このページの本文へ移動

前の項目へ 次の項目へ

肥料の種類ごとの記載例

苦土肥料

ア 副産苦土肥料

例1
例2
 副産苦土肥料につきましては、原料・生産工程により、登録の有効期間が3年又は6年に分かれます。有効期間が6年となる条件は、「肥料取締法施行規則第7条の6第5号の規定に基づき農林水産大臣の指定する化成肥料等を指定する件」(平成13年5月10日農林水産省告示第643号)で記載されているとおりです。
 有効期間が6年となるものの生産工程の概要では、この条件を満たしていることがわかるよう、次の記載例を参考に備考欄に記載してください。このような記載がない場合は、申請したその肥料の登録の有効期間が6年であることの特定ができませんので、有効期間は3年となります。
(備考の記載例)
① 粗製水酸化マグネシウム粉末を原料としている。
② マグネシアクリンカー副産物を原料としている。
③ 軽焼マグネシアを原料としている。
④ 普通鋼製鋼用転炉のドロマイトれんがさいを原料としている。
⑤ フェロニッケル鉱さい粉末を原料としている。
⑥ ドロマイトれんがを生産する際に得られるマグネシウム含有ダストを原料としている。
⑦ 使用する副産苦土肥料は、粗製水酸化マグネシウム粉末である。
⑧ 使用する副産苦土肥料は、マグネシアクリンカー副産物である。
⑨ 使用する副産苦土肥料は、軽焼マグネシアである。
⑩ 使用する副産苦土肥料は、普通鋼製鋼用転炉のドロマイトれんがさいである。
⑪ 使用する副産苦土肥料は、フェロニッケル鉱さい粉末である。
⑫ 使用する副産苦土肥料は、ドロマイトれんがを生産する際に得られるマグネシウム含有ダストである。
⑬ 使用する副産苦土肥料は△△㈱製の生第△△△号「△△△」又はこれに類似した肥料を使用する。なお、当該副産苦土肥料は、登録の有効期間が6年のものに限る。

イ 混合苦土肥料

 混合苦土肥料につきましては、原料・生産工程により、登録の有効期間が3年又は6年に分かれます。有効期間が6年となる条件は、「肥料取締法施行規則第7条の6第5号の規定に基づき農林水産大臣の指定する化成肥料等を指定する件」(平成13年5月10日農林水産省告示第643号)で記載されているとおりです。
 有効期間が6年となるものの生産工程の概要では、この条件を満たしていることがわかるよう、次の記載例を参考に備考欄に記載してください。このような記載がない場合は、申請したその肥料の登録の有効期間が6年であることの特定ができませんので、有効期間は3年となります。
(備考の記載例)
① 使用する副産苦土肥料は、粗製水酸化マグネシウム粉末である。
② 使用する副産苦土肥料は、マグネシアクリンカー副産物である。
③ 使用する副産苦土肥料は、軽焼マグネシアである。
④ 使用する副産苦土肥料は、普通鋼製鋼用転炉のドロマイトれんがさいである。
⑤ 使用する副産苦土肥料は、フェロニッケル鉱さい粉末である。
⑥ 使用する副産苦土肥料は、ドロマイトれんがを生産する際に得られるマグネシウム含有ダストである。
⑦ 使用する副産苦土肥料は△△㈱製の生第△△△号「△△△」又はこれに類似した肥料を使用する。なお、当該副産苦土肥料は、登録の有効期間が6年のものに限る。

▲このページの先頭に戻る