このページの本文へ移動
前の項目へ 次の項目へ

2 品質表示の記載例

 品質表示については、下の記載例を参考に表示してください。
 品質表示基準で表示することが定められた事項以外は、この品質表示の枠の中に記載することはできません。
記載例
*1 特殊肥料生産業者届出書や特殊肥料輸入業者届出書で届け出たとおりの肥料の名称を記載してください。
*2 動物の排せつ物の場合は、「動物の排せつ物」と記載してください。
*3 生産業者が表示する場合は、特殊肥料生産業者届出書を届け出た都道府県名を、輸入業者が表示する場合は、特殊肥料輸入業者届出書を届け出た都道府県名を、販売業者が表示する場合は、肥料販売業務開始届出書を届け出た都道府県名を記載してください。
*4 肥料を生産した場合は、生産業者が表示者となり、特殊肥料生産業者届出書で届け出たとおりに記載します。
 肥料を輸入した場合は、輸入業者が表示者となり、特殊肥料輸入業者届出書で届け出たとおりに記載します。
 肥料が入っている袋などを開いたとき、肥料つめかえたとき、バラの肥料を袋などに入れた場合に限り、販売業者が表示者となります。肥料販売業務開始届出書で届け出たとおりに記載します。
*5 キログラム単位で表示してください。同時に容積量をリットル単位で表示することもできます。容積量(リットル単位)だけを表示することはできません。
*6(1) 表示方法は、次のいずれかの例により記載してください。
ア 平成13年4月
イ 13.4
ウ 2001.4
(2) 肥料を輸入した場合は、標題を「輸入した年月」とし、輸入した年月を記載してください。
(3) 販売業者が表示する場合、販売業者が生産した年月や輸入した年月を知らないときは、標題を「表示した年月」とし、表示をした年月を記載してください。
(4) この表示票の中に表示することが困難な場合は、「生産した年月」(「輸入した年月」「表示した年月」)の欄に記載する場所を表示し、その場所に表示することができます。
*7 原料の記載方法について
(1) 「鶏ふん」、「もみがら」などの最も一般的な名称で原料を表示してください。
(2) 生産に当たって使用された重量の大きい原料から順に記載することとし、表示例のように備考で重量の大きい順であることを記載すること。
(3) この表示票の中に表示することが困難な場合は、(原料)の欄に記載する場所を表示し、その場所に表示することができます。
*8 ほ乳動物由来たん白質、家きん由来たん白質又は魚介類由来たん白質が使用されている場合は、次の区分に従って備考欄に次のように記載してください。
(1) 牛由来の原料を含まない場合
 この肥料には、動物由来たん白質が入っていますから、家畜等の口に入らないところで保管・使用して下さい。
(2) 牛由来の原料を含む場合
 この肥料には、牛由来たん白質が入っていますから、家畜等の口に入らないところで保管・使用し、家畜等に与えたり、牧草地等に施用したりしないで下さい。
*9牛の脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認をおけた工程において製造されたものについては、備考欄に次のように記載してください。
△△△は、牛の脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認をおけた工程において製造されたものである。
*10 生産に当たって腐熟を促進する材料が使用されるものについては、その材料の名称を明記して、備考欄にこのように記載してください。
*11 牛、めん羊、山羊及び鹿の摂取防止に効果があると認められる材料が使用されたものについては、次の例のようにその材料の名称及び使用量を記載してください。
(例)
牛、めん羊、山羊及び鹿による摂取を防止するために△△△を△%使用したものである。
*12 窒素全量、りん酸全量、加里全量については、小数点以下第1位までを%単位で表示してください。現物当たりの含有量が0.5%未満の場合は、「0.5%未満」と表示することができます。
*13 豚ぷんを原料として使用するものであって、銅全量を現物1キログラム当たり300ミリグラム以上含有する場合に限り、mg/kgの単位で整数で表示してください。
*14 豚ぷんや鶏ふんを原料として使用するものであって、亜鉛全量を現物1キログラム当たり900ミリグラム以上含有する場合に限り、mg/kgの単位で整数で表示してください。
*15 石灰を原料として使用するものであって、石灰全量を現物1キログラム当たり150グラム以上含有する場合に限り、小数点以下第1位までを%単位で表示してください。
*16 炭素窒素比は、整数で表示してください。
*17 主要な成分の含有量等は、現物当たりで表示することが基本ですが、現物当たりでの表示が困難な場合は、標題を「主要な成分の含有量等(乾物当たり)」と記載し、乾物当たりの数字で記載することができます。
 この場合、炭素窒素比の表示の下に、水分含有量を小数点以下第1位までの数字で%単位で表示してください。

▲このページの先頭に戻る