このページの本文へ移動
前の項目へ 次の項目へ

8 生産や輸入についての登録・届出をした後の各種申請・届出

 特殊肥料の生産や輸入の届出、登録の申請、指定配合肥料の生産や輸入の届出をした後、届出や申請内容に変更がある場合は、変更の届出をするなど、手続きが必要です。

(1)特殊肥料について

 生産や輸入に当たって届出した内容に変更がある場合は、変更した日から2週間以内に都道府県知事へ届け出なければなりません。生産や輸入をやめたときも同様に届出する必要があります。

(2)登録肥料について

 登録した後、以下の事項に変更が生じた場合や、変更しようとする場合は、登録申請先(農林水産大臣又は都道府県知事)へ届け出なければなりません。
 またその変更事項が、登録証に記載されている事項の場合は、登録証の書き替えの申請をすることになります。
ア 氏名又は住所を変更した場合。法人で登録申請したときは、法人の代表者を変更した場合も届出が必要です。
(変更後2週間以内に届け出る必要があります。)
イ 生産する事業場(工場)の名称や所在地が変更した場合。
(変更後2週間以内に届け出る必要があります。)
ウ 保管する施設の所在地が変更した場合。
(変更後2週間以内に届け出る必要があります。)
エ 肥料の生産や輸入を相続した場合。
(相続した日から2週間以内に届け出る必要があります。)
オ 登録をとった法人が、合併や分割した場合。
(合併や分割した日から2週間以内に届け出る必要があります。)
カ 登録証をなくしたり、汚した場合。
キ 肥料の名称を変更しようとする場合。
(名称を変更する前に届け出る必要があります。)
ク 登録した法人が解散した場合。
(解散後速やかに届け出る必要があります。)
ケ 肥料の生産や輸入をやめた場合。
(やめた後速やかに届け出る必要があります。)
コ 保証成分量などを変更した場合。
(変更後速やかに届け出る必要があります。)
サ 登録の有効期間が終了した場合。
(終了後速やかに届け出る必要があります。)
 なお、ク~サの場合は、登録が無効になりますので、その旨の届出になります。

(3)指定配合肥料について

 生産や輸入に当たって届出した内容に変更がある場合は、変更した日から2週間以内に届け出先(農林水産大臣又は都道府県知事)へ届け出なければなりません。生産や輸入をやめたときも同様に届出する必要があります。

▲このページの先頭に戻る