このページの本文へ移動

農薬の安全性の監視

農薬GLP制度に基づく査察

 我が国では、農薬の登録申請時に提出される試験成績のうち、毒性、水産動植物への影響、農産物への残留性等に関わる試験成績については、GLP(Good Laboratory Practice)基準に適合した試験施設で実施しなければならない仕組み(GLP制度)を導入しています。GLP制度とは、試験成績の信頼性を確保するための試験施設に対する監査制度で、FAMICでは、農林水産省消費・安全局長の指示により試験施設の設備、機器、試験操作、記録及び保管に対する査察を行っています。

図 農薬GLPフロー

農薬の立入検査

 農薬の品質の適正化及びその安全性確保を図るためには、無登録農薬や品質不良農薬を流通させないことが重要です。
 このため、農林水産大臣の指示により、農薬の製造者、販売者、使用者に立ち入り、農薬のラベルや農薬の製造に関する帳簿等の検査を行うとともに、集取した農薬について品質、表示等の検査を行っています。

図 農薬立入検査フロー

農産物中の残留農薬の分析調査

 農林水産省が推進する農薬の適正使用に係る施策の基礎資料とするため、全国から収集した農産物中の農薬の残留状況について農林水産省と共同で分析調査を行っています。

▲ページトップへ戻る