このページの本文へ移動
前の項目へ 次の項目へ

14 農林水産大臣又は都道府県知事への報告

 肥料取締法では、必要があると認めるときは、農林水産大臣又は都道府県知事は、生産業者、輸入業者、販売業者などに報告を求めることができることとされています。
 現在は、生産業者と輸入業者は、農林水産大臣へ次の事項を毎年二月末日までに銘柄ごとに報告することとなっています。
(1)前年(暦年:1月~12月)の生産数量、輸入数量、販売数量
(2)登録した普通肥料の生産に使用した原料、材料、混入が認められた異物の名称とその数量

▲このページの先頭に戻る