このページの本文へ移動

独立行政法人農林水産消費安全技術センター(FAMIC)の行動理念

 私たち農林水産消費安全技術センター(FAMIC)は、

 科学的手法による検査・分析により、農場から食卓までのフードチェーンを通じた食の安全と消費者の信頼の確保に技術で貢献することを使命とします。

 このため、FAMICは、
◆食品や生産資材の検査・分析を法令に基づいて的確に実施します。
◆検査・分析で得た情報をもとに、食の安全などに関する情報を分かりやすく提供します。

 また、法令遵守を徹底し、高い使命感と倫理観を持って行動します。


行動理念の意味

食品や生産資材の検査・分析を法令に基づいて的確に実施します。

(1)生産資材や食品等に関する検査情報の共有とそれぞれの専門技術的知見を結集し、生産資材や食品の安全性、表示の適正化等のため一体的な検査を行うことにより、産地段階から消費段階のリスクの軽減と消費者の信頼の確保を図ります。

(2)検査・分析能力の向上に不断に取り組むとともに、分析の精度管理を的確に実施し、技術面で行政を支える機関として、多様な分析技術や高度な分析技術にも対応し、データの信頼性を最重視していきます。

(3)食品事故等の緊急事態に際して、迅速に検査や情報提供等を実施して被害のまん延の防止に努めます。

(4)食品、林産物、飼料の国際標準化機構(ISO)の国内審議団体として国内意見の取りまとめ等を行うとともに、農薬の登録制度の国際調和、国際残留基準や食品の国際規格の設定等について政府への技術的協力を行います。

検査・分析で得た情報をもとに、食の安全などに関する情報を分かりやすく提供します。

(1)フードチェーンの各段階や海外における食品のリスク管理に関する情報等を幅広く収集するとともに、国民の関心の高い農薬、肥料、飼料等と関連づけた食の安全に関する情報や食品の表示に関する情報等について、生産者、事業者、消費者等へ分かりやすく提供します。

(2)本部のみならず、各地の事務所でも、法令に基づく各種届出の受理や食品表示等の消費者相談を実施し、常に誠意を持って丁寧かつ迅速に対応します。

法令遵守を徹底し、高い使命感と倫理観を持って行動します。

法令、社会的規範を遵守し、倫理、良識に従って行動します。

▲このページの先頭に戻る