このページの本文へ移動
前の項目へ 次の項目へ

15 立入検査

 この肥料取締制度が適正に実施されているかどうかを確認するため、農林水産省の職員、都道府県の職員、独立行政法人農林水産消費安全技術センターの職員が、生産業者・輸入業者・販売業者の事務所、工場、運送業者関係、倉庫、肥料を施用する者の事業場、ほ場などに立入検査を行うこととなっております。
 立入検査の際、肥料や肥料の原料を、検査のため無償で頂くことができることとなっておりますので、ご理解願います。
 また、立入検査により収去した肥料等の検査の結果は、公表されます。
 立入検査は、原則として事前の連絡なしで工場や事務所にお伺いします(無通告・抜き打ちという意味です)。そのため、立入検査にお伺いしたとき、担当者が不在である場合も生じますが、最小限の立入検査ができるよう、生産・購入・販売に関する書類、13で記載した帳簿については、誰でもわかるよう、整理し所在を明確にしておいてください。

▲このページの先頭に戻る