このページの本文へ移動
前の項目へ 次の項目へ

4 材料の種類、名称及び使用量の記載方法

 保証票に記載しなければならない材料の種類などは、次のとおりです。

(1)材料の種類

 ア 効果発現促進材(効果の発現を促進する材料)
 イ 硝酸化成抑制材(土壌中における硝酸化成を抑制する材料)
 ウ 組成均一化促進材(組成の均一化を促進する材料)
 エ 着色材(着色する材料)
 オ 摂取防止材(牛等の摂取の防止に効果があると認められる材料)

(2)材料の記載方法

 下の記載例に従って、材料の名称別に記載してください。
 ア 家庭園芸用肥料以外の普通肥料
 効果発現促進材、硝酸化成抑制材及び摂取防止材については、その種類、名称及び使用量を記載してください。ただし、配合に当たって原料として使用した肥料に使用された摂取防止材については、使用量を記載する必要はありません。その種類及び名称を記載してください。
 組成均一化促進材及び着色材については、その種類及び名称を記載してください。なお、配合に当たって原料に使用した肥料に使用された組成均一化促進材及び着色材については、記載しなくても問題ありません。
 イ 家庭園芸用肥料の場合
 家庭園芸用肥料の場合は材料の種類のみを記載してください。
 (記載例)
材料の記載例img

▲このページの先頭に戻る