このページの本文へ移動

飼料の有害物質の指導基準及び管理基準について

63畜B第2050号 
昭和63年10月14日 

農林水産省畜産局長 

改 正 平成 3年 8月 5日  3畜B第 1631号
平成 4年12月 4日  4畜B第 2498号
平成 6年12月13日  6畜B第 1855号
平成 8年 2月 5日  8畜B第   90号
平成10年 2月12日 10畜B第   99号
平成11年 2月16日 11畜B第  188号
平成18年 5月29日 18消安第 2323号
平成20年 1月31日 19消安第12604号
平成20年 4月 1日 19消安第14729号
平成21年 1月29日 20消安第10846号
平成22年 9月 8日 22消安第 5163号
平成23年 1月14日 22消安第 7823号
平成23年11月17日 23消安第 4126号
平成24年 4月 9日 23消安第 6529号
平成24年12月17日 24消安第 4304号
平成25年10月30日 25消安第 3421号
平成26年 1月20日 25消安第 4777号
平成27年 6月25日 27消安第 1935号
平成28年 3月23日 27消安第 6092号
平成28年 8月 8日 28消安第 2006号
平成28年12月22日 28消安第 3615号

 飼料の安全性の確保及び品質の改善に関する法律(昭和28年法律第35号。以下「法」という。)第23条においては、有害な物質を含む飼料等の使用が原因となって、有害畜産物が生産され、又は家畜等に被害が生ずることにより畜産物の生産が阻害されることを防止するため、有害な物質を含む飼料等の製造、輸入、販売又は使用の禁止が定められています。
 同条第1号に掲げる有害な物質を含み、又はその疑いがある飼料に該当するかどうかを判断するための基準について、下記のとおり定めていますので、貴会傘下の会員(組合員)に対する工程管理の周知徹底につき御協力をお願いします。


1 別紙1の指導基準を超えた飼料については、法第23条第1号に掲げる有害な物質を含み、又はその疑いがある飼料に該当する飼料に該当する。

2 別紙2の管理基準を超えた飼料については、直ちに法第23条第1号に掲げる飼料に該当しないが、農林水産省消費・安全局畜水産安全管理課(以下「農林水産省」という。)が、飼料から畜産物への移行性や家畜等への影響の状況等を総合的に勘案した上で法第23条第1号に掲げる飼料に該当するか判断する。

3 事業者による工程管理の自主検査等により指導基準又は管理基準を超えた飼料が確認された場合には、事業者は、農林水産省に速やかに報告すること。

4 指導基準又は管理基準を超えた場合には、飼料の製造等の工程管理が適切に実施されていなかった可能性があることから、事業者は、関係者と協力して原因究明を行い、同様の事例が再発することのないよう努めること。

5 本基準に係る分析法は、「飼料分析基準」(平成20年4月1日付け19消安第14729号)によるものとすること。

別 紙 1
指導基準
単位:mg/kg
種類 有害物質名 対象となる飼料 基準
かび毒 アフラトキシンB 配合飼料(乳用牛用)0.01
 
 
別 紙 2
管理基準
単位:mg/kg
種類 有害物質名 対象となる飼料 基準
農薬 2,4-D 稲わら1
MCPA 稲わら2
アゾキシストロビン 稲わら5
 稲発酵粗飼料1
 籾米2
イソチアニル 稲わら2
 稲発酵粗飼料0.7
 籾米0.3
イソプロカルブ 稲わら1
 稲発酵粗飼料0.1
イソプロチオラン 稲わら40
 稲発酵粗飼料20
 籾米15
イプロベンホス 稲わら15
イミダクロプリド 稲わら10
 稲発酵粗飼料3
エチプロール 稲わら3
 籾米1
エディフェンホス 稲わら10
 稲発酵粗飼料1
エトフェンプロックス 稲わら30
 稲発酵粗飼料10
オキサジクロメホン 稲わら0.3
 稲発酵粗飼料0.1
オキソリニック酸 稲わら10
 稲発酵粗飼料0.1
 籾米3
オリサストロビン 稲わら5
 稲発酵粗飼料0.7
 籾米1
カルプロパミド 稲わら3
 稲発酵粗飼料0.7
カルベンダジム、チオファネート、チオファネートメチル及びベノミル 稲わら0.3
 稲発酵粗飼料0.1
 籾米10
カルボスルファン 稲わら0.7
 稲発酵粗飼料1
キノクラミン 稲わら0.3
 稲発酵粗飼料0.1
 籾米0.05
クミルロン 稲わら2
グリホサート 稲わら0.2
 稲発酵粗飼料0.2
グルホシネート 稲わら0.5
 稲発酵粗飼料0.1
クロチアニジン 稲わら10
 稲発酵粗飼料1
 籾米5
クロマフェノジド 稲わら5
 籾米3
クロラントラニリプロール 稲わら0.1
 稲発酵粗飼料0.05
クロロタロニル 稲わら0.2
 稲発酵粗飼料0.1
ジクワット 稲わら0.05
 稲発酵粗飼料0.05
ジノテフラン 稲わら10
 稲発酵粗飼料5
 籾米15
シハロホップブチル 稲わら2
 稲発酵粗飼料0.1
 籾米2
シメコナゾール 稲わら3
 籾米0.3
ジメタメトリン 稲わら0.2
 稲発酵粗飼料0.1
シラフルオフェン 稲わら20
 籾米15
スピノサド 稲わら0.5
 稲発酵粗飼料0.2
ダイアジノン 稲わら2
 稲発酵粗飼料1
ダイムロン 稲わら0.7
 稲発酵粗飼料0.2
チアクロプリド 稲わら0.5
 稲発酵粗飼料0.2
チアメトキサム 稲わら0.2
 稲発酵粗飼料0.1
 籾米3
チウラム 稲わら0.04
 稲発酵粗飼料0.02
テブフェノジド 稲わら20
 稲発酵粗飼料10
トリクロルホン 稲わら2
 籾米2
ニテンピラム 稲わら2
 稲発酵粗飼料1
 籾米1
パクロブトラゾール 稲わら0.7
パラコート 稲わら0.3
 稲発酵粗飼料0.05
ハロスルフロンメチル 稲わら0.2
 稲発酵粗飼料0.1
ヒドロキシイソキサゾール 稲わら1
 稲発酵粗飼料0.1
 籾米0.5
ピメトロジン 稲わら1
ピリミノバックメチル 稲わら0.2
 稲発酵粗飼料0.2
ピロキロン 稲わら3
 稲発酵粗飼料0.5
 籾米0.3
フィプロニル 稲わら0.2
 稲発酵粗飼料0.1
フェノキサニル 稲わら30
 稲発酵粗飼料3
フェノブカルブ 稲わら5
 稲発酵粗飼料5
 籾米3
フェリムゾン 稲わら20
 籾米5
フェンチオン 稲わら2
 稲発酵粗飼料0.1
フェントエート 稲わら2
 稲発酵粗飼料1
 籾米0.7
フサライド 稲わら130
 稲発酵粗飼料30
ブプロフェジン 稲わら25
 稲発酵粗飼料15
 籾米10
フラメトピル 稲わら3
 稲発酵粗飼料0.5
 籾米0.5
フルジオキソニル 稲わら0.05
 稲発酵粗飼料0.1
フルトラニル 稲わら20
 稲発酵粗飼料5
 籾米5
プロクロラズ 稲わら0.2
 稲発酵粗飼料0.1
プロヘキサジオンカルシウム塩 稲わら0.2
プロベナゾール 稲わら3
 稲発酵粗飼料0.7
 籾米0.3
ブロモブチド 稲わら2
 稲発酵粗飼料0.5
ペノキススラム 稲わら0.2
 稲発酵粗飼料0.1
 籾米0.1
ベンスルフロンメチル 稲わら0.1
 稲発酵粗飼料0.05
ベンゾフェナップ 稲わら0.7
ベンタゾン 稲わら0.3
 稲発酵粗飼料0.1
ベンチオカーブ 稲わら0.1
 稲発酵粗飼料0.1
ペンディメタリン 稲わら0.02
ベンフレセート 稲わら0.3
 稲発酵粗飼料0.2
マラチオン 稲わら0.2
 籾米2
メタラキシル 稲わら0.5
 稲発酵粗飼料0.2
メトキシフェノジド 稲わら5
 稲発酵粗飼料2
 籾米2
メトミノストロビン 稲わら5
 籾米2
メプロニル 稲わら25
 稲発酵粗飼料10
 籾米7
モリネート 稲わら0.3
 稲発酵粗飼料0.1
重金属等カドミウム 配合飼料、乾牧草等1
 魚粉、肉粉及び肉骨粉3
水銀 配合飼料、乾牧草等0.4
 魚粉、肉粉及び肉骨粉1
 配合飼料、乾牧草等3
 魚粉、肉粉及び肉骨粉7
ひ素 配合飼料、乾牧草等(稲わらを除く。)2
 稲わら7
 魚粉15
 肉粉及び肉骨粉7
かび毒アフラトキシンB 配合飼料(牛用(ほ乳期子牛用及び乳用牛用を除く。)、豚用(ほ乳期子豚用を除く。)、鶏用(幼すう用及びブロイラー前期用を除く。)及びうずら用)及びとうもろこし0.02
 配合飼料(ほ乳期子牛用、ほ乳期子豚用、幼すう用及びブロイラー前期用)0.01
ゼアラレノン 家畜に給与される飼料1
デオキシニバレノール 生後3か月以上の牛に給与される飼料4
 家畜等(生後3か月以上の牛を除く。)に給与される飼料1
その他メラミン 尿素を除く飼料(飼料原料を含む。)2.5

注:1  基準の対象となる配合飼料には、混合飼料(飼料を製造するための原料又は材料を除く。)を含み、養殖水産動物用飼料は含まない。
  2  「乾牧草等」は、乾牧草、ヘイキューブ、稲わら、綿実及びビートパルプを指す。
  3  「肉骨粉」には、家きん処理副産物を含む。
  4  基準の対象となる稲わら又は稲発酵粗飼料は、飼料及び飼料添加物の成分規格等に関する省令(昭和51年農林省令第35号)の別表第1の1の(1)のセに定める牧草の基準値の対象に含まない。
  5  基準の対象となるとうもろこしは、外皮、ひげ及びしんを除いた種子を指す。
  
  ※ トウモロコシの管理基準はH27年12月25日から施行

▲このページの先頭に戻る