このページの本文へ移動

肥料取締法施行規則第七条の六第五号の規定に基づき農林水産大臣の指定する化成肥料等を指定する件

   平成13年 5月10日 農林水産省告示第 643号 施行 平成13年 6月10日
改正 平成16年 4月23日 農林水産省告示第 975号 施行 平成16年 5月25日
   平成20年 2月29日 農林水産省告示第 321号 施行 平成20年 4月 1日
   平成24年 8月 8日 農林水産省告示第1988号 施行 平成24年 9月 7日
   平成28年12月19日 農林水産省告示第2533号 施行 平成29年 1月18日

 肥料取締法施行規則(以下「規則」という。)第七条の六第一号の農林水産大臣が指定する被覆窒素肥料は、同号に掲げる窒素質肥料を硫黄その他の被覆原料で被覆したものとする。
 規則第七条の六第一号の農林水産大臣が指定する混合窒素肥料は、同号に掲げる窒素質肥料に、同号に掲げる窒素質肥料、同条第八号に掲げる苦土肥料、同条第九号に掲げるマンガン質肥料、同条第十号に掲げるほう素質肥料又は同条第十一号に掲げる微量要素複合肥料を混合したものとする。
 規則第七条の六第二号の農林水産大臣が指定する被覆りん酸肥料は、同号に掲げるりん酸質肥料を硫黄その他の被覆原料で被覆したものとする。
 規則第七条の六第二号の農林水産大臣が指定する加工りん酸肥料は、同号に掲げるりん酸質肥料又は熔(よう)成微量要素複合肥料、りん酸含有物(りん鉱石又はこれに化学的操作を加えたものに限る。)、塩基性のカルシウム、マグネシウム若しくはマンガン含有物、鉱さい若しくはほう酸塩に、硫酸、りん酸又は塩酸を加えたものとする。
 規則第七条の六第二号の農林水産大臣が指定する混合りん酸肥料は、同号に掲げるりん酸質肥料に、同号に掲げるりん酸質肥料、同条第六号に掲げる石灰質肥料、同条第七号に掲げるけい酸質肥料、同条第八号に掲げる苦土肥料、同条第九号に掲げるマンガン質肥料、同条第十号に掲げるほう素質肥料又は同条第十一号に掲げる微量要素複合肥料を混合したものとする。
 規則第七条の六第三号の農林水産大臣が指定する被覆加里肥料は、加里質肥料を硫黄その他の被覆原料で被覆したもののうち、肥料取締法(昭和二十五年法律第百二十七号)第六条第一項第六号に規定する植物に対する害に関する栽培試験(以下「植害試験」という。)の成績の提出が不要であるものとする。
 規則第七条の六第三号の農林水産大臣が指定する混合加里肥料は、加里質肥料に、加里質肥料、石灰質肥料、けい酸質肥料、苦土肥料、マンガン質肥料、ほう素質肥料又は微量要素複合肥料を混合したもののうち、植害試験の成績の提出が不要であるものとする。
 規則第七条の六第四号の農林水産大臣が指定する混合有機質肥料は、次の各号のいずれかに該当するものとする。
一 規則第七条の六第四号に掲げる有機質肥料に、同号に掲げる有機質肥料又は米ぬか、発酵米ぬか、乾燥藻及びその粉末、よもぎかす若しくは動物の排せつ物(鶏ふんの炭化物に限る。)を混合したもの
二 前号に掲げる混合有機質肥料の原料となる肥料に、血液又は豆腐かすを混合し、乾燥したもの
 規則第七条の六第五号の農林水産大臣が指定する化成肥料は、次の各号のいずれかに該当するものとする。
一 規則第七条の六各号に掲げる窒素質肥料、りん酸質肥料、加里質肥料、有機質肥料、複合肥料、石灰質肥料、けい酸質肥料(シリカゲル肥料に限る。)、苦土肥料、マンガン質肥料、ほう素質肥料又は微量要素複合肥料のいずれか二以上を配合し、造粒又は成形したもの
二 前号に掲げる化成肥料の原料となる肥料に、米ぬか、発酵米ぬか、乾燥藻及びその粉末、発酵乾ぷん肥料、よもぎかす、骨灰、動物の排せつ物(鶏ふんの炭化物に限る。)又は動物の排せつ物の燃焼灰(鶏ふん燃焼灰又は牛の排せつ物と鶏ふんとの混合物の燃焼灰に限る。)のいずれか一以上を配合し、造粒又は成形したもの
三 肥料(熔成汚泥灰けい酸りん肥、熔成汚泥灰複合肥料、混合汚泥複合肥料及び規則第一条の二各号に掲げる普通肥料を除く。)又は肥料原料(汚泥及び魚介類の臓器を除く。)を使用し、これに化学的操作を加えた単一の化合物
四 りん酸又はりん鉱石を硝酸若しくは硫酸で分解したものに、アンモニア又は硫酸を加え、これに第一号に掲げる化成肥料若しくはその原料となる肥料、前号に掲げる化成肥料又は塩基性のマグネシウム含有物を加えたもの
五 第三号又は前号に掲げる化成肥料を配合し、造粒又は成形したもの
六 第一号又は第二号に掲げる化成肥料又はその原料となる肥料若しくはその原料となる肥料を配合したものに、第三号若しくは第四号に掲げる化成肥料、その化成肥料を配合したもの又は前号に掲げる化成肥料を配合し、造粒又は成形したもの
10 規則第七条の六第五号の農林水産大臣が指定する成形複合肥料は、同条第一号に掲げる窒素質肥料、同条第二号に掲げるりん酸質肥料、同条第三号に掲げる加里質肥料、同条第四号に掲げる有機質肥料、同条第五号に掲げる複合肥料、同条第八号に掲げる苦土肥料、同条第九号に掲げるマンガン質肥料、同条第十号に掲げるほう素質肥料又は同条第十一号に掲げる微量要素複合肥料に、木質泥炭、紙パルプ廃繊維、草炭質腐植、流紋岩質凝灰岩粉末又はベントナイトのいずれか一を混合し、造粒又は成形したものとする。
11 規則第七条の六第五号の農林水産大臣が指定する被覆複合肥料は、同号に掲げる化成肥料を硫黄その他の被覆原料で被覆したものとする。
12 規則第七条の六第五号の農林水産大臣が指定する配合肥料は、次の各号のいずれかに該当するものとする。
一 規則第七条の六各号に掲げる窒素質肥料、りん酸質肥料、加里質肥料、有機質肥料、複合肥料、石灰質肥料、けい酸質肥料(シリカゲル肥料に限る。)、苦土肥料、マンガン質肥料、ほう素質肥料又は微量要素複合肥料のいずれか二以上を配合したもの
二 前号に掲げる配合肥料の原料となる肥料に、米ぬか、発酵米ぬか、乾燥藻及びその粉末、発酵乾ぷん肥料、グアノ(りん酸のく溶率五十パーセント以上のもので造粒又は成形しないものに限る。)、よもぎかす、骨灰、動物の排せつ物(鶏ふんの炭化物に限る。)又は動物の排せつ物の燃焼灰(鶏ふん燃焼灰又は牛の排せつ物と鶏ふんとの混合物の燃焼灰に限る。)のいずれか一以上を配合したもの
三 第九項各号に掲げる化成肥料を配合したもの
13 規則第七条の六第六号の農林水産大臣が指定する混合石灰肥料は、石灰質肥料に、石灰質肥料、苦土肥料、ほう素質肥料又は微量要素複合肥料を混合したもののうち、植害試験の成績の提出が不要であるものとする。
14 規則第七条の六第八号の農林水産大臣が指定する被覆苦土肥料は、苦土肥料を硫黄その他の被覆原料で被覆したもののうち、植害試験の成績の提出が不要であるものとする。
15 規則第七条の六第八号の農林水産大臣が指定する副産苦土肥料は、食品工業、パルプ工業、化学工業、窯業、鉄鋼業又は非鉄金属製造業において副産されたもののうち、植害試験の成績の提出が不要であるものとする。
16 規則第七条の六第八号の農林水産大臣が指定する混合苦土肥料は、苦土肥料を二以上混合したもののうち、植害試験の成績の提出が不要であるものとする。
17 規則第七条の六第九号の農林水産大臣が指定する混合マンガン肥料は、マンガン質肥料にマンガン質肥料又は苦土肥料を混合したもののうち、植害試験の成績の提出が不要であるものとする。
18 規則第七条の六第十一号の農林水産大臣が指定する混合微量要素肥料は、マンガン質肥料、ほう素質肥料、微量要素複合肥料又は苦土肥料を混合したもののうち、植害試験の成績の提出が不要であるものとする。

▲このページの先頭に戻る