このページの本文へ移動

JAS規格制度とは

 JAS規格制度は、「日本農林規格等に関する法律(昭和25年法律第175号)(JAS法)」(PDF)に基づき、(1)品質の改善、(2)生産、販売その他の取扱いの合理化及び高度化、(3)取引の円滑化及び一般消費者の合理的な選択の機会の拡大を図るため、農林水産大臣が制定した日本農林規格(JAS規格)について、適切な認証及び試験等を実施する任意の制度であり、農林水産業及びその関連産業の健全な発展と一般消費者の利益の保護に寄与することを目的としています。

▲ページトップへ戻る