このページの本文へ移動

肥料取締法施行令第一条の二の規定に基づき農林水産大臣の指定する有効石灰等を指定する件

   昭和59年 3月16日 農林水産省告示第 695号 施行 昭和59年 4月 1日
改正 昭和61年 2月22日 農林水産省告示第 285号 施行 昭和61年 3月25日
   昭和61年12月25日 農林水産省告示第2051号 施行 昭和62年 1月25日
   平成 2年12月 5日 農林水産省告示第1532号 施行 平成 3年 1月 5日
   平成 7年12月12日 農林水産省告示第1984号 施行 平成 8年 1月12日
   平成11年 5月13日 農林水産省告示第 704号 施行 平成11年 6月12日

肥料取締法施行令第一条の二の表(以下「表」という。)の窒素質肥料(有機質肥料(動植物質のものに限る。以下同じ。)を除く。)の項の(2)の農林水産大臣の指定する有効石灰 可溶性石灰
表の窒素質肥料(有機質肥料(動植物質のものに限る。以下同じ。)を除く。)の項の(2)のアルカリ分である農林水産大臣の指定する有効苦土 可溶性苦土
表の窒素質肥料(有機質肥料(動植物質のものに限る。以下同じ。)を除く。)の項の(2)の農林水産大臣の指定する有効けい酸 可溶性けい酸、水溶性けい酸
表の窒素質肥料(有機質肥料(動植物質のものに限る。以下同じ。)を除く。)の項の(2)のアルカリ分でない農林水産大臣の指定する有効苦土 可溶性苦土、く溶性苦土、水溶性苦土
表の窒素質肥料(有機質肥料(動植物質のものに限る。以下同じ。)を除く。)の項の(2)の農林水産大臣の指定する有効マンガン 可溶性マンガン、く溶性マンガン、水溶性マンガン
表の窒素質肥料(有機質肥料(動植物質のものに限る。以下同じ。)を除く。)の項の(2)の農林水産大臣の指定する有効ほう素 く溶性ほう素、水溶性ほう素
表のりん酸質肥料(有機質肥料を除く。)の項の(1)の農林水産大臣の指定する有効りん酸 く溶性りん酸、可溶性りん酸、水溶性りん酸
表の加里質肥料(有機質肥料を除く。)の項の(1)の農林水産大臣の指定する有効加里 く溶性加里、水溶性加里
表の石灰質肥料の項の(2)の農林水産大臣の指定する有効苦土 可溶性苦土、く溶性苦土、水溶性苦土
表の石灰質肥料の項の(2)の農林水産大臣の指定する有効マンガン 可溶性マンガン、く溶性マンガン、水溶性マンガン
表の石灰質肥料の項の(2)の農林水産大臣の指定する有効ほう素 く溶性ほう素、水溶性ほう素
表のけい酸質肥料の項の(1)及び(2)の農林水産大臣の指定する有効けい酸 可溶性けい酸、水溶性けい酸
表のけい酸質肥料の項の(2)の農林水産大臣の指定する有効苦土 可溶性苦土、く溶性苦土、水溶性苦土
表のけい酸質肥料の項の(2)の農林水産大臣の指定する有効マンガン 可溶性マンガン、く溶性マンガン、水溶性マンガン
表のけい酸質肥料の項の(2)の農林水産大臣の指定する有効ほう素 く溶性ほう素、水溶性ほう素
表の苦土肥料の項の農林水産大臣の指定する有効苦土 可溶性苦土、く溶性苦土、水溶性苦土
表のマンガン質肥料の項の(1)及び(2)の農林水産大臣の指定する有効マンガン 可溶性マンガン、く溶性マンガン、水溶性マンガン
表のマンガン質肥料の項の(2)の農林水産大臣の指定する有効苦土 可溶性苦土、く溶性苦土、水溶性苦土
表のほう素質肥料の項の(1)及び(2)の農林水産大臣の指定する有効ほう素 く溶性ほう素、水溶性ほう素
表のほう素質肥料の項の(2)の農林水産大臣の指定する有効苦土 可溶性苦土、く溶性苦土、水溶性苦土
表の微量要素複合肥料の項の(1)及び(2)の農林水産大臣の指定する有効マンガン 可溶性マンガン、く溶性マンガン、水溶性マンガン
表の微量要素複合肥料の項の(1)及び(2)の農林水産大臣の指定する有効ほう素 く溶性ほう素、水溶性ほう素
表の微量要素複合肥料の項の(2)の農林水産大臣の指定する有効苦土 可溶性苦土、く溶性苦土、水溶性苦土
備考 前表中可溶性石灰、可溶性苦土及び可溶性マンガンとは、それぞれ2分の1モル毎リットルの塩酸に溶ける石灰、苦土及びマンガンをいい、可溶性けい酸とは、シリカゲルに由来するものにあっては2分の1モル毎リットルの水酸化ナトリウムに溶けるけい酸を、その他の原料に由来するものにあっては2分の1モル毎リットルの塩酸に溶けるけい酸をいい、く溶性苦土、く溶性マンガン、く溶性ほう素、く溶性りん酸及びく溶性加里とは、それぞれ2パーセントのくえん酸液に溶ける苦土、マンガン、ほう素、りん酸及び加里をいい、可溶性りん酸とは、ペーテルマン氏くえん酸アンモニアに溶けるりん酸をいう。

▲このページの先頭に戻る