このページの本文へ移動

JAS規格制度とは

 JAS規格制度は、「農林物資の規格化等に関する法律(昭和25年法律第175号)(JAS法)」に基づき、農林物資の規格を制定・普及させることによって、(1)品質の改善、(2)生産の合理化、(3)取引の単純公正化、(4)使用又は消費の合理化を図るため、農林水産大臣が制定した日本農林規格(JAS規格)による検査に合格した製品にJASマークの貼付を認める任意の制度であり、農林物資の生産及び流通の円滑化、消費者の需要に即した農業生産等の振興並びに消費者の利益の保護に寄与することを目的としています。

▲ページトップへ戻る