このページの本文へ移動

表示の手引き

表示の手引き

 肥料の表示についてのご案内です。

 なお、この内容の原文をPDF形式でご覧になれます(ココ:727KB)。

Ⅰ はじめに

Ⅱ 普通肥料の保証票について

  • 1 保証票の種類
    (1)生産業者による保証票
    (2)輸入業者による保証票
    (3)販売業者による保証票
  • 2 保証票の記載例
    (1)生産業者保証票(汚泥肥料等以外の普通肥料の場合)の記載例
    (2)生産業者保証票(汚泥肥料等の普通肥料の場合)の記載例
    (3)指定配合肥料生産業者保証票の記載例
  • 3 原料の種類の記載方法
    (1)汚泥肥料等以外の普通肥料(指定配合肥料を除く)の場合
      ア 原料の種類を保証票に記載しなければいけない肥料の種類
      イ 記載する原料の種類
      ウ 原料の種類の表記方法
       (ア)統合表示名称で記載するもの
       (イ)公定規格で分類されている肥料の種類名で記載するもの
       (ウ)「仮登録肥料」や「指定配合肥料」と記載するもの
       (エ)特殊肥料の指定名で記載するもの
       (オ)原料の実態で記載するもの
       (カ)「該当なし」と記載するもの
      エ 原料の種類の記載順序
      オ 使用しない場合がある原料の記載方法
      カ 統合表示名称のうちわけの記載方法
      キ 原料とする普通肥料の保証票に、今まで説明してきたような原料の記載がある場合の記載方法
    (2)汚泥肥料等の普通肥料の場合
      ア 原料の種類の表記方法
      イ 原料の種類の記載順序
      ウ 使用しない場合がある原料の記載方法
    (3)指定配合肥料の場合
      ア 原料の種類を保証票に記載しなければいけない肥料の種類
      イ 原料の種類の表記方法
       (ア)統合表示名称で記載するもの
       (イ)公定規格で分類されている肥料の種類名で記載するもの
       (ウ)「指定配合肥料」と記載するもの
      ウ 原料の種類の記載順序
      エ 使用しない場合がある原料の記載方法
      オ 統合表示名称のうちわけの記載方法
      カ 指定配合肥料を原料とした場合の記載方法
    (4)農林水産大臣の確認を受けた工程において製造された肥料(確認済肥料)の場合
      ア 原料の種類を保証票に記載しなければいけない肥料の種類
      イ 原料の種類の表記方法
      ウ 原料の種類の記載順序
      エ 使用しない場合がある原料の記載方法
  • 4 材料の種類、名称及び使用量の記載方法
  •   (1)材料の種類
      (2)材料の記載方法
        ア 家庭園芸用肥料以外の普通肥料
        イ 家庭園芸用肥料の場合
  • 5 主要な成分の含有量と炭素窒素比の記載方法
  •   (1)窒素全量、りん酸全量、加里全量
      (2)銅全量
      (3)亜鉛全量
      (4)石灰全量
      (5)硫黄分全量
      (6)炭素窒素比
  • 6 輸入肥料の原産国の表示
  •   (1)表示場所
      (2)表示例
  • 7 保証票の様式

Ⅲ 特殊肥料の品質表示について

Ⅳ 特殊肥料の一般的表示について

Ⅴ 施用上の注意などの表示について

Ⅵ その他の注意表示について

Ⅶ 「家庭園芸専用」の表示について

▲このページの先頭に戻る