このページの本文へ移動

前の項目へ

次の項目へ

登録申請書や仮登録申請書の用紙

 生産又は輸入したい肥料が公定規格に適合している場合、肥料を登録することができます。公定規格のない普通肥料の場合は、「Ⅲ 仮登録申請の手引き」のとおり、仮登録することができます。

 登録申請や仮登録の申請ですが、申請書の用紙がどこかに用意されていて、それに記入するのではありません。日本工業規格A4の、長期間の保存に耐える紙(上質紙が一般的です。)を用意していただき、その紙に、様式にしたがい、下の例のように記載して申請書としてください。

 申請書は全く同じものを2部(1部は正本、1部は副本となります。)提出してください。提出された2部は返却しませんので、提出するものとは別にコピーなどの控えをお手元にとっておいてください。

▲このページの先頭に戻る