このページの本文へ移動

飼料として使用する籾米への農薬の使用について

平成21年 4月20日 21消安第 658号・21生畜第 223号
消費・安全局 農産安全管理課長
畜水産安全管理課長
生産局 農業生産支援課長
畜産部畜産振興課長
改正  平成22年 9月 7日 22消安第5109号・22生畜第1165号             
平成23年11月17日 23消安第4124号・23生畜第1825号             
平成24年12月17日 24消安第4222号・24生畜第1700号             
平成25年 7月 1日 25消安第1579号・25生畜第 490号             
平成25年10月30日 25消安第3576号・25生産第2254号・25生畜第1320号
平成28年 8月 8日 28消安第2005号・28生畜第 591号・28政統第 678号
 飼料として使用する籾米への農薬の使用について
 近年、生産及び利用が拡大している飼料用米については、籾すりをせずに籾米のまま家畜に給与する取組が普及していますが、籾は、散布された農薬が直接付着する部位であることから、籾米は、玄米に比べ、農薬の残留量が多いことが確認されています。
 このため、農林水産省では、籾米を給与した家畜から生産した畜産物の安全確保を図るため 、「飼料の有害物質の指導基準の制定について 」(昭和63年10月14日付け63畜B第2050号農林水産省畜産局長通知)を改正し、出穂以降、飼料用米に使用される農薬の成分については、飼料となる籾米の有害物質の管理の対象となる基準値( 以下「籾米の基準値」という 。)を順次定めているところです。
 一方、下記の3に掲げる農薬の成分(籾米の基準値が定められている又は籾米に残留しない農薬の成分)以外については、籾米を給与した家畜から生産した畜産物の安全性が確認されていないことから、下記1及び2のとおり有害物質の低減対策を行うこととしましたので、貴職から、貴局管内の各都道府県及び関係機関に通知していただくとともに、農家等の関係者に対し周知、指導の徹底をお願いします。
 なお、農林水産省において作成している「多収品種の栽培マニュアル」においても当該対策について記載していますので、御留意の上、指導等に御活用ください。
 また、本通知については、今後、籾米の基準値が新たに定められた場合には、適宜見直すこととしています。
1.飼料用米について、出穂以降(ほ場において出穂した個体が初めて確認される時点以降をいう。以下同じ。)に農薬の散布を行う場合には、家畜へは籾すりをして玄米で給与すること。
2.籾米を家畜に給与する場合は、出穂以降の農薬の散布は控えること。
3.ただし、以下の農薬の成分については、上記1及び2の低減対策を要しない。
ACN(キノクラミン)、BPMC(フェノブカルブ)、PAP(フェントエート)、アジムスルフロン、アゾキシストロビン、イソチアニル、イソプロチオラン、エチプロール、オキソリニック酸、オリサストロビン、カルフェントラゾンエチル、クロチアニジン、クロマフェノジド、ジノテフラン、シハロホップブチル、シメコナゾール、シラフルオフェン、チアメトキサム、チオファネートメチル、ニテンピラム、ヒドロキシイソキサゾール、ピロキロン、フェリムゾン、ブプロフェジン、フラメトピル、フルセトスルフロン、フルトラニル、プロベナゾール、ペノキススラム、マラソン(マラチオン)、メトキシフェノジド、メトミノストロビン及びメプロニル
 なお、これらの農薬の成分を含む農薬の種類は別紙のとおりです。ただし、農薬取締法(昭和23年法律第82号)第2条第1項の規定に基づく農薬の登録がされ、かつ、農薬の種類が上記の農薬の成分の組合せであれば、別紙の限りでありません。
[別紙]
○殺虫剤
BPMC乳剤
BPMC粉剤
BPMC・PAP粉剤
PAP乳剤
PAP粉剤
エチプロール水和剤
エチプロール粉剤
エチプロール粉粒剤
エチプロール粒剤
エチプロール・シラフルオフェン水和剤
エチプロール・シラフルオフェン粉剤
クロチアニジン水溶剤
クロチアニジン水和剤
クロチアニジン粉剤
クロチアニジン粒剤
クロマフェノジド水和剤
クロマフェノジド・シラフルオフェン粉剤
ジノテフラン液剤
ジノテフラン剤
ジノテフラン水溶剤
ジノテフラン粉剤
ジノテフラン粒剤
ジノテフラン・ブプロフェジン水和剤
シラフルオフェン乳剤
シラフルオフェン粉剤
チアメトキサム水和剤
ニテンピラム水溶剤
ニテンピラム粉剤
ニテンピラム粒剤
ブプロフェジン水和剤
ブプロフェジン粉剤
ブプロフェジン粒剤
ブプロフェジン・BPMC粉剤
マラソン乳剤
マラソン粉剤
マラソン・BPMC乳剤
マラソン・BPMC粉剤
メトキシフェノジド水和剤
メトキシフェノジド粉剤
○殺菌剤
アゾキシストロビン水和剤
アゾキシストロビン粉剤
アゾキシストロビン粉粒剤
イソチアニル粒剤
イソプロチオラン水和剤
イソプロチオラン乳剤
イソプロチオラン粉剤
イソプロチオラン粉粒剤
イソプロチオラン粒剤
イソプロチオラン・ピロキロン粒剤
イロプロチオラン・フルトラニル粒剤
オキソリニック酸水和剤
オキソリニック酸粉剤
オリサストロビン粒剤
シメコナゾール粒剤
シメコナゾール・メトミノストロビン粒剤
チオファネートメチル水和剤
チオファネートメチル粉剤
ヒドロキシイソキサゾール液剤
フェリムゾン水和剤
フラメトピル粒剤
フラメトピル・プロベナゾール粒剤
フラメトピル・メトミノストロビン粒剤
フルトラニル水和剤
フルトラニル乳剤
フルトラニル粉剤
フルトラニル粒剤
プロベナゾール粉粒剤
プロベナゾール粒剤
メトミノストロビン剤
メトミノストロビン粒剤
メプロニル水和剤
メプロニル粉剤
○殺虫殺菌剤
エチプロール・イソプロチオラン粒剤
エチプロール・オリサストロビン粒剤
エチプロール・メトミノストロビン粒剤
エチプロール・メトミノストロビン剤
クロチアニジン・フラメトピル粒剤
ジノテフラン・チオファネートメチル水和剤
ジノテフラン・チオファネートメチル粉剤
ジノテフラン・ブプロフェジン・フルトラニル粉剤
ジノテフラン・フラメトピル粒剤
ジノテフラン・メトミノストロビン粒剤
チアメトキサム・アゾキシストロビン水和剤
ブプロフェジン・BPMC・イソプロチオラン粉剤
ブプロフェジン・BPMC・フルトラニル粉剤
ブプロフェジン・イソプロチオラン・フラメトピル粒剤
ブプロフェジン・フルトラニル水和剤
ブプロフェジン・フルトラニル粒剤
○除草剤
ACN剤
ACN粒剤
アジムスルフロン・カルフェントラゾンエチル・フルセトスルフロン粒剤
アジムスルフロン・シハロホップブチル粒剤
カルフェントラゾンエチル・フルセトスルフロン粒剤
シハロホップブチル乳剤
シハロホップブチル粒剤
フルセトスルフロン水和剤
フルセトスルフロン粒剤
ペノキススラム水和剤

▲このページの先頭に戻る