このページの本文へ移動

障害を理由とする差別の解消の推進に関する取組

 平成28年4月1日より施行される「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(平成25年法律第65号)」に基づき、独立行政法人農林水産消費安全技術センターが事務又は事業を行うに当たり、障害を理由とする差別を解消するために役職員が遵守すべき事項を定めた「障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(平成28年1月19日付け27消技第1849号、平成28年4月1日施行)」を制定しました。

▲このページのTOPに戻る