0.005
カドミウム 0.0005
水銀 0.0002
ニッケル 0.03
クロム 0.05
鉛 0.01
一 金属等を含む産業廃棄物に係る判定基準を定める省令別表第一の基準に適合する原料を使用したものであること。
二 植害試験の調査を受け害が認められないものであること。
三 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
四 牛の部位を原料とする場合にあつては、脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
混合汚泥肥料
(次に掲げる肥料をいう。
一 下水汚泥肥料、し尿汚泥肥料若しくは工業汚泥肥料のいずれか二以上を混合したもの又はこれを乾燥したもの
二 一に掲げる混合汚泥肥料に植物質若しくは動物質の原料を混合したもの又はこれを乾燥したもの
三 一若しくは二に掲げる混合汚泥肥料を混合したもの又はこれを乾燥したもの)
ひ素 0.005
カドミウム 0.0005
水銀 0.0002
ニッケル 0.03
クロム 0.05
鉛 0.01
一 金属等を含む産業廃棄物に係る判定基準を定める省令別表第一の基準に適合する原料を使用したものであること。
二 植害試験の調査を受け害が認められないものであること。
三 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
四 牛の部位を原料とする場合にあつては、脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
焼成汚泥肥料
(下水汚泥肥料、し尿汚泥肥料、工業汚泥肥料又は混合汚泥肥料を焼成したものをいう。)
ひ素 0.005
カドミウム 0.0005
水銀 0.0002
ニッケル 0.03
クロム 0.05
鉛 0.01
一 金属等を含む産業廃棄物に係る判定基準を定める省令別表第一の基準に適合する原料を使用したものであること。
二 植害試験の調査を受け害が認められないものであること。
三 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
汚泥発酵肥料
(次に掲げる肥料をいう。
一 下水汚泥肥料、し尿汚泥肥料、工業汚泥肥料又は混合汚泥肥料を堆積又は撹拌し、腐熟させたもの
二 一に掲げる汚泥発酵肥料に植物質若しくは動物質の原料又は焼成汚泥肥料を混合したものを堆積又は撹拌し、腐熟させたもの)
ひ素 0.005
カドミウム 0.0005
水銀 0.0002
ニッケル 0.03
クロム 0.05
鉛 0.01
一 金属等を含む産業廃棄物に係る判定基準を定める省令別表第一の基準に適合する原料を使用したものであること。
二 植害試験の調査を受け害が認められないものであること。
三 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
四 牛の部位を原料とする場合にあつては、脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
水産副産物発酵肥料
(魚介類の臓器に植物質又は動物質の原料を混合したものを堆積又は撹拌し、腐熟させたものをいう。)
ひ素 0.005
カドミウム 0.0005
水銀 0.0002
一 金属等を含む産業廃棄物に係る判定基準を定める省令別表第一の基準に適合する原料を使用したものであること。
二 植害試験の調査を受け害が認められないものであること。
三 牛由来の原料を原料とする場合にあつては、管理措置が行われたものであること。
四 牛の部位を原料とする場合にあつては、脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
硫黄及びその化合物 ひ素 0.005 植害試験の調査を受け害が認められないものであること。
十三 農薬その他の物が混入される肥料
肥料の種類 混入が許される農薬その他の物の種類 混入が許される農薬その他のものの最大量又は最小量(%) 含有すべき主成分の最小量(%)の特例 混入上の制限事項
化成肥料 O,O-ジエチル-O-(3-オキソ-2-フェニル-2H-ピリダジン-6-イル)ホスホロチオエート
【ピリダフェンチオン】
1.0以下
2,2,3,3-テトラフルオルプロピオン酸ナトリウム
【テトラピオン】
4.0以下
1,3-ビス(カルバモイルチオ)-2-(N,Nジメチルアミノ)プロパン塩酸塩
【カルタップ】
1.0以下
ジイソプロピル-1,3-ジチオラン-2-イリデンマロネート
【イソプロチオラン】
5.0以下
(E)-(S)-1-(4-クロロフェニル)-4,4-ジメチル-2-(1H-1,2,4-トリアゾール-1-イル)ペンタ-1-エン-3-オール
【ウニコナゾールP】
0.025以下
N-(4-クロロフェニル)-1-シクロヘキセン-1,2-ジカルボキシミド
【クロルフタリム】
1.0以下
1,2,5,6-テトラヒドロピロロ〔3,2,1-ij〕キノリン-4-オン
【ピロキロン】
2.0以下
(2RS,3RS)-1-(4-クロロフェニル)-4,4-ジメチル-2-(1H-1,2,4-トリアゾ-ル-1-イル)ペンタン-3-オール
【パクロブトラゾール】
0.20以下
5-ジプロピルアミノ-α,α,α-トリフルオロ-4,6-ジニトロ-O-トルイジン
【プロジアミン】
0.50以下
エチル=N-〔2,3-ジヒドロ-2,2-ジメチルベンゾフラン-7-イルオキシカルボニル(メチル)アミノチオ〕-N-イソプロピル-β-アラニナート
【ベンフラカルブ】
0.80以下
S,S'-ジメチル=2-ジフルオロメチル-4-イソブチル-6-トリフルオロメチルピリジン-3,5-ジカルボチオアート
【ジチオピル】
0.30以下
N-(4-クロロフェニル)-1-シクロヘキセン-1,2-ジカルボキシミド
【クロルフタリム】
及び
3-シクロヘキシル-5,6-トリメチレンウラシル
【レナシル】
0.50以下


0.50以下
1-(6-クロロ-3-ピリジルメチル)-N-ニトロイミダゾリジン-2-イリデンアミン
【イミダクロプリド】
0.50以下
3-アリルオキシ-1,2-ベンゾイソチアゾール-1,1-ジオキシド
【プロベナゾール】
0.80以下
(E)-N-[(6-クロロ-3-ピリジル)メチル]-N'-シアノ-N-メチルアセトアミジン
【アセタミプリド】
1.0以下
1-(6-クロロ-3-ピリジルメチル)-N-ニトロイミダゾリジン-2-イリデンアミン
【イミダクロプリド】
及び
3-アリルオキシ-1,2-ベンゾイソチアゾール-1,1-ジオキシド
【プロベナゾール】
0.07以下



0.80以下
N-(1-エチルプロピル)-3,4-ジメチル-2,6-ジニトロアニリン
【ペンディメタリン】
2.20以下
2,6-ジクロロベンゾニトリル
【DBN】
1.5以下
2-(4-クロロ-6-エチルアミノ-1,3,5-トリアジン-2-イルアミノ)-2-メチルプロピオノニトリル
【シアナジン】
及び
2,6-ジクロロベンゾニトリル
【DBN】
3.0以下



1.5以下
(RS)-N-〔2-(3,5-ジメチルフェノキシ)-1-メチルエチル〕-6-(1-フルオロ-1-メチルエチル)-1,3,5-トリアジン-2,4-ジアミン
【トリアジフラム】
及び
2,6-ジクロロベンゾニトリル
【DBN】
0.30以下


1.5以下
(E)-1-(2-クロロ-1,3-チアゾール-5-イルメチル)-3-メチル-2-ニトログアニジン
【クロチアニジン】
0.076以下
配合肥料 1,2,5,6-テトラヒドロピロロ〔3,2,1-ij〕キノリン-4-オン
【ピロキロン】
1.0以下
エチル=N-〔2,3-ジヒドロ-2,2-ジメチルベンゾフラン-7-イルオキシカルボニル(メチル)アミノチオ〕-N-イソプロピル-β-アラニナート
【ベンフラカルブ】
0.50以下
(E)-(S)-1-(4-クロロフェニル)-4,4-ジメチル-2-(1H-1,2,4-トリアゾール-1-イル)ペンタ-1-エン-3-オール
【ウニコナゾールP】
0.025以下
1-(6-クロロ-3-ピリジルメチル)-N-ニトロイミダゾリジン-2-イリデンアミン
【イミダクロプリド】
0.50以下
O-エチル-O-(3-メチル-6-ニトロフェニル)セコンダリーブチルホスホロアミドチオエート
【ブタミホス】
及び
2,6-ジクロロチオベンザミド
【DCBN】
2.0以下


1.0以下
N-(1-エチルプロピル)-3,4-ジメチル-2,6-ジニトロアニリン
【ペンディメタリン】
2.20以下
3-アリルオキシ-1,2-ベンゾイソチアゾール-1,1-ジオキシド
【プロベナゾール】
0.80以下
1-(6-クロロ-3-ピリジルメチル)-N-ニトロイミダゾリジン-2-イリデンアミン
【イミダクロプリド】
及び
3-アリルオキシ-1,2-ベンゾイソチアゾール-1,1-ジオキシド
【プロベナゾール】
0.07以下


0.80以下
被覆複合肥料 (E)-(S)-1-(4-クロロフェニル)-4,4-ジメチル-2-(1H-1,2,4-トリアゾール-1-イル)ペンタ-1-エン-3-オール
【ウニコナゾールP】
0.05以下
液状複合肥料 3-ヒドロキシ-5-メチルイソオキサゾール
【ヒドロキシイソキサゾール】
17.5以下
家庭園芸用複合肥料 1-(6-クロロ-3-ピリジルメチル)-N-ニトロイミダゾリジン-2-イリデンアミン
【イミダクロプリド】
2.50以下
(E)-N-〔(6-クロロ-3-ピリジン)メチル〕-N'-シアノ-N-メチルアセトアミジン
【アセタミプリド】
及び
N-ベンジル-N,N-ジエチル-N-(2,6-キシリルカルバモイル)メチルアンモニウム塩
【安息香酸デナトニウム】
0.07以下



0.002以下
3-(2-クロロ-1・3-チアゾール-5-イルメチル)-5-メチル-1・3・5-オキサジアジナン-4-イリデン(ニトロ)アミン
【チアメトキサム】
及び
N-ベンジル-N,N-ジエチル-N-(2,6-キシリルカルバモイル)メチルアンモニウム塩
【安息香酸デナトニウム】
2.0以下


0.01以下
(RS)-アルファ-シアノ-3-フェノキシベンジル=2,2,3,3-テトラメチルシクロプロパンカルボキシラート
【フェンプロパトリン】
及び
2-P-クロロフェニル-2-(1H-1,2,4-トリアゾール-1-イルメチル)ヘキサンニトリル
【ミクロブタニル】
0.02以下



0.005以下
(RS)-1-メチル-2-ニトロ-3-(テトラヒドロ-3-フリルメチル)グアニジン
【ジノテフラン】
2.875以下
附一 この告示に掲げる肥料には、規則第4条第3号に掲げる材料を使用したものを含む。
二 この告示に掲げる主成分、有害成分、初期溶出率、尿素性窒素、ジシアンジアミド性窒素、グアニジン性窒素、窒素の活性係数、塩素及び炭酸塩(二酸化炭素)の定量方法及び量の算出は、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構が定める肥料分析法によるものとする。ただし、次の表の第一欄に掲げる主成分の量の算出は、同表の第二欄に掲げるものによることとし、十二の表に掲げる有害成分の量は、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構が定める肥料分析法により定量した有害成分の重量の試料を摂氏100度で5時間乾燥したものの重量に対する百分率とする。
第一欄 第二欄
りん酸全量
く溶性りん酸
可溶性りん酸
水溶性りん酸
五酸化リン(P
加里全量
く溶性加里
水溶性加里
酸化カリウム(KO)
可溶性けい酸 二酸化ケイ素(SiO
可溶性苦土
く溶性苦土
水溶性苦土
酸化マグネシウム(MgO)
可溶性マンガン
く溶性マンガン
水溶性マンガン
酸化マンガン(MnO)
く溶性ほう素
水溶性ほう素
三酸化二ホウ素(B
三 この告示に掲げる網ふるいは、日本工業規格の標準網ふるいによるものとする。
四 この告示に掲げる植害試験とは、肥料取締法(昭和二十五年法律第百二十七号。以下「法」という。)第七条ただし書(法第三十三条の二第六項において準用する場合を含む。)の規定に基づく調査である。なお、肥料取締法施行規則第二条の二に基づき植物に対する害に関する栽培試験の成績を要する肥料から除くものを指定する件(昭和五十九年三月十六日農林水産省告示第六百九十七号)において指定されたものについては、当該調査を受けることを要しない。
附則(平成二十五年十二月五日農林水産省告示第二千九百三十九号)
1 この告示は、平成二十六年一月四日から施行する。
2 この告示による改正後の昭和六十一年二月二十二日農林水産省告示第二百八十四号の四(1)の表肉骨粉の項に規定する確認は、この告示の施行前においてもこの告示による改正後の同項の規定の例により行うことができる。
附則(平成二十六年九月一日農林水産省告示第千百四十六号)
1 この告示は、平成二十六年十月一日から施行する。
2 この告示による改正後の昭和六十一年二月二十二日農林水産省告示第二百八十四号の一の(2)の表副産窒素肥料の項、二の(2)の表液体りん酸肥料の項、熔成汚泥灰けい酸りん肥の項及び副産りん酸肥料の項、四の(1)の表肉かす粉末の項、蒸製てい角骨粉の項、乾血及びその粉末の項、生骨粉の項及び蒸製骨粉の項、四の(2)の表乾燥菌体肥料の項、副産動物質肥料の項及び混合有機質肥料の項、五の(1)の表熔成複合肥料の項、化成肥料の項及び配合肥料の項、五の(2)の表化成肥料の項、吸着複合肥料の項、副産複合肥料の項、液状複合肥料の項、配合肥料の項、熔成汚泥灰複合肥料の項及び家庭園芸用複合肥料の項並びに十二の表下水汚泥肥料の項、し尿汚泥肥料の項、工業汚泥肥料の項、混合汚泥肥料の項、汚泥発酵肥料の項及び水産副産物発酵肥料の項に規定する確認は、それぞれこの告示の施行前においてもこの告示による改正後のこれらの項の規定の例により行うことができる。
附則(平成二十八年一月八日農林水産省告示第四十一号)
 この告示は、平成二十八年二月八日から施行する。

▲このページの先頭に戻る