このページの本文へ移動

肥料取締法施行規則第十一条第四項ただし書の規定に基づき指定配合肥料の保証の方法の特例を定める件

(注:表題では施行規則第十一条第四項ただし書となっているが、現施行規則では第十一条第八項ただし書に該当している。)

昭和59年 3月16日 農林水産省告示第 699号 施行 昭和59年 4月 1日
改正 平成元年 6月27日 農林水産省告示第 827号 施行 平成元年 7月10日
   平成 2年12月 5日 農林水産省告示第1534号 施行 平成 3年 1月 5日
   平成 4年12月 7日 農林水産省告示第1271号 施行 平成 5年 1月 7日
   平成 7年12月12日 農林水産省告示第1986号 施行 平成 8年 1月12日
   平成12年 3月10日 農林水産省告示第 369号 施行 平成12年 4月 1日

一 原料として使用した普通肥料においてアンモニア性窒素及び硝酸性窒素が保証され、かつ、窒素全量が保証されない指定配合肥料の窒素の主成分の保証については、肥料取締法施行規則(昭和25年農林省令第64号。以下「規則」という。)第十一条第八項各号の規定によりアンモニア性窒素及び硝酸性窒素を保証し、かつ、次の(一)及び(二)により求めた値を合算した値の百分の八十以上(合算した値が五未満の値の場合には百分の五十以上。以下同じ。)で、かつ、合算した値を超えない範囲内の数値で同項第三号及び第四号の規定により窒素全量を保証するものとする。
(一)原料として使用した普通肥料のうちアンモニア性窒素を保証したものごとに当該主成分の保証成分量に当該肥料の配合割合を乗じて得た値を合算する。
(二)原料として使用した普通肥料のうち硝酸性窒素を保証したものごとに当該主成分の保証成分量に当該肥料の配合割合を乗じて得た値を合算する。
二 原料として使用した普通肥料において別表の区分ごとの上欄に掲げる主成分及び下欄に掲げる主成分が保証された指定配合肥料の上欄に掲げる主成分の保証については、次の(一)及び(二)により求めた値を合算した値の百分の八十以上で、かつ、合算した値を超えない範囲内の数値で規則第十一条第八項第三号及び第四号の規定により保証するものとする。ただし、原料として使用した普通肥料においてく溶性りん酸及び可溶性りん酸が保証された指定配合肥料並びに原料として使用した普通肥料において保証された可溶性りん酸又は水溶性りん酸の非水溶化が生じた指定配合肥料(原料として使用した普通肥料において保証されたりん酸の主成分がく溶性りん酸及び水溶性りん酸又はりん酸全量、く溶性りん酸及び水溶性りん酸に限られるもの並びに原料として使用した普通肥料において可溶性りん酸及び水溶性りん酸が保証され、かつ、可溶性りん酸の非水溶化が生じないものを除く。)のく溶性りん酸又は可溶性りん酸の保証についてはこの限りでない。
(一)原料として使用した普通肥料のうち上欄に掲げる主成分を保証したものごとに当該主成分の保証成分量に当該肥料の配合割合を乗じて得た値を合算する。
(二)原料として使用した普通肥料(上欄に掲げる主成分を保証したものを除く。)のうち下欄に掲げる主成分を保証したものごとに下欄に掲げる主成分(1の区分の下欄に掲げる二種類の主成分を保証したものにあつてはそれぞれの主成分、2,5,7又は9の区分の下欄に掲げる二種類の主成分を保証したものにあつては二種類の主成分のうち保証成分量の大きい主成分)の保証成分量に当該肥料の配合割合を乗じて得た値を合算する。
三 原料として使用した普通肥料においてく溶性りん酸及び可溶性りん酸が保証された指定配合肥料のく溶性りん酸及び可溶性りん酸の保証については、く溶性りん酸を次の(一)、(二)及び(三)により求めた値を合算した値の百分の八十以上で、かつ、合算した値を超えない範囲内の数値で規則第十一条第八項第三号及び第四号の規定により保証するものとし、可溶性りん酸を保証しないものとする。
(一)原料として使用した普通肥料のうちく溶性りん酸を保証したものごとに当該く溶性りん酸の保証成分量に当該肥料の配合割合を乗じて得た値を合算する。
(二)原料として使用した普通肥料のうち可溶性りん酸を保証したものごとに当該可溶性りん酸の保証成分量に当該肥料の配合割合を乗じて得た値を合算する。
(三)原料として使用した普通肥料のうち水溶性りん酸を保証し、く溶性りん酸及び可溶性りん酸のいずれも保証しないものごとに当該水溶性りん酸の保証成分量に当該肥料の配合割合を乗じて得た値を合算する。
四 原料として使用した普通肥料において保証された可溶性りん酸又は水溶性りん酸の非水溶化が生じた指定配合肥料(く溶性りん酸を保証した普通肥料を原料として使用したもの並びに原料として使用した普通肥料において可溶性りん酸及び水溶性りん酸が保証され、かつ、可溶性りん酸の非水溶化が生じないものを除く。)の原料として使用した普通肥料において保証された可溶性りん酸又は水溶性りん酸の当該指定配合肥料における保証については、次の(一)及び(二)により求めた値を合算した値の百分の八十以上で、かつ、合算した値を超えない範囲内の数値で規則第十一条第八項第三号及び第四号の規定によりく溶性りん酸として保証するものとする。
(一)原料として使用した普通肥料のうち可溶性りん酸を保証したものごとに当該可溶性りん酸の保証成分量に当該肥料の配合割合を乗じて得た値を合算する。
(二)原料として使用した普通肥料のうち水溶性りん酸を保証し、可溶性りん酸を保証しないものごとに当該水溶性りん酸の保証成分量に当該肥料の配合割合を乗じて得た値を合算する。
五 原料として使用した普通肥料において保証された水溶性りん酸の非水溶化が生じた指定配合肥料の水溶性りん酸の保証については、当該指定配合肥料が含有する水溶性りん酸の量の百分の八十以上で、かつ、含有する水溶性りん酸の量を超えない範囲内の数値で規則第十一条第八項第三号及び第四号の規定により保証するものとする。
六 原料として使用した普通肥料において保証された水溶性加里の非水溶化が生じた指定配合肥料(く溶性加里を保証した普通肥料を原料として使用したものを除く。)の原料として使用した普通肥料において保証された水溶性加里の当該指定配合肥料における保証については、当該水溶性加里の保証成分量に当該肥料の配合割合を乗じて得た値を合算した値の百分の八十以上で、かつ、合算した値を超えない範囲内の数値で規則第十一条第八項第三号及び第四号の規定によりく溶性加里として保証するものとする。
七 原料として使用した普通肥料において保証された水溶性加里の非水溶化が生じた指定配合肥料の水溶性加里の保証については、第五号の規定を準用する。この場合において「水溶性りん酸」とあるのは「水溶性加里」に読み替えるものとする。
八 アルカリ分を保証した普通肥料に水酸化苦土肥料、炭酸苦土肥料又は副産苦土肥料を配合した指定配合肥料(アルカリ分を保証した普通肥料、水酸化苦土肥料、炭酸苦土肥料及び副産苦土肥料以外の普通肥料を配合したものを除く。)のアルカリ分の保証については、次の(一)、(二)、(三)及び(四)により求めた値を合算した値の百分の八十以上で、かつ、合算した値を超えない範囲内の数値で規則第十一条第八項第三号及び第四号の規定により保証するものとする。
(一)原料として使用した普通肥料のうちアルカリ分を保証したものごとに当該アルカリ分の保証成分量に当該肥料の配合割合を乗じて得た値を合算する。
(二)水酸化苦土肥料を原料として使用した場合には、当該肥料ごとに当該肥料のく溶性苦土の保証成分量に当該肥料の配合割合を乗じて得た値を合算した値に1.39を乗ずる。
(三)炭酸苦土肥料を原料として使用した場合には、当該肥料ごとに当該肥料のく溶性苦土の保証成分量に当該肥料の配合割合を乗じて得た値を合算した値に1.39を乗ずる。
(四)副産苦土肥料を原料として使用した場合には、当該肥料ごとに当該肥料のく溶性苦土(可溶性苦土及びく溶性苦土を保証する場合には、可溶性苦土)の保証成分量に当該肥料の配合割合を乗じて得た値を合算した値に1.39を乗ずる。
九 原料として使用した普通肥料において保証された水溶性苦土の非水溶化が生じた指定配合肥料(可溶性苦土又はく溶性苦土を保証した普通肥料を原料として使用したものを除く。)の原料として使用した普通肥料において保証された水溶性苦土の当該指定配合肥料における保証については、当該水溶性苦土の保証成分量に当該肥料の配合割合を乗じて得た値を合算した値の百分の八十以上で、かつ、合算した値を超えない範囲内の数値で規則第十一条第八項第三号及び第四号の規定によりく溶性苦土として保証するものとする。
十 原料として使用した普通肥料において保証された水溶性苦土の非水溶化が生じた指定配合肥料の水溶性苦土の保証については、第五号の規定を準用する。この場合において「水溶性りん酸」とあるのは「水溶性苦土」に読み替えるものとする。
十一 原料として使用した普通肥料において保証された水溶性マンガンの非水溶化が生じた指定配合肥料(可溶性マンガン又はく溶性マンガンを保証した普通肥料を原料として使用したものを除く。)の原料として使用した普通肥料において保証された水溶性マンガンの当該指定配合肥料における保証については、当該水溶性マンガンの保証成分量に当該肥料の配合割合を乗じて得た値を合算した値の百分の八十以上で、かつ、合算した値を超えない範囲内の数値で規則第十一条第八項第三号及び第四号の規定によりく溶性マンガンとして保証するものとする。
十二 原料として使用した普通肥料において保証された水溶性マンガンの非水溶化が生じた指定配合肥料の水溶性マンガンの保証については、第五号の規定を準用する。この場合において「水溶性りん酸」とあるのは「水溶性マンガン」に読み替えるものとする。
別表
区分 上欄 下欄
窒素全量 アンモニア性窒素又は硝酸性窒素
りん酸全量 く溶性りん酸、可溶性りん酸又は水溶性りん酸
く溶性りん酸 水溶性りん酸
可溶性りん酸 水溶性りん酸
加里全量 く溶性加里又は水溶性加里
く溶性加里 水溶性加里
可溶性苦土 く溶性苦土又は水溶性苦土
く溶性苦土 水溶性苦土
可溶性マンガン く溶性マンガン又は水溶性マンガン
10 く溶性マンガン 水溶性マンガン
11 く溶性ほう素 水溶性ほう素

▲このページの先頭に戻る