このページの本文へ移動
前の項目へ 次の項目へ

1 はじめに

肥料の登録については、1回登録すると無期限に有効なのではなく、肥料の種類により有効期間は3年か6年となっています。登録の有効期間の延長(「有効期間の更新」といいます。)の手続をしないと、有効期限が切れる3年か6年後には、生産や輸入することができなくなります。したがって、有効期限が切れてしまう前に、更新の手続きをとる必要があります。

▲このページの先頭に戻る