このページの本文へ移動
前の項目へ 次の項目へ

6 指定配合肥料生産(輸入)事業廃止届出書

(1)指定配合肥料生産(輸入)事業廃止届出書の提出

 届け出た指定配合肥料の生産や輸入をやめた場合は、その日から2週間以内に届け出てください。

(2)指定配合肥料生産(輸入)事業廃止届出書の様式

 指定配合肥料生産(輸入)事業廃止届出書は、次の例を参考に作成してください。
*1 届出書に誤字、脱字等の記載の不備がある場合、届出書を受理することはできないこととなります。強制ではありませんが、軽微な間違いは申請時等に訂正できるよう、代表者印による捨印(訂正印)の押印をお願いします。
*2 指定配合肥料輸入業者届出書で届け出た肥料の輸入をやめる場合は、標題を「指定配合肥料輸入事業廃止届出書」としてください。
*3 社印及び代表者印を押印してください。なお、代表者の氏名を自筆で記載する場合は、押印を省略することができます。
*4 何回にもわたって届出したため、様々な届出日となっている複数の指定配合肥料生産業者(輸入業者)届出書による生産又は輸入を、同時に廃止する場合もあるかと思います。この場合は、この部分を、「さきに平成○○年○○月○○日付け(他別紙のとおり)」と記載して、別紙にその他の届出日を記載することにより、この廃止届出書により1回で廃止することができます。
*5 指定配合肥料輸入業者届出書で届け出た肥料の輸入をやめる場合は、「生産」を「輸入」と記載してください。
*6 同時に2銘柄以上廃止する場合には、このように併記できます。
*7 届出書が2枚以上になる場合は、ホッチキス等でとじ、それぞれのページの間(届出書の用紙の1枚1枚の間)に代表者印による割印を押印してください。

(3)その他

ア 届出書の副本を郵送する封筒(希望者)
 届出された2通のうち、副本については、受理印を押して返却いたします。受理印の押された副本か、そのコピーを工場や事務所に保管してください。
 副本の返却を郵送で受け取りたい方は、返信用封筒に、あて先を記載し、簡易書留分の切手を貼り、届出書とともに渡してください。
(簡易書留の場合の郵便料金)
定形で25gまで82円+簡易書留料金310円=392円(平成29年1月18日現在)
定形外で50gまで120円+簡易書留料金310円=430円(平成29年1月18日現在)

▲このページの先頭に戻る