このページの本文へ移動
前の項目へ 次の項目へ

2 表示例

表示例img
*1 この部分は、肥料を入れる容器に、この表示票をしばりつけたり、ぬいつける場合以外は、必要ありません。
*2 「特殊肥料等の指定」(昭和25年6月20日農林省告示第177号)の一で指定された名称を記載してください。
*3 特殊肥料生産業者届出書や特殊肥料輸入業者届出書で届け出たとおりの肥料の名称を記載してください。
*4 表示者が、特殊肥料生産業者届出書や特殊肥料輸入業者届出書、肥料販売業務開始届出書を届け出た都道府県名を記載してください。
*5 *4の届出に対する届出受理番号がある場合には、それを記載してください。また、輸入した肥料については、表示の下部等に原産国(原産地)を表示している場合は、複数の都道府県を併記できます。
*6 牛の脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものについては、原料の欄に次のように記載してください。
 △△△は、牛の脊柱等が混合しないものとして農林水産大臣の確認をおけた工程において製造されたものである。
*7 牛、めん羊、山羊及び鹿の摂取防止に効果があると認められる材料が使用されたものについては、容器の見やすい場所に次の例のような文言を記載してください。
 (例)
 牛、めん羊、山羊及び鹿による摂取を防止するために△△△を△%使用したものである。
*8 ほ乳動物由来たん白質、家きん由来たん白質又は魚介類由来たん白質が使用されている場合は、容器の見やすい場所に次の区分に従って記載してください。
(1) 牛由来の原料を含まない場合
 この肥料には、動物由来たん白質が入っていますから、家畜等の口に入らないところで保管・使用して下さい。
(2) 牛由来の原料を含む場合
 この肥料には、牛由来たん白質が入っていますから、家畜等の口に入らないところで保管・使用し、家畜等に与えたり、牧草地等に施用したりしないで下さい。
*9 輸入された肥料については、標題を「輸入した年月」として輸入した年月を記載してください。
 また、販売業者が表示する場合、生産した年月や輸入した年月を知らないときは、標題を「添付した年月」とし、この表示を添付した年月を記載してください。
*10 年月をこの様式の中に記載することが困難な場合は、この「生産した年月」「輸入した年月」欄に年月を表示する場所を記載し、その場所に表示することができます。
*11 輸入した肥料の場合は、標題を「輸入業者の氏名又は名称及び住所」としてください。
*12 特殊肥料生産業者届出書や特殊肥料輸入業者届出書で届け出たとおりに記載してください。
*13 販売業者が表示する場合に限り、この欄を設け、肥料販売業務開始届出書で届け出たとおりに記載することができます。
*14 輸入した肥料の場合は、表示の下部等に原産国を表示してください。なお、国名よりも地名のほうが一般に知られている場合には、原産国名ではなく、原産地名を表示することができます。表示方法は次のとおりです。
 表示例
 △△国製、  MADE IN△△、  原産国:△△、  原産地:△△

▲このページの先頭に戻る