このページの本文へ移動

JAS規格の制定・見直し

 JAS規格の制定にあたっては、官民連携のプロジェクトチームにおいて、規格調査及び原案作成を行います。

 既に制定されたJAS規格についてはその制定又は確認若しくは改正の日から5年以内に見直しを行います。制定・見直しの際には、農林物資の品質若しくは生産、販売その他の取扱い又は当該農林物資に関する取引の現況や将来の見通しに加え、国際的な規格(コーデックス規格等)の 動向の調査(以下「規格調査」という。)の結果も考慮し検討します。

日本農林規格(JAS規格)の制定等に関する手続きの進捗状況に関する情報へのリンク(農林水産省ホームページ)

 作成された原案については、農林水産省によりパブリックコメントの募集、WTO(世界貿易機構)への通報が行われ、広範な意見を踏まえた上で、JAS調査会で議決されます。さらに、JAS調査会は公開とし、その議事録は農林水産省のホームページ上でも掲載されます。

JAS調査会に関する会議一覧へのリンク(農林水産省ホームページ)

日本農林規格の制定並びに確認、改正及び廃止にかかる原案検討会

JAS規格に定める測定方法の妥当性確認試験

JAS規格の見直しの流れ

図 JAS規格見直しの流れ

▲このページの先頭に戻る