このページの本文へ移動

前の項目へ

次の項目へ

肥料取締法施行規則第4条に係る事項変更届

(1)届出しなければならない場合
 届出しなければならない場合は、次の場合です。
ア 登録申請書や登録有効期間更新申請書に記載した生産工程の概要を変更する場合。
イ 登録申請書や登録有効期間更新申請書に記載した原料の使用割合を変更する場合。
ウ 登録申請書や登録有効期間更新申請書に記載した使用する材料の種類、名称または使用量を変更する場合
(2)肥料取締法施行規則第4条に係る事項変更届の提出
 変更する前に届出する必要があります。
(3)肥料取締法施行規則第4条に係る事項変更届の様式
 肥料取締法施行規則第4条に係る事項変更届は、次の例を参考に作成してください。
肥料取締法施行規則第4条に係る事項変更届の様式1
肥料取締法施行規則第4条に係る事項変更届の様式2
肥料取締法施行規則第4条に係る事項変更届の様式3
肥料取締法施行規則第4条に係る事項変更届の様式4
*1 当方では勝手に訂正できないので、明らかな誤字等の間違いであっても、記載不備により、届出書を受理することはできないこととなります。捨印(訂正用)は強制ではありませんが、軽微な間違いは届出時等に訂正できるよう、代表者印による捨印(代表者の氏名を自筆で記載している場合は、国内管理人の印による捨印とします。)の押印をお願いします。
*2 社印及び代表者印を押印してください。なお、代表者の氏名を自筆で記載する場合は、押印を省略することができます。
*3 登録証に記載されているとおりに記載してください。
 また、この記載例のように、複数の銘柄の変更を1度に届け出ても差し支えありません。
*4 届出書が2枚以上になる場合は、ホッチキス等でとじ、それぞれのページの間(届出書の用紙の1枚1枚の間)に代表者印による割印を押印してください。

▲このページの先頭に戻る