このページの本文へ移動

前の項目へ

次の項目へ

肥料仮登録失効届及び添付書類

(1)届出しなければならない場合
    届出しなければならない場合は、次の場合です。
  ア 仮登録を受けていた法人が解散し、その清算が終了した場合。
  イ 仮登録を受けていた肥料の生産や輸入をやめた場合。
  ウ 仮登録を受けている肥料について、保証成分量やその他の規格を変更した場合。
  エ 仮登録の有効期限が過ぎ、有効期間の更新をしなかった場合。

(2)届出書の提出
    届出書は、(1)のア~エの場合が生じてから速やかに届け出てください。

(3)肥料仮登録失効届の様式
    肥料仮登録失効届は、次の例を参考に作成してください。
肥料仮登録失効届の様式
*1 当方では勝手に訂正できないので、明らかな誤字等の間違いであっても、記載不備により、届出書を受理することはできないこととなります。捨印(訂正用)は強制ではありませんが、軽微な間違いは届出時等に訂正できるよう、代表者印による捨印の押印をお願いします。
*2 社印及び代表者印を押印してください。なお、代表者の氏名を自筆で記載する場合は、押印を省略することができます。
*3 輸入肥料の仮登録であった場合は「生産」を「輸入」と、(1)のエの場合は「生産の廃止」を「有効期間の満了」と記載してください。
*4 仮登録証に記載されているとおりに記載してください。
*5 申請書が2枚以上になる場合は、ホッチキス等でとじ、それぞれのページの間(申請書の用紙の1枚1枚の間)に代表者印による割印を押印してください。

(4)添付書類
    失効(生産や輸入をやめる)した肥料の仮登録証を提出してください。

▲このページの先頭に戻る