このページの本文へ移動

調査分析技術の情報

JAS分析試験ハンドブック(GMOの検査)

 JAS分析試験ハンドブック(GMOの検査)
 大豆・とうもろこし等の遺伝子組換え農産物とその加工品については、JAS法及び食品衛生法に基づく表示が必要です。
 それらの表示については、分別生産流通管理に基づいて行われますが、それが正しいかどうかの目安として、当センターにおいて遺伝子組換え食品の表示の遵守点検を行っています。このマニュアル書は、その検査分析方法の標準化のために作成したものです。

品質表示の確認に係る分析法

 品質表示の確認に係る分析法
 表示内容の真正性の確認を行うための鑑定業務のほか、社会的に要請の高い事項についての特別調査を実施しています。
 これらの検査・鑑定に使用するマニュアル書は、当センターの調査研究成果として得られた技術及び他試験研究機関等から許可を得て使用している技術を基に作成しています。

調査研究報告

 調査研究報告
 レギュラトリーサイエンスを推進していく中で、農林水産物等の品質及び表示の適正化に関する調査研究については、重点的に、食品表示の科学的検査のため、監視業務への活用が可能な分析技術の開発・改良に関する課題を行っています。

JAS規格に定める測定方法の妥当性確認試験

 JAS規格に定める測定方法の妥当性確認試験
 JAS規格に定める測定方法について、共同試験による妥当性確認試験を実施した試験結果等について掲載しています。

有害化学物質の分析法

 有害化学物質の分析法
 食品等のかび毒等の有害微量物質の分析を行っています。
 当センターで使用しているこれらの分析法について掲載します。

▲このページのTOPに戻る