このページの本文へ移動

不適正な経理処理事案を受けた適正経理処理推進のための再発防止強化策等について

 独立行政法人農林水産消費安全技術センターでは、平成26年度の会計実地検査において確認された不適正な経理処理について、公正かつ中立の立場で客観的な検証、再発防止強化策に係る提言を得るため、外部専門家(弁護士、公認会計士等)からなる適正経理処理推進委員会を設置して検討を進めてきました。

 この委員会の報告を踏まえて、法人としての対応について取りまとめ公表します。

 今後は、これまでに講じてきた対応に加え、速やかに再発防止強化策を実施します。