このページの本文へ移動

品質保証への取組

トピックス

 島津フードセーフティフォーラム 2014(会期:7月18日(金)東京,8月4日(月)大阪)において、有害物質等分析調査統括チーム長が「信頼性の高い有害化学物質分析データを提供するために」と題して講演を行いました。
 講演資料(PDF:2,800KB)

センター業務の信頼性の向上

 センターの業務は、「食の安全と消費者の信頼の確保」という国民生活に密接に関連し、農林水産行政と不可分な関係にあることから、業務の結果や内容の正確性・信頼性等の点において高い品質が求められます。

業務の品質保証

 センターの業務の信頼性を確保するため、品質マネジメントシステムの国際規格であるISO 9000シリーズの考え方を業務運営に取り入れ、定期的な内部監査、マネジメントレビュー等(の実施による品質保証活動)を行っています。
 また、センターが業務を実施する過程で発生する関係者からの苦情を積極的に受け止め、より一層の業務改善を図るため「苦情受付窓口」を設けています。

分析検査試験結果の信頼性確保

 検査等業務の実施に当たっては、ISO/IEC 17025又は優良試験所規範の考え方等により、作業手順書等の基準文書に基づく業務管理及び技術管理を推進し、必要な記録の励行と確認、外部技能試験への参加等、個別の分析業務の目的に応じた精度管理を行うことにより品質保証体制を構築しています。

〔ISO/IEC17025認定の内容〕

○試験所の名称:独立行政法人農林水産消費安全技術センター
             神戸センター試験所
○所在地:神戸市中央区港島南町一丁目3番7
○認定番号:RTL02180
○付帯条件:なし
○有効期間:2015年2月17日から2019年3月31日まで
           (初回認定2007年3月27日)
○認定範囲:M27 食品試験

図 ISO/IEC17025認定の内容1
 RTL02180

M27.A1 食品・飼料・肥料
M27.A1.15 分子生物学的試験項目
M27.A1.15.2 核酸
M27.A1.15.2.B1 規格試験
大豆及び大豆加工品の組換えDNAの定性試験


○試験所の名称:独立行政法人農林水産消費安全技術センター
             中央分析室
○所在地 :埼玉県さいたま市中央区新都心2番地1
            さいたま新都心合同庁舎検査棟
○認定番号:RTL03860
○付帯条件:なし
○有効期間:2014年1月24日から2018年1月31日まで
○認定範囲:食品・医薬品試験

図 ISO/IEC17025認定の内容2
 RTL03860

M27.A1.11.3 カビ毒
B8 LC-MS/MS法
LC-MS/MSによる小麦及び大麦中の赤かび病かび毒の定量試験

M27.A1.11.3 カビ毒
B9 GC法/GC-MS法
GC-MSによる小麦中のトリコテセン系かび毒の定量試験


▲このページの先頭に戻る