このページの本文へ移動

前の項目へ

次の項目へ

相続又は合併若しくは分割に基づく肥料登録証又は肥料仮登録証の書替交付申請書又は交付申請書及び添付書類等

(1)申請しなければならない場合
 申請しなければならない場合は、次の場合です。
ア 外国生産肥料の生産事業を相続した場合。
イ 申請者が法人の場合、法人が合併し、登録や仮登録の権利を得た場合。
ウ 申請者が法人の場合、法人が分割され、登録や仮登録の権利を得た場合。
(2)申請書の提出
 申請書は、相続や法人が合併・分割した日から30日以内に申請してください。
(3)相続(合併、分割)に基づく肥料登録証又は肥料仮登録証の書替交付申請書又は交付申請書の様式
 相続又は合併若しくは分割に基づく肥料登録証又は肥料仮登録証の書替交付申請書又は交付申請書は、次の例を参考に作成してください。
相続(合併、分割)に基づく肥料登録証又は肥料仮登録証の書替交付申請書又は交付申請書の様式
*1 当方では勝手に訂正できないので、明らかな誤字等の間違いであっても、記載不備により、申請書を受理することはできないこととなります。捨印(訂正用)は強制ではありませんが、軽微な間違いは申請時等に訂正できるよう、代表者印による捨印(代表者の氏名を自筆で記載している場合は、国内管理人の印による捨印とします。)の押印をお願いします。
*2 標題は、相続で仮登録の場合は「相続に基づく肥料仮登録証の書替交付申請書」と、合併の場合には「合併に基づく肥料登録証の書替交付申請書」あるいは「合併に基づく肥料仮登録証の書替交付申請書」となります。分割の場合は登録または仮登録の権利を引き継ぐ状況に応じ、「分割に基づく肥料登録証の書替交付申請書」、「分割に基づく肥料登録証の交付申請書」、「分割に基づく肥料仮登録証の書替交付申請書」あるいは「分割に基づく肥料仮登録証の交付申請書」となります。
*3 社印及び代表者印を押印してください。なお、代表者の氏名を自筆で記載する場合は、押印を省略することができます。
*4 合併の場合には「相続」を「合併」と、分割の場合には「相続」を「分割」と記載してください。
*5 仮登録にかかる申請の場合は、「登録」を「仮登録」と記載してください。
*6 分割の場合には、「書替交付」を「交付」と記載してください。
*7 申請者や国内管理人が法人の場合は、法人名及び代表者の氏名を記載します。代表者については、代表取締役、会長、専務取締役、理事長等の登記された代表者のうち、肥料登録や仮登録について権限を有する者のうちの1名の氏名を記載します。
*8 国内管理人が法人の場合は、本社の住所を登記簿に記載されているとおりに都道府県名から記載します。国内管理人が個人の場合は、住民票に記載されている住所のとおりに都道府県名から記載します。
*9 仮登録にかかる申請の場合は、この「肥料の種類」欄は必要ありません。
*10 受け継いだ登録証に記載されているとおりに記載してください。
*11 申請書が2枚以上になる場合は、ホッチキス等でとじ、それぞれのページの間(申請書の用紙の1枚1枚の間)に代表者印による割印(代表者の氏名を自筆で記載している場合は、国内管理人の印による割印とします。)を押印してください。
(4)添付書類等
ア 書き替えすることとなる登録証や仮登録証を全部提出してください。新しい登録証や仮登録証ができるまで、お手元に登録証や仮登録証がなくなりますので、提出前に登録証や仮登録証をコピーしてお手元に残しておいてください。
イ 国内で生産された肥料についての登録や、輸入業者による登録の場合は、法人で申請があった場合には、登記簿抄本で法人名・代表者氏名・住所を、個人で申請があった場合には、住民票で氏名・住所を確認させていただいております。
 このような「登記簿抄本」や「住民票」に該当するものを提出してください。
ウ 国内管理人が法人の場合は登記簿抄本を、国内管理人が個人の場合は住民票を提出してください(コピーでも構いません)。
エ 登録証や仮登録証を郵送する封筒(希望者)
 登録日(毎月の10日あるいは25日)に新しい登録証や仮登録証が作成されます。登録証はや仮登録証農林水産省(東京都千代田区霞が関)で作成され、2日から3日後に農林水産消費安全技術センター本部あるいは地方センター(事務所)に届きます。
 国内管理人が登録証や仮登録証を郵送で受け取りたい場合は、登録証や仮登録証の大きさがA4版ですので、A4版を折らずに入れることのできる封筒に、あて先を記載し、簡易書留分の切手を貼り、申請書とともに渡してください。
(簡易書留の場合の郵便料金)
定形外で50gまで120円+簡易書留料金310円=430円(平成26年11月1日現在)
 なお、登録証や仮登録証は本社で保管するとともに、登録証や仮登録証のコピーを生産事業場で保管しなければならないことになっております。

▲このページの先頭に戻る