このページの本文へ移動

調査分析技術の情報

「遺伝子組換え食品検査・分析マニュアル」

  • 「遺伝子組換え食品検査・分析マニュアル」<改訂第3版>(PDF:668KB)
  • 本マニュアルは2001年(平成13年)に遺伝子組換え表示制度の開始に伴い、JAS分析試験ハンドブックとして制定されました。
    遺伝子組換えに関する表示が食品表示法に基づく表示に統一されたことから、現在は、食品表示基準について(平成27年3月30日消食表第139号 消費者庁次長通知)の別添 「安全性審査済みの遺伝子組換え食品の検査方法について」に示された方法による検査が実施されていますが、本マニュアルを引用する分析法もあるので引き続き掲載しています。

▲このページのTOPに戻る