このページの本文へ移動

理事長就任のご挨拶

 4月1日付で理事長に就任いたしました、木内岳志です。

理事長の写真
  理事長  木内 岳志

 鹿児島生まれで、桜島の火山灰をたっぷり吸って育ちました。昭和58年に農林水産省に入省し、その後35年間、国の行政に携わってまいりました。
 前木村理事長は研究者としての活動をバックボーンとしておりましたので、良き伝統を受け継ぎつつFAMICの向上につながる新しい文化を育てるよう努力してまいります。
 私は特に、環境政策に携わった経験から、FAMICの業務においても多様性や持続性を大切にしていきたいと考えています。

 近年、農林水産業の成長産業化や農産物の輸出拡大などの政策の展開、それに加え科学技術の進化や経済のグローバル化など、我が国の農林水産業を取り巻く環境は大きく変化しており、FAMICに対する要請と期待も一層高まっています。
 このような中、FAMICは世界トップレベルの技術力を駆使すると同時に、幅広い情報をよりわかりやすく提供し、食の安全、品質や食品表示への信頼性確保に努め、消費者の皆様の期待と信頼に応えてまいります。

 令和という新たな時代を迎え、その名の由来にふさわしく多くの方により親しみやすい、これまで以上に開かれたFAMICとなるよう職員一同全力を尽くしてまいります。引き続き、ご指導ご支援を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

独立行政法人農林水産消費安全技術センター
理事長  木内 岳志

▲このページの先頭に戻る