このページの本文へ移動

前の項目へ 次の項目へ

肥料の種類ごとの記載例

複合肥料

ア 化成肥料

化成肥料1
備考 1.化成肥料は、△△㈱製生第△△△号△△△又はこれに類似した肥料を使用する。
2.ウイスキー蒸留濃縮廃液は、自社生産登録の△△県知事登録第△△△号△△醗酵副産肥料の原料濃縮液を使用する。
化成肥料2
注)アンモニア等の使用量が中和点以上かどうかを明示すること。
例3 ほう酸塩肥料を原料として使用する場合
 水溶性ほう素を保証するほう酸塩肥料又はく溶性ほう素及び水溶性ほう素を保証するほう酸塩肥料を原料とする化成肥料にあっては,申請書の「生産工程の概要」の項は下例のように記載してください。
1.水溶性ほう素を保証するほう酸塩肥料を原料として使用する場合
「ほう酸塩肥料(水溶性ほう素を保証するものに限る。)」
2.く溶性ほう素及び水溶性ほう素を保証するほう酸塩肥料を原料として使用する場合
「ほう酸塩肥料(く溶性ほう素及び水溶性ほう素を保証するものに限る。)」
例4 登録の有効期間が6年である化成肥料の場合
 化成肥料につきましては、原料・生産工程により、登録の有効期間が3年又は6年に分かれます。有効期間が6年となる条件は、「肥料取締法施行規則第7条の6第5号の規定に基づき農林水産大臣の指定する化成肥料等を指定する件」(平成13年5月10日農林水産省告示第643号)で記載されているとおりです。
 有効期間が6年となるものの生産工程の概要では、この条件を満たしていることがわかるよう、次の記載例を参考に備考欄に記載してください。このような記載がない場合は、申請したその肥料の登録の有効期間が6年であることの特定ができませんので、有効期間は3年となります。
(備考の記載例)
① 使用する化成肥料はりん安である。
② 化成肥料は輸入業者△△(株)輸第△△△号「△△△」又はこれに類似した肥料を使用する。なお、当該化成肥料は登録の有効期間が6年のものに限る。
③ 使用する副産苦土肥料は軽焼マグネシアである。
④ 使用する鉱さいは△△㈱△工場から排出される高炉さいで、苦土を含有するものに限る。
⑤ 製造される製品は硝酸加里である。
 

イ 被覆複合肥料

例1 備考で被覆原料の使用量を記載してください。
[記載例]
(備考)被覆原料の使用量
製品中     硫   黄          △△%
        パラフィンワックス      △△%
        タ ル ク          △△%
被覆複合肥料1
被覆原料の使用量
製品中  A △△%
     B △△%
備考 化成肥料は、△△会社生産(輸入)の生(輸)第△△△号◇◇◇を使用する。
注)1.A及びBの箇所には、具体的な被覆原料名を記載する。
2.◇印の箇所には、肥料の名称を記載する。
例3 化成肥料、配合肥料又は液状複合肥料の原料から一貫して生産される肥料の場合
被覆複合肥料2
被覆原料の使用量
製品中  A △△%
     B △△%
注)A及びBの箇所には、具体的な被覆原料名を記載する。

ウ 液状複合肥料

 液状複合肥料の原料については、個々の原料の名称を記載してください。

エ 配合肥料

配合肥料1
例2 ほう酸塩肥料を原料として使用する場合
 水溶性ほう素を保証するほう酸塩肥料又はく溶性ほう素及び水溶性ほう素を保証するほう酸塩肥料を原料とする配合肥料にあっては,申請書の「生産工程の概要」の項は下例のように記載してください。
1.水溶性ほう素を保証するほう酸塩肥料を原料として使用する場合
「ほう酸塩肥料(水溶性ほう素を保証するものに限る。)」
2.く溶性ほう素及び水溶性ほう素を保証するほう酸塩肥料を原料として使用する場合
「ほう酸塩肥料(く溶性ほう素及び水溶性ほう素を保証するものに限る。)」
例3 登録の有効期間が6年である配合肥料の場合
 配合肥料につきましては、原料・生産工程により、登録の有効期間が3年又は6年に分かれます。有効期間が6年となる条件は、「肥料取締法施行規則第7条の6第5号の規定に基づき農林水産大臣の指定する化成肥料等を指定する件」(平成13年5月10日農林水産省告示第643号)で記載されているとおりです。
 有効期間が6年となるものの生産工程の概要では、この条件を満たしていることがわかるよう、次の記載例を参考に備考欄で記載してください。このような記載がない場合は、申請したその肥料の登録の有効期間が6年であることの特定ができませんので、有効期間は3年となります。
(備考の記載例)
① 使用する化成肥料はりん安である。
② 化成肥料は輸入業者△△△(株)輸第△△△号「△△△」又はこれに類似した肥料を使用する。なお、当該化成肥料は登録の有効期間が6年のものに限る。

▲このページの先頭に戻る